今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供のおもちゃ

昨日今日と、友人宅へお邪魔してきました。

昨日はYMさん宅。 以前ご馳走になったチゲ鍋が美味しくて、その作り方を教えてもらってきたんです。 YMさん、いつも手の込んだお料理をされるんですよ、そしてとっても美味しいんだなぁ。 小さい子供が二人もおって、子育てだけで大変なのに、しっかりした料理を作られて、すごいなぁ、といつも感心させられます。そして今日はリトルイタリーのマダムH宅。 今日は手作りの豚まんをご馳走になってきました。 生地も自分で作られたそうで、さすがマダムだわぁ。 マダムのお子さん、J君、A君も、夏に会ったときよりも少し成長されておりました。 A君、今回は私にも少し免疫がついてきたのか、からんできました。以前は恥ずかしがって、近くに寄ってこなかったんです。 男の子二人とわいわい遊んで楽しかったですわ。 ところでマダム宅でちょっとおもちゃの話になったんですよ。 頂きもののおもちゃで、ユニセフのものらしいんですけれどね。

おもちゃは、地図、乗り物、あと小さな小物で構成されています。 地図には発展途上国を想わせるイラストで、わらぶき屋根の家が数件描かれていました。 そこにユニセフマークのついたリフトや飛行機、車が、これまたユニセフマークのついた支援物資袋を積んで、その地図上の村に運ぶ、というものでした。 これを見た際、マダムは複雑な気分になり、しばらくこのおもちゃをしまっていたそうです。

 豊かな国の子供が、貧しい国へ支援物資を送るという「遊び」

どう思いますか? 私はマダム同様、このおもちゃに関して、複雑な気持ちになりました。マダムのご主人も、このおもちゃを見て苦笑いしていたそうです。 おもちゃといえど、こうした行為を遊びにひっかけるのは、ちょっと・・・とおもいませんか?

さよなら、モントリオール→オタワの我が家へ。

オサレな街、モントリオールに別れを告げ、今夜オタワに戻ってきました~。 オタワに入るなり、すぐさまペットホテルに向かい、フラフィーとはなをピックアップしてきたんですよ。 受付の奥の窓にはフラフィーの姿が見えました。「フラフィ~」と声をかけ、窓をコツコツ叩くとフラフィーが振り返り、ミャ~と鳴いているのでしょう、窓ガラス越しなので泣き声は聞こえませんが、口が「ミャ~」していました。(笑) はなとフラフィーの部屋は壁越しに穴が開いており、自由に行き来できるようになっているのですが、はなはなかなか窓ガラスのほうへやってきません。  相変わらずチキンなにゃんこのはな・・。

ペットホテルの担当の方に、フラフィーとはなの様子を伺ったんですよ。 我が家のお嬢さんたち、ホテルでお利口さんにしていたようです。 はなは退屈するとフラフィーに寄ってじゃれたりしていたそう・・。フラフィーは窓のそばに誰かがくると「私にかまって~」ビームを出していたようです。 今回初めてペットホテルを利用したのですが、はなもフラフィーもそれなりにホテル生活に適応できたようです。帰りの車の中では二匹ともみゃ~、みゃ~とひっきりなしに鳴いていました。 ペットホテルから我が家まで、ほんの5分くらいなんですけれどね、車は嫌いなのでしょうね・・。 フラフィーとはなを家の中に入れたとたん・・フラフィーは地下の「フラフィー・トイレ」へ疾走。 はなは居間の床の匂いをくんく嗅いだ後、いつものように家の中をうろうろ。 

現在・・はなは「はなハウス」で寝ています。 フラフィーは私のベッドの上でちょこんと横になり、睡眠中。  

初のカー・メインテナンス

昨年晩夏、車を手にいれてから、はや一年が過ぎました。 そろそろメインテナンスに出さなくちゃ、と思いつつ、相変わらずののん気さから、今日までズルズル延ばしにしていました。 冬が来る前になんとかしなくちゃ~と、やっと重いお尻を上げて今日はカナディアン・タイヤまで車を持っていきました。車のワイパーを作動するとキコキコと音が鳴り、フロントガラスのちょうど目線のところが綺麗に雨をふき取れず、この場所がちょうど目線の場所でイライラすることがあったので、ワイパーも取り替えてもらうことにしました。  1,2時間で終わるから、と言われ、1時間半後、お店に戻ったら・・

リアのブレーキ関係に問題有り~。

ああ、また予想外の出費ですよぉ。(涙)  冬の融雪剤のおかげでブレーキが錆びたりしたんだろうな・・ブレーキのシステムの一部なんかは錆びて穿孔していたらしいのですよ。 これは本格的に雪が積もる前に防錆加工してもらわなくちゃねぇ。 去年は相変わらずののん気加減で、防さび加工しなかったからなぁ・・。 

ちょっと大きな出費でしたけれど、こうして専門の人にみてもらうと安心ですよね。 7年落ちで、47000キロの私の車、さて次はいつメインテナンスに出せばよいのかしらん? やはり一年に一回かなぁ? 
 
ちなみに・・日本で車に乗っていた頃は、車検以外ではメインテナンスに持っていったことがないんですよ、私。

今年二度目の自爆

本日、日暮れ時、自爆しそうになりました。 
何が自爆なんだ?と思ったでしょ?

車をぶつけてしまったんですよ。(涙)

この夏、オタワ市内の某レストランの駐車場でダンプスターと接触。
その修理で懐に大きな打撃を受けた私。

そして今日・・・

二車線の道の左側を走っていた私。 数メートル先には左折用の車線が見えていました。 この左折用の車線に入り、数メートル進んだのですが、右側に並んでいる車が左よりになっていたのです。やばいな、とハンドルをやや左に切って、私の車体の右側にスペースを保ち、接触を避けるべ、と思ったら、対向車が中央線を超え気味で走ってきた・・。 全てが一瞬の出来事でした。 あらら~と思う間もなく、私の右側を走っていた車に接触。ガツンと鈍い音。

ああああっ、やってしもた・・。 

車を停めて、ダッシュボードからコリジョン・センターの連絡先をしらべなくちゃ、だとか車の保険屋に連絡しなきゃと、もそもそ。 いや、まて、その前にお互いの車の状態をチェックしなければ。

私が車を停めたのち、接触した相手も自分の車をチェック。

事故の程度はですね・・・・・・

私の右側のサイドミラーが、相手の左のサイドミラーと接触。 ガツンという音は、接触によって私のサイドミラーが内側にぱかり~んとたたまれた音だったのです。 相手も私もサイドミラーは軽い擦り傷だけでした。  ああ、これだけで済んでよかったよ~。(涙)

woman in black

美味しい夜ご飯♪~を食べにいくために、ちょっとオサレして行くべ、とクローゼットをゴソゴソ。 埃のかぶった宝石箱の埃をはらい、アクセサリーをチェック。 あ、靴はどれにしようか、と今度は靴選び。 身に着けるモノの選択を終了したあとは、お出かけ準備に突入です。

きれいな服を着ていても、すっぴんはさすがに不味いので、、と化粧しようと思ったら・・・・
普段化粧しないため、化粧道具をどこにしまったのか、思い出せないんですよ、私。
黒いストッキングもなかなか見つからない・・一体どこだ~?と一階と地下を行ったりきたり。なんとか身づくろいをし、化粧をパパッとして、髪の毛をよっこらしょ、とセットし、武装完了。バッグとハイヒールをはいて、背筋をシャキッと伸ばし、鏡に写った自分をチェック。 これなら大丈夫、ドレスコードはクリアしているぞよ、と思った瞬間、ふと映画の「Men in black」を思い出した私。 (私が選んだ今夜の洋服は黒)  ドレスアップした自分の姿を見て、エイリアン退治の映画を思い出す私って、トホホかもね・・。

T&Tへ行ってきたよ~。

午前中、庭で我が家のにゃんこズと戯れていると、お向かいのピーターさんがやってきました。
「今朝、昨日オープンしたアジア系のスーパーマーケットに行ってきたぞ~。絶対Topiも気に入るから、今から行っておいで!」とわざわざお店の広告を持ってきてくれたのです。 昨日、オタワにオープンしたT&T。 BC州、トロント近辺では有名な中華系のスーパーが、やっとオタワに進出し、昨日がオープンだったのです。 そのうち行ってみたいな、と思っていたのですが、ピーターさんの強い勧め、そして今日はオフだし~ま、行ってみようか、と車でブィ~ンと出かけました。 

さて、お店へ、と駐車場に車を停めようとしたら・・・平日なのに、すごいお客さんの数です。 駐車場のはじっこにやっとスペースをみつけ、お店へ入ると、これまたすごい人。 こんなに混でいると、商品をゆっくり見る気が失せました。 この混みよう、週末のウォルマートよりもすごいぞ・・。 そんなわけで私は、軽くサーッと店内を回り、買おうと思っていたごぼう♪とこんにゃくをゲット。 デリのあたりはめちゃ込んでいて、お客さんが定員に苦情を言っているのが聞こえました。 チャイニーズの男性のお客さんが、並んでいる列に横はいりしたやつがいる~!とすごい剣幕で怒っています。 おお、こわっ。 T&T,この様子だと、開店後、しばらくは沢山の買い物客でごった返すような気がします。 混雑を避けるなら朝9時の開店と同時にダッシュ!が一番良いかもね。 店内をさっと見ての感想ですが・・お肉の鮮度がかなり良さそうです。 野菜の鮮度もまずまず、といったところかな。 ベーカリー部門には大福 ♪がありました。ケーキ類も、北米チックではない、アジア人が好みそうな感じ。デリ部門のパックのお寿司なんかはLoblosに比べたらお値段やや低め。 テイクアウトコーナーの飲茶モノは、その辺のショッピングモールで見かけるチャイニーズのファストフードよりも、質が良さそう。 最後に・・中華系の食材店にありがちなあの独特の匂い、店内でしなかったですわ、このスーパー。 でも、オープンして、数ヶ月経つと、すこし様子が変わるかもしれませんね。

商品の品揃えですが、中華系はもちろんですが、日本の物もわりと置いておりましたわ。気になるお値段ですが、全般的にちょっとチャイナタウンより高めかな、という印象。

裏庭事情

さて、最近の我が家の裏庭ですが、トマトが沢山赤くなり、うまうま~なトマトを収穫しております。 オクラもやっと花が咲き、小さなオクラがちょこ~んと出てきました。 きゅうりも、遅ればせながら実がなり、じょじょに成長しております。→でも、きっと十分大きくなる前に、朝、夜の気温差で駄目になりそうな予感・

さて、一株だけ、鳥に掘り返されずに残った水菜ですが、これがひどいことに!。 去年と違う場所に植えたんですけれど、数日前、なんと 「葉脈」だけ になっていたのです。 鳥の仕業ですわ・・・。 植えた場所が悪かったのか?去年は鳥に食べられず、ちゃんと収穫できたのに~

この分だと、今年は水菜のサラダ、無理ね。

プチ・バケイション最終日~自称・リドーの宝石へ~

いよいよ私のプチ・バケイション最終日。

さて、今日はどこへ行くべ? 

近場で適当にいけそうなところは?と考え、Antrim のフリーマーケットでも行ってみようか?と思ったんです。でも、ここは日曜のみ。 ん~、じゃ他に当たってみよう、といくつか候補を挙げて、最終的にはMerrickville に行ってきました。 この街ね、自称、リドーの宝石、と謳っているのですよ。 こじんまりした小さい街で、オタワから車で一時間ほどで行けます。 なんと!たまたまMerrickville でもフリーマーケットがやっていました。 この街、駐車場が無料なんです。パーキングメーターが存在しないのです。 その為か、路肩には沢山の車が路上駐車していました。 フリーマーケットは屋内、屋外の二箇所で催されていました。 屋外の入場ゲートで入場料5ドルを払い、手の甲にスタンプを押してもらいました。 このスタンプが入場料の「領収スタンプ」。 ゲートから数歩あるくと、すでにそこには、沢山の店舗が・・アンティークだとか、ヴィンテージ物が好きな人にはこういったイベント、たまらないでしょうね。 

Merrickville1

家具や、アクセサリー、古道具、食器なんかがメインに販売されています。 1800年代の家具なんかも売っており、アンティーク好きには掘り出し物が見つかるかもしれません。 昔、Stittvilleのフリーマーケットがあった頃(めちゃ昔ですが)、一度いったことがあるんです。 そのとき私の目を引いたイスがありました。 スツールなんですけれどね、足の一本が半分折れて、でも細工がすごく凝っていて、そのスツールを見ていた私に、ベンダーのおじ様が 「これはチッペンデール・スタイル、120ドルでどう?」 と言われたエピソードを思い出しました。 おっさん、120ドルって、これ、イスとしての機能を果たさないのに、その値段かい?とぎょっとしたことがあるんです。 でもね、ここのフリーマーケットは、わりと状態が良く、まだ家具として十分使えるものが沢山ありました。 

 ↓ どうせなら、素敵な家具の写真を撮ればよかったと後悔~。ここのブースの家具売り場は、イマイチでした。

Merrickville2

屋内の会場へ行ってみたら・・なんと、私が以前から「お金持ちになれたら買いたいな~」と思っていた猫ちゃんのペーパーウェイト。 ペーパーウェイトと書けばオサレですが、要は「ぶんちん」なワケです、ハイ。 このネコさんのぶんちん、イギリスの某会社製のもので、高級食器店なんかで扱われています。 一般小売価格はカナダドルで300ドル前後。 ああ、このネコさん、ここではいくらで売っているのかしら?と私の物欲にアクセルが~!! つい、ベンダーのおじ様に笑顔で「あの猫、見せてもらえますか?」とお願いしたんですよ。 猫さんぶんちんを手のひらにのっけて、「ああ、ケバいけれど、やっぱり良いなぁ」とニヤニヤ。 カラフルなハンドペイントが細かに施されたこの猫さんぶんちん・・気になるお値段ですが、265ドルなり。 この値段じゃ、オタワのマッキントッシュ&ワッツとそう変わらないわ。 中古でこの値段なら、ここで買う意味は無しね。そう思いながら、おじ様に「見せてくれてありがとう、ちょっと他を回って、それから考えて見ます」と断りました。 このおじ様、そうしたら、値下げしてくれるというんですよ、最初は250ドルのオファーだったのですが、それでも私は惹かれませんでした。 おじ様、私の気持ちを雰囲気で読み取ったのでしょうね。 なんと更なる値下げをしてきました。 「215ドルで。 これ以上は値下げできない。」って。 215ドル・・このオファーでも私の購買意欲には変化なし。 丁寧におじ様に挨拶して、その場を去りました。 あの猫ちゃん、150ドルくらいなら買おうかな?という値段なんだけれどなぁ・・。 

屋内会場を出て、また屋外を一回り~。

Merrickville3

こうした会場でお客さんの会話を小耳に挟むのもなかなか楽しいものです。 ヴィンテージドレスを見ていたおば様は「ジャッキー・オナシス・ドレスね、私もあんなの持っていたのよね。」って。 私がこうしたフリーマーケットを見て歩くのが好きなのは、、古い道具なんかをみて、昔を懐かしがることが出来るからです。 日本の骨董屋さん、古道具屋さんなんか、見ていてめちゃ楽しいですもん。 タバコ盆とか、行李、古い箪笥やお人形を見ると「あ、おばあちゃんがこんなの持っていたなぁ」 とか 「これ、家の居間に昔あったな」とか、思い出すんですよね。  会場内を更にうろうろしていたら、大きな古いバター・チャームを発見しました。 出来ることなら私は卓上サイズのバターチャームが欲しいと以前かた思っているのですが、そんなもの、売っていないんですよね。 誰か作ってくれないかしらん? ああ、卓上サイズのバターチャームが我が家にあったら、香の高い美味いバターを食べれるのに~。

フリーマーケットの会場を出た後は、Merrickvilleのメインストリートを散策。手作りアイスクリームのお店を見つけました。 暑かったの涼をとりましょ、とアイスを買い食い~♪ 色々な面白いフレイバーのアイスがあり、すごく迷ったんです。 私が迷った挙句に選んだのはティラミス味、でも、ティラミスという味ではなかったような・・。 アイスを食べた後は色々なお店を見て歩きました。 ギフトショップで偶然であった猫グッズ・・。ナイト・ライトの猫型・・・。 以前持っていたナイト・ライトが壊れて、その後、買おうかな~と思いましたが私の好みに合うものがみつからなかったのです。 この猫さんも、ぶんちん同様に柄が派手なんですけれど・・買っちゃいました! 私は猫好きではあるけれど、猫グッズって、実はあまり持っていないんです。 私の好みがうるさいので、買いたいな、という猫グッズが中々無いのも理由のひとつなんですけれどね。 私の好みに合ったこの「猫型ナイトライト」は、近々、ベッドルームに近いほうのバスルームに使おうと思います~♪

ああ、それにつけても
「ただ遊ぶことだけ」 を考えていたこの休暇期間。 仕事の事は、さっぱり忘れて、良いリフレッシュになりましたわ。 明日の夜からは仕事です・・。


ショッピングモールをはしご

ああ、明日で私のプチ・バケイションが終わってしまうぅぅうっ。

週末モントリオール旅行予定は、やはり予定のままで終わってしまいました。(涙)
だったら、モントリオールより近いWakefiled に行くか? それともMontebello か? とうだうだ。 

結局今日、何をしたかというと・・・

ショッピングモールめぐり、ウィンドウショッピングでした。

カナディアン・タイヤでセールのフライパンを買い、その足で、バンクストリートにある中古家具屋さんへ。 初めて我が家に来た人が「もしかして引越ししてまだ間もないのですか?」といわれるくらい、我が家はがら~んとして家具がほとんど無いんです。 手ごろな値段で状態のわりと良い中古家具でも、と思い、出かけたわけですよ。 このお店、たま~に行くのですが、あたりとはずれの日があるんです。 
状態が良くて、お値段も生活応援価格の家具がわりとある=あたりの日
状態がイマイチの家具ばかり、良い状態のものは数が少なく、値段も高め=はずれの日

今日はわりと「あたりの日」だったんですが・・
ダイニングテーブルとバフェで1800ドルというのが、私の一番気に入ったものでした。しかしね、1800ドルあれば、新品のダイニングテーブルセットが買えますわ。この値段で中古を買うのは得策ではないですね。 

そして中古家具屋を出て、近場にあったモールでおやつ用にパンを買い、車をさらに走らせました。 多分オタワで一番新しいショッピングモールかな? VIA Rail の駅の前にある巨大ショッピンセンター。 今回初めて行ったのですがね、でかいです。 大昔、ハワイで見たワイケレ・アウトレットだったっけ? あれを彷彿させましたね・・。 どんなお店が入っているかというと・・大半は「オタワのメジャーショッピングモールにあるお店」でした。 ここでは台所用品だとか、整頓用品のお店なんかを数件覘いただけでここを後にしました。 

そしてその後・・
野暮用でサンローラン・ショッピングセンターへ。

とまぁ、こんな感じで一日が過ぎましたわ。
明日は休暇最終日、さて、何しようかなぁ?!


Super EX

オタワの毎年夏の恒例、Super EX に行ってきました~。 ちょうど行った日は、正午から午後5時まで入場料無料でした。(ふふっ、これで10ドル節約できたぞよ。)

ゲートを入ってすぐに目に入ったレモネード屋さん。 初めてこれをみたときは、乙女心が騒ぎました。 なんて可愛いのだろう、って。今までこのレモネード屋さんの写真を撮る機会が無かったので、あまりEX に関係ないですが、パチリと一枚。(このレモネード型のレモネード屋さんは、街でイベントなんかあると、良く登場します。 )

lemonade

例によって、敷地内には、移動遊園地の乗り物、露天商があふれていました。 私はですね、乗り物系には乗らず、ショウや動物なんか見て楽しんできました。 大体毎回EX ではペッティング・ズーがあるのですが、今年もありましたよ~。

ほらほら、可愛い仔山羊やお馬さん~

ex1


ex3

山羊さん、羊さん、アヒルにウサギ、アルパカ、牛に馬・・こうした動物を見ていると、気分はもう、「アルプスの少女、ハイジ」。 裸足になって、ハイジの歌「ラバラバラリホ~」ってやつを歌いたくなります。

動物を愛でた後は催眠術ショウを観ました。 数年前からフェルナンデスという催眠術師がショウをやるんですけれどね、これが面白いんだなぁ。 知人がこのショウでボランティアとして参加したことがあるのですよ。 ボランティアってね、舞台で催眠術をかけてもらうんですが・・・この方の話によると・・・催眠術をかけられている最中、何が起こっているか自分でわかるのだけれど、フェルナンデスに指示されたことは拒否できない状態になるんですって。 私も催眠術をかけてもらいたいな、と思うのですが、小心者でして。(笑)

催眠術ショウを観たあとは、こんなキュートなライオンの赤ちゃん♪に接近~。

ex4

あ~ん、なんて可愛いの!この可愛らしさに悩殺されました。 出来るならば我が家の裏庭で飼いたい~!! でもでも、大きくなったら・・・困るなぁ。 餌代も馬鹿にならないだろうし・・。ライオンの赤ちゃんはね、二頭おりました。一頭の赤ちゃんライオンは営業中(お客さんがライオンの赤ちゃんを抱っこして係りの人が写真を撮ってくれる、10ドルなり。) でしたが、もう一頭はお休み中~。大きなぬいぐるみに頭を持たれてスヤスヤ寝ていました。

ex5
 ↑ ね、ね、可愛いでしょ~!!

この赤ちゃんライオンのあたりには虎、大人のライオン、らくだ、シマウマなんかもおりました。 あ、らくださんも、ライオンの赤ちゃん同様、営業で忙しそうでしたわ。(らくだの背中に乗れる、7ドルなり)

その後会場内をぶらぶらしていたら、ポーカーのトーナメントが行われていました。賞金、商品がめちゃ豪華でしたよ、このトーナメント。 キャンピングカーとか、車、バイク、高額の現金・・ポーカーに自信のある方、今ならまだ間に合う、ぜひEX にいって賞金稼ぎに挑戦しましょう。

こうして私は会場内をうろうろと俳諧し、気がついたら陽が落ちていました。 

exnight2


exnight1

お腹が空いてきたので、ピザを買い、食べながら周りを観察。 小さい子供から高齢者まで、まだまだ会場内は沢山の人。 週末なんかはもっと込むんでしょうねぇ。 
EXですが、30日までやっています。 駐車料金がえらい高い(26ドル!ぼったくりだ~!!)ので、バスがお勧めです。 







EXに興味のある方はここをクリック~

8月の裏庭

相変わらず「夏はどこにいったんじゃ!」と怒りたいようなお天気が続くオタワですが、それでも我が家の裏庭のトマトさんは健やかに成長されています。(きゅうりとオクラはぜんぜん成長してくれませんが)

tomatoes2

tomatoes1


んふふふ~っ、ほら、ちゃんと赤くなっているでしょ?

これらが↓赤くなると毎日美味しいトマトが食べれるかなぁ? 

tomatoes4

普通のプチトマトの他にながひょろいトマトも育てたのです。↓

tomatoes3

イタリアの楕円のトマトのミニチュア版トマトみたいですね。

トマトのほかに春菊、水菜、オクラ、きゅうりも育てたのですが、春菊は一株残ったきり。(他の春菊は鳥かリスに穿り返されたのだ。) 唯一まともに育っている水菜は、虫に喰われながらも元気に成長~。

mizuna

おまけ↓

kzcherry
花が咲かなかったクワァンザン・チェリーざます。

そして私の夢、「裏庭でとれたさくらんぼを食べる」のために植えたさくらんぼの木。 ↓ 
おかしな枝ぶりで成長し、植えてから一度も花が咲かない・・いっそ来年あたりは抜いてしまおうか!?

fcherry

ストロベリーのシーズン

イチゴのシーズンがやってきました! ということで週末にイチゴ狩りにでかけました。イチゴ農園に着くと、あたりに漂う甘いイチゴの香り~。これが気持ちよくて、思わず深呼吸。
お天気もよく、このままイチゴの香に包まれてここで眠りたい、なんておもっちゃいました。

摘んだイチゴは2Lのバスケット2個。1個5ドルで、計10ドルでございます。

イチゴ狩りのイチゴって、スーパーで売っているイチゴより甘くて美味しいんですよ~。

stbrs

あさってのお休みにはイチゴのパイでも作ろうかなぁ。

前代未聞のChaos~詳細~

さて、昨夜出勤前にちょこっと書いたエントリーですが・・・何が前代未聞のChaosかというとですね、長い説明になるんですけれど・・・・。

MARなんですけれどね・・・。(MARは日本には存在しないものです。 MAR とは患者さんの薬が書かれたもので、薬名、投与方法、投与時間が記載されており、投与する場合はこれに従って薬を1つずつチェックし、投与。 そして投与したナースがMARにサインする。)

このMARにはカーボンコピーがついています。 月の半ばにこのカーボンコピーを外して薬局に送るんですよ。 薬局がそれを受け取ったら、MARの情報を最新にしてプリントアウトし、ホームに送ってくるのです。 それを更に私を含む深夜ナースが「間違いのないように」と医師の指示を一つ一つ照らし合わせながら確認し、MAR確認OK! 翌月の薬に間違いは無し~となるわけ。


これがねぇ。。。
小姑のような新アドミニストレータが原因で飛んでもないことになってしまったのです。 

ホーム内には薬局がありません。 薬や薬云々に関した書類は「薬局の配達員さん」によってホームと薬局を行き来します。 この際に利用されるのが大きな布袋。 布袋の中に薬局が薬を入れて運んでくる、私達は返却する薬、書類なんかを入れて薬局へ送り返す、となっているんです。 この布袋ですが、一階のナースステーションに置かれるのが常です。 ナースステーションにこの「布袋」が見当たらない場合は、配達員さんは「ピックアップするものは無し」とみなします。 小姑のようなアドミニストレーターはナースステーション内に個人の所有物だとか、ナースステーションに置かなくて良いものだとかを見つけると、スタッフに指示して片付けさせるんですよ。 ま、誰からでも見えるように出来ているナースステーションですし、デスク周辺をプロフェッショナルらしく整頓するのは理解できるんですけれどねぇ。 この薬局とホーム間の配達システムを理解していないアドミニストレーターは、RPNに布袋を置いておくのはみっともないからメディケーションルームに布袋をおくように命じたようなのです。 

ある朝、日勤のRPNのAが私の退勤間際「ね、MARのカーボンコピー、まだここにあるわよ。もう一週間くらいこのまんまなんだけれど。」と教えてくれたのが数日前=本来なら薬局からプリントされた翌月分のMARがホームに到着しているはずの日でした。 誰がメディケーションルームに布袋を置いたのか?と尋ねると「アドミニストレーター」 の指示でAが置いたと説明されました。 メディケーションルームは鍵が無いとドアは開けられません。もちろん、配達員さんは、そんなところに布袋が置かれてるなんて夢にも思わなかったでしょう。


かち~ん!!


実はこの数ヶ月、MARがダブルチェックされない状態(締め切りの1日の午前7時に間に合わない) で薬の投与がされていたのです。 どうみても太刀打ちできないから、締め切りに間に合わせるように臨時でエクストラのスタッフを深夜につけて欲しいといっても願いは聞いてもらえず。 そんな矢先、小姑アドミニストレーターのおかげでMARの配達、処理が一週間も遅れるなんて!!

私は猛烈に頭にきました。 ただでさえ仕事量の多さでMARチェックは遅れるのが常なのに、それでもマネージメントは、臨時でスタッフをアサインしてくれず、薬局~ホーム間の配達のシステムを理解していないアドミニストレーターが原因で、さらなる遅れが発生したことに我慢なりませんでした。

新マネージメントになってからスタッフ同士で良く口にする言葉・・


Thay do not know what they are doing.  

まさしくその通り。


私は退勤間際DOCのボイスメールに伝言を残しました。
DOCも薬局~配達間のシステムを理解しているとは思えなかったので、事情を噛んで含めるように説明し、アドミニストレーターと布袋の置き場所について話あうように、と。 


そして一昨日、私は再びDOCに伝言を残しました。

「薬局からまだMARが届いていません。 この遅れの原因は薬局にはありません。本来ならすでにMARチェックを始めている時期だけれど、こういった事情なので、今月もかなり厳しい状態になると思います」って。

注)現DOCは過去の私のエントリー「talking to the wall」のアシスタントDOC。(泣)



やめてケレ、ゲバゲバ~♪

たまに、突然、些細な昔の事、物、を思い出すことがあります。 今朝は何故か小さな頃に耳にした「老人と子供のポルカ」を思い出しました。 自分でも、なぜこんな歌を急に思い出したのかわかりません。 こういうのってフラッシュバックの一部なのかしらん? 

久しぶりにね、あの歌を聞きたいなぁ、とYou Tubeで 「老人と子供のポルカ」をチェックしたんですよ。(実はこの後、上海帰りのリルも聞きたくなってチェックしちゃいました。)
「面白い歌だなぁ」と思っていましたが、あの歌詞の「ゲバゲバ」とか「ジコジコ」には意味が含まれていたんですね。 ふと思ったのですが、あのフレーズ、とってもキャッチーなのでCMなんかに使うと面白い効果が得られるんじゃないかなぁ、と思いました。

my car is back!

ダンプスターと接触して凹んだ私の車・・。実は今週の初めに修理に出していました。(車の無い間はバス通勤でしたの。) それがね、今日、出来上がったんですよ。 誰かに擦られた?左側のボディ、右側のドアの陰に発覚した数箇所のサビ、そして私がぶつけた箇所、これを全て直してもらったんです。 新しい塗料が塗られた箇所はツヤツヤして、みていて気持ちが良いですねぇ。修理が必要じゃなかった場所と比べると・・その塗料のツヤツヤ加減の差がはっきり。 小金もちになったら、今回修理が必要じゃなかった箇所も塗りなおしてもらおうかしら?なんて思っちゃいましたわ。

ふふっ、これで私がダンプスターに車体を擦ったという証拠は消えたぞ~。 先週ね、買い物にいって、駐車場からバックで出ようとしたら、通りがかりのおじ様が「バック オーライ」の合図をして私を誘導してくれたのです。これって、車体の凹み、傷が彼の目に入って「ああ、この女の子、車をぶつけたな、運転が下手なんだな」と思って、誘導してくれたんだろうねぇ。

塗料の匂いが車内にまだぷんぷんしていますが、あの忌々しい車体の凹みをもう、目にすることがなくなり、気分が良いです~♪

J.R. WATKINS のリップバーム

乾燥する仕事場では、常にポケットの中にリップクリームを入れています。 
かな~り前に旧ブログにリップクリームに関して書きましたが。。。私はSAVEX が一番お気に入りです。でもカナダじゃ手に入らないんだな。(SAVEX はアメリカ製なのだ、お隣の国だというのにカナダでは販売されていないみたいです。)) 今年の日本帰国の際に頂いたSAVEX が残り少なくなってきたので、先日ドラッグストアで とあるリップバームを購入しました。 その際、いつもの髭もじゃおじさんラベルのビーズ・ワックスのリップ(これは最近日本でも販売されている)にしようと思ったのですが、 For change で J.R.WATKINSのビーズワックスのリップバームを買ってみたんですよ。 これがなかなかよろしい。 私好みの使い心地でございます。 (ちなみにこれもアメリカ製。) カナダでリップクリームを、と思ったら、これをお勧めですね。

車の修理~見積もり~

車の修理の見積もりにいったのですけれどね。予想以上でした。で、もう、すっかりブルーになって帰ってきましたのよ。

第一の理由は修理費用が1000ドル以上だった、ということ。

第二の理由はこすった場所とはまったく別の場所に出来ていたサビ。 このサビを落として手直しをし、そして私がダンプスターでこすった箇所を直すとなるとね、、日本の上等なノートパソコン一台買えるくらいのお値段になるのですよ。(涙)

おまけにね、自分でやった覚えのない箇所に傷があるのを今日、発見したのです。 左後方のドアの下部に浅い、多数の細かい傷が横にシャーッと。 これ、数日前までは無かったのに・・誰かに駐車場でこすられたか?

今日の私、ブルーですよ(涙)

車の修理代で、今年のバケイション計画は海の藻屑として消えかかろうとしていますぅ~。

年をとるまで待てない

友人からまわってきたメール。 笑ってしまいました。
「これをやるために、年をとるまで待てないわ」って。

・・・高齢者が、皆こんなんでしたら、面白いけれど、大変だわ・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

The question is:
What Do Retired People Do All Day?
Working people frequently ask retired people what they do to make their days interesting.
Well, for example, the other day my wife and I went into town and went into a shop.
We were only in there for about 5 minutes.
When we came out, there was a cop writing out a parking ticket.
We went up to him and said, 'Come on man, how about giving a senior citizen a break?'

He ignored us and continued writing the ticket. I called him a Nazi turd. He glared at me and started writing another ticket for having worn tyres.
So my wife called him a shit-head. He finished the second ticket and put it on the windshield with the first. Then he started writing a third ticket. This went on for about 20 minutes. The more we abused him, the more tickets he wrote.
Personally, we didn't care. We came into town by bus. We try to have a little fun each day now that we're retired. It's important at our age.

ガツン!

昨日のことです。 仕事からクタクタの状態で帰宅し、午前中に車を洗車業者さんに持っていきました。洗車くらいなら自分でもできますが、車内の床のカーペットに結晶化した融雪剤なんか自分で対処できないし、グリルの奥のほうに沢山ついている虫の屍骸なんかどうやって取り除けばよいかわからなかったので、思い切って洗車業者さんに持っていったんですよ。夕方出来上がるということで、一度家に帰り、3時間ほど寝てから車を受け取りに行きました。 お店に行って車を受け取ると、まぁ、それなりに綺麗になっておりました。 夜勤明けで睡眠時間も少なかったので、夕食を作るのが面倒になり、その足で食事をしに行ったんです。 食事を済ませ、お店を出ると、ちょっとクラクラしてきました。 少ない睡眠時間が原因なのか、めまいがしてきたんですね。私は、頭も疲れていたのでしょう。車のギアをRにし、駐車場を出ようとしました。 このレストランの駐車場には大きなダンプスターが置かれています。 嫌なところにダンプスターおいているな、このレストラン・・そう思いながらバックし、ハンドルを切りかえそうとしたら「ガツン」と鈍い音がしました。


やっちゃったよ・・・・。

右後方の車体をダンプスターに接触させてしまったのです。 車を降りて確認しますと、ダンプスターには被害なし。私の車は一部凹み、そして擦り傷。塗装もはげ、鉄のボディが一部「こんにちは~」しておりました。  ああ、こんな間抜けなアクシデントを起こしてしまうなんて~。(涙) 

風邪→耳→鼻

風邪をひいた際に両耳が痛くなりました。耳の中が腫れて、浸出液が出て痒いやら痛いやら。 で、耳が少し落ち着いたら、今度は・・鼻の頭に大きな吹き出物ができて、これがまた腫れて痛いのなんの。炎症を起こしているみたいで、顔を洗うのも辛いんです~(涙)  なんだかツイていませんねぇ、私。 トホホ。

ガス抜き

今日は、ちょっと職場での愚痴を書いてガス抜きさせてもらいます。

夜勤専門の私は、準夜勤のRNからリポートをもらい、仕事の後は日勤のRNへレポートをするんですよ。 ちょっとウザいのが日勤のRNのA。 このRN,仕事の手間を省くために、ちょっと手抜きの仕事が多いんです。 その手抜きの種類によっては、準夜のRNも、深夜の私も手が出せない問題が出てきたりするわけ。 で、「~について照会が必要」などとAにメモを残したり、口頭で伝えたりするのですが、これが厄介でたまらんのです。 Aは、自分の手抜きでさらに自分のしなければならない仕事が増えているという事に気がつかないんですねぇ。 「これは私もK(準夜のRNも)詳細が述べられていないから太刀打ちできない、というと、自分の都合の良い言い訳を声を大にして訴えるわけ。 ま、理にかなわない理屈をガミガミ言うんですわ。 私らナースは、医師の指示にしても、疑問の余地無いものはサッサとプロセスするんですが、疑問の余地があれば手をつけません。 疑問に思っていながらその指示をプロセスして、何か問題が起こったら、自分のお尻をカバーできませんんから。 昨夜も準夜のKから、「Aが受けた医師の口頭指示」をプロセスするのに、Aが一筆加えなかったのでプロセスできない、明日、Aにこれについて対処してもらうように、と言われました。そして朝、その件をAに話したら、もう、うるさい、うるさい! 「私もKと同じく、はあなたの指示の書き方に対して疑問に思ったから指示はプロセスしなかった。」 と言っても、聞こうとしないんですよ。 その指示がプロセスされなかった事実を声を荒げて不満タラタラ。 他のシフトからの「指示がクリアではないので、医師に問い直すように」という伝言が沢山きているのよっ!とヒステリック。 ってこの伝言の殆どはAの手抜きが原因なんだけれど。 ←本人、それがわかっていない。

過去に一度、あまりにもAがひどいので、はっきり言ってやったことがあるのですが、良くなったのは一時だけ。 そろそろもう一発、Aにかましてやる時期かしらん?! 


Vehiclr licence renewal

昨年の晩夏にカナダに住むようになって初めてのカー・オーナーになった私。 いまだカナダの車関係の事情がよく掴めていないのです。 私が日本でのほほ~んとしている間、オタワの我家にはMinistry of transportation から郵便物が届いていました。 それはライセンス・プレートの更新のお知らせでした。 車のナンバープレートの更新なんですねぇ、これ。一年で74カナダドル。 これに伴い、Emission  Testもしなければならなかったのです。 初めてのことだったので、わけがわからなかったのですが、とりあえずネットサーチして、Emission Test をしてもらえる場所を探し、先週末、カナディアン・タイヤでこのテストをしたわけ。 これもいったいどういったシステムかわからなかったので、受付で「Emission Test をしたいけれど、予約は必要ですか?」と聞いたところ「今なら今すぐにできるわよ~」と言われ、その場でしてもらったのです。テストの所有時間は約25分でした。あ、費用は36.75ドルなり。 カナディアン・タイヤでEmision Testにパスしたという証明書を頂き、昨日Drive & Vehicle Licence Issueing Office へ行きました。 更新するための書類とEmission Test の証明書を持っていったのですが、更新書類だけでコトが済んだのですよ。 なんでだろ? Emission Testの証明書は必要じゃないのかな?と思い、窓口のお姐さんに尋ねると、すでにカナディアン・タイヤがTestの済んだ時点でコンピューターでオフィスへその旨を報告しているんですって。 ああ、便利な世の中ね・・。 オフィスで更新費用の74ドルを支払うと、二つのステッカーを頂きました。一枚はナンバープレートへ、もう一枚はVehicle Permit と呼ばれるち~いさい紙切れ(この小さい紙切れは、車の売買なんかに必要になる大事な紙切れらしい)に貼るんですって。 

日本だとナンバープレートの更新なんて無いですし、車を手にした後に必要な事って車検くらいでしょ? 毎年ナンバープレートの更新が必要なカナダだけれど、日本の車検にかかる費用を考えたら一年の74ドルなんて可愛いもんですかね?!


買い物で~日本とカナダ~

ふと思い出したので、忘れないうちにUpします。

帰省した際、私は日本のスーパーに行きました。買い物で「シャリシャリ袋」がたまるのが嫌な私はエコバッグを持っていったんですね。 そのスーパーでは、思っていた以上に買い物をしていまいました。買いたいものは 私が持参したエコバッグには入りきらないだろうな、と思ったのです。 そして支払いのためにレジに行きました。いつもの癖で、エコバッグを買い物籠に入れて、レジの台に載せました。

「すみません、そのバッグに入りきらなかったら、スーパーの袋に入りきらない分を入れてもらえますか?」

店員さんは、一瞬きょとんとしましたが「あ、入りきらなかったら、袋を用意しますね。」と丁寧に応対してくださったのです。 ここで私はまだ、自分が「おかしい」ことに気がつきませんでした。 全ての商品のレジ打ちが終わり、支払いを済ませました。 支払いを済ませたレジ台には「別のスーパーの買い物籠」に私が買った商品が入れられています。 その籠の中には私のエコバッグも。

そうだ、ここは日本だ・・・・・・・・・・・・・・・。 この時、初めて自分が「カナダでの買い物モード」であることに気がついたのです。 カナダのスーパーでは、買い物をすると店員さんが、全てスーパーの袋に詰めてくれるのです。 日本だと、店員さんがレジを打ったら、別の買い物籠に商品をいれ、支払いの後は客が自分で袋に詰めるんですよね・・。  ああ、私、あの店員さんにヘンなやつだと思われただろうな・・。 

休暇画像~食編~

休暇中には美味しいものを沢山食べましたが、いつものように、食べてから「あっ!」と写真に撮るのを忘れてしまったので食画像は数枚しかありません。 新潟県で久しぶりに食べた「へぎそば」。このあたりの名物なんだそうです。 そばのほかに野菜のてんぷらも頂きました。 まいたけやふきのとうのてんぷらがとっても美味しかったです。 姪(左側)はうどんをチョイス。ちょっぴりもらって食べたら、うどんも美味しかった!麺がモチッとしてコシがあり私好みの麺でした。この「へぎそば」これで二人分なのです。これを私と姉の二人で食べたのですが、ちょっとキツかった・・。女性ならば三人で二人分を頂くのが良いでしょう。


hegisoba


そして、お次は~

hokke

北海道入り翌日、借りたレンタカーを返すために函館市内へいった際に友人二人とで、時間つぶし件昼食で入ったお店。 なんと!・・ホッケの刺身ができる、ということで注文。 ほっけは痛みやすい魚だそうで、刺身で食べるのはなかなか難しいそうです。 道産子の私でもこれまでほっけのお刺身は口にしたことがなかったんですよ! 店内の水槽で泳いでいるほっけを選び、板さんにお刺身にしてもらいました。 ということでこれじゃ、やっぱり飲まなくちゃね、と友人と二人でお酒を飲んでしまいましたわ。 ほっけのお刺身、コリッとした歯ごたえで美味かったですぅ~。画像の端にビールが写っていますね、へへっ。


そして次は~。

私が日本に帰る際には、絶対に立ち寄る小田原市内にあるお店~。 これは「五種盛り」といい、前菜に頂くと最高です。 美味しすぎてついお酒がすすんでしまい、ご飯モノがそっちのけになる可能性大。(私はお酒を飲むとご飯ものはパスするタイプ=典型的な酒飲みの食べ方かも・・・)

gosyumori

左から~
このわた、 真鯛の黄身酢和え、 めふん、 なまこ、 きんかんの煮たもの、 チーズのスモークサーモン巻き, 長いもの梅肉のせ。 めふん がとっても美味かった! 5種盛りなのに、5種類以上あるじゃないか?と気がついた方はいるでしょうか?  なぜかというと・・お店の好意で、が5種類以上お皿に乗って私の前に登場したのですよ、むふふっ。


そして日本最後の夜。 

burisshabu

箱根の温泉旅館でセレブな一泊をした際の夕食。 「ぶりしゃぶ」です~。 普通は昆布なんかをいれてしゃぶしゃぶにするのでしょうが、ここのは豆乳でした。 美味かった~、美味かった~。私、幸せでした~。美味しい肴がどんどん出てきて、私としては珍しく、温泉旅館の夕食を完食!(ご飯は除く)・・出発当日、具合が悪くなったのは、今思えばここで食べすぎ(飲みすぎ)たからかも・・。



以上、休暇画像~食編~でした。



休暇画像~函館編~

やっとデジカメの休暇画像をPCに落としました。まずは北海道、函館編。 

airport

函館空港で見かけたものです。日本語、韓国語、中国語、英語、そしてロシア語。 函館空港からはロシアの地方へ行く飛行機が出ているのです。ロシアの大学の分校もあるようなので、観光名所などは大体このように5ヶ国語での表示が見られます。

そして函館のマスコット(?)イカ。

ika

函館の路面電車に載ったイカが市内を回るようにできているんです。これも空港でみかけたものです。

以下二つの画像は私が田舎にいたころ、たま~に行ったお店。
これは函館駅前の画材屋さん。小金が貯まったらここでクロッキーブックなんか買いました。(高校時代は美術部所属。絵の下手な部長でしたの、私。)


gazaiya

そして・・寒空の中、もうもうと湯気の上がっていたこのお店。まだ営業していました!

benkei

ここで和菓子好きな父のために良くお饅頭なんかを買ったものです。 張り紙のウグイス餅、桜餅に後ろ髪を引かれながら、駅前散策は続く~。 ひときわ目立つ、真っ赤なパチンコ屋さん、その前に止まっている、これまた目立つタクシー。 モーモー・タクシーっていうんですって。

moomoo
このモーモータクシーへ、5~6人くらいで観光名所周りを依頼すると、牛の着ぐるみを着たガイドさんが案内してくれるそうです。


そして〆は・・・
函館市営の熱帯植物園・・湯の川(温泉街)に位置しています。 植物園内で飼われていお猿さんが温泉に入っています。 あばんばばんばんばん♪~と歌でも歌っていそうな雰囲気ですねぇ。この日はと~っても寒かったんです。なので温泉でヌクヌクしているお猿さんたちがとっても羨ましかった・・。



yunokawa



おとうさん

血の繋がりはないのですが、私には「おとうさん」と呼ばせてもらっている方が居ました。 穏やかで、静かで、淡々とした口調の小柄なおとうさんは、私が遊びに行くと、裏庭の池に一緒に鯉に餌をやったり、盆栽の手入れを見学させてもらったり、たまには一緒にお酒を飲んで、戦争のお話を伺ったりしたものでした。 最後におとうさんを見たのは約2年前、私が帰国した時です。 その時、おとうさんは、歩けない状態でした。いざって居間に出てくるおとうさんをみて、せつなくなったものです。 

そのおとうさんが、先週末に亡くなりました。 おとうさんの葬儀に参列したい、いざ、日本へ! そう思い、ここ数日、バタバタしていたのです。 最終的に私は、おとうさんお葬儀に参列できないことになりました。 そして・・この数日のバタバタによる睡眠不足がたたったのか、昨夜から私は体調を崩してしまいました。 

現在グロッキーな私に、おとうさんが、「Tさん、あまり気を張りすぎちゃ、いけないよ、まぁ、ゆったりして。」そう言ってくれているかのような気がします。

ニィマン・マーカスのクッキー

友人から回ってきたメール。このレシピでクッキーを作った方、ぜひ、ご一報をを! 私が味見しにいきます~。しかし。。ニィマン・マーカスってなんでも高いよね・・。


When decent people get screwed over, this is the result! A little background: Neiman-Marcus, if you don't know already, is a very expensive store; i.e., they sell your typical $8.00 T-shirt for $50.00. My daughter and I had just finished a salad at a Neiman-Marcus Cafe in Dallas, and we decided to have a small dessert. Because both of us are such cookie lovers, we decided to try the 'Neiman-Marcus cookie.' It was so excellent that I asked if they would give me the recipe, and the waitress said with a small frown, 'I'm afraid not, but you can buy the recipe.'Well, I asked how much, and she responded, 'Only two fifty - it's a great deal!' I agreed to that, and told her to just add it to my tab.Thirty days later, I received my VISA statement, and the Neiman-Marcus charge was $285.00! I looked again, and I remembered I had only spent$9.95 for two salads and about $20.00 for a scarf. As I glanced at the bottom of the statement, it said, 'CookieRecipe-$250.00.' That was outrageous! I called Neiman's Accounting Department and told them the waitress said it was 'two fifty', which clearly does not mean 'two hundred and fifty dollars' by any reasonable interpretation of the phrase. Neiman-Marcus refused to budge. They would not refund my money because, according to them, 'What the waitress told you is not our problem. You have already seen the recipe. We absolutely will not refund your money at this point.' I explained to the Accounting Department lady the criminal statutes which govern fraud in the State of Texas. I threatened to report them to the Better Business Bureau and the Texas Attorney General's office for engaging in fraud. I was basically told, 'Do what you want. Don't bother thinking of how you can get even, and don't bother trying to get any of your money back.'I just said, 'Okay, you folks got my $250, and now I'm going to have $250 worth of fun.' I told her that I was going to see to it that every cookie lover in the United States with an e-mail account has a $250 cookie recipe from Neiman-Marcus...for free.She replied, 'I wish you wouldn't do that.' I said, 'Well, perhaps you should have thought of that before you ripped me off!' as I slammed down the phone. So here it is!Please, please, please pass it on to everyone you can possibly think of. I paid $250 for this, and I don't want Neiman-Marcus to EVER make another penny off of this recipe! NEIMAN-MARCUS COOKIES (Recipe may be halved)
2 C Butter 24 oz. Chocolate chips 4 C flour
2 C brown sugar2 tsp soda1 tsp salt 2 C sugar 18 oz. Hershey Bar (grated)5 C blended oatmeal4 eggs 2 tsp baking powder 2 tsp vanilla3 C chopped nuts (your choice)Measure oatmeal, and blend in a blender to a fine powder. Cream the butter and both sugars. Add eggs and vanilla, mix together with flour, oatmeal, salt, baking powder, and soda. Add chocolate chips, Hershey Bar, and nuts. Roll into balls, and place two inches apart on a cookie sheet. Bake for 10 minutes at 375 degrees. Makes 112 cookies.PLEASE READ THE RECIPE AND SEND IT TO EVERY PERSON YOU KNOW WHO HAS AN E-MAIL ADDRESS! THIS IS REALLY TERRIFIC!!Even if the people on your e-mail list don't eat sweets send it to them and ask them to pass it on. Let's make sure we get these ladies $250.00 worth. Enjoy the cookies, they really are good....

メープルシロップ高沸?

先日、スーパーで目に入ったメープルシロップ。。。私がいつもバイワードマーケットで買うものを同じ商品が10ドル以上していました。 ちなみにマーケットでは6ドル~7ドルくらい。 そして・・・先日、バイワードマーケットにギフト用としてメープルシロップをチェックしたのですが、びっくり~。250mlで7ドル50セント。 250mlで7ドル50セントですよ!!!! こりゃ、日本価格ではないか?!と驚いてしまいました。 確かに私がカナダに住むようになってから、じょじょにメープルシロップの値段は上がってきましたが、今回は驚き! まるでOCトランスポ(オタワの公共バス)並みの値上がりのしかたではないか~!! パンケーキにじゃぶじゃぶと浸るくらいのシロップをかけて食べるカナダ人でさえ、この値段には驚くんじゃないかしらん??  

うほほほほ~

友人からまわってきたメール。

わらっちゃいましたよ。


My wife sat down on the couch next to me as I was flipping the channels.



She asked, 'What's on TV?'

I said, 'Dust.'

And then the fight started...

======================================================================

My wife was hinting about what she wanted for our upcoming anniversary.

She said, 'I want something shiny that goes from 0 to 200 in about 3 seconds.'

I bought her a scale.

And then the fight started...

====================================================================

When I got home last night, my wife demanded that I take her

someplace expensive....

so, I took her to a gas station...

And then the fight started....

====================================================================

My wife and I were sitting at a table at my high school reunion,

and I kept staring at a drunken lady swigging her drink as she sat

alone at a nearby table.

My wife asked, 'Do you know her?'

'Yes,' I sighed, 'She's my old girlfriend.. I understand she took to

drinking right after we split up those many years ago, and I hear she hasn't been sober since.'

'My God!' says my wife, 'who would think a person could go on celebrating that long?'

And then the fight started...

===========================================================

I rear-ended a car this morning. So, there we were alongside the road

and slowly the other driver got out of his car. You know how sometimes

you just get soooo stressed and little things just seem funny?

Yeah, well I couldn't believe it... he was a DWARF!!!

He stormed over to my car, looked up at me, and shouted, 'I AM NOT HAPPY!'

So, I looked down at him and said, 'Well, then which one are you?'

And then the fight started...

========================================================================================

THE BROKEN LAWN MOWER

When our lawn mower broke and wouldn't run, my wife kept hinting to me

that I should get it fixed.

But, somehow I always had something else to take care of first, the truck, the car, playing golf

Always something more important to me.

Finally she thought of a clever way to make her point. When I arrived home one day,

I found her seated in the tall grass, busily snipping away with a tiny pair of sewing scissors.

I watched silently for a short time and then went into the house. I

was gone only a minute, and when I came out again I handed her a

toothbrush. I said, 'When you finish cutting the grass, you might as

well sweep the driveway.'

The doctors say I will walk again, but I will always have a limp.

いなばのしろうさぎ

基礎化粧品を変えて、以前より時間をかけてクリームを塗ったり、スクラブしたせいか、最近吹き出物が少し治まりました。 しかし、昨日あたりから、なんだかほっぺたがピリピリ。両ほほ骨のあたりが赤く、表皮がむけているような感じです。おまけに鼻の頭も赤く、吹き出物のではじめときた・・。ほほ骨のあたりが赤くなり、表皮が薄くなり、ピリピリするのって、この時期によく起こるのです。たぶん風の冷たさだとか、乾燥だとか、そういった影響なんだろうなぁ。 ところで・・・顔を洗ったら、もう、痛くて痛くて・・。いなばの白兎はこんな感じだったのでしょうね。 まぁ、私がこのヒリヒリ感で苦しんでいても、ダレもがまの穂なんて持ってきてくれないからなぁ・・・。 2,3日厚めにクリームでも塗っていたら、おさまるか??? それとも大枚はたいて資生堂の基礎化粧品でも買いにいくか?! カナダにも資生堂あるんですけれどね、日本みたいに沢山の種類が無いのよ~。でも、使い心地はよくて、日本人の好む使用感が得られると思います。 あ~鼻の頭と頬が赤くて、痛いよ~。オマケにこれから夜勤入りだというのに、一睡もせずに出勤だす。(午後5時に布団にはいり、午後8時30分に覚醒予定だったのだけれど、眠れず) この睡眠不足で、肌あれに更なる拍車が!!!

さ、これから髪の毛を乾かして、出勤準備に入ります~。

«  | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。