今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

He speaks・・・・・

私の職場では、各シフトのRNらが勤務の開始、終了前に集まってミーティングをします。

昨日の事です。
新しい入所者さんが入所となりました。
そこで同僚RNがこの入所者さんについて報告していた時です。

新しい入所者さんの既往、日常生活動作などを報告し、そして・・

「この入所者さんは二つの言語を話します。」と言いました。

新入所者さんの名前からすると、たぶんフランス語と英語を話す入所者さんなんだな~と私は思ったのです。
(カナダでは英語とフランス語が公用語となっています。)

同僚RNは続けていいました。

「 He speaks French and Nusty 」


ここで皆が大笑い。 

私はおかしさのあまり吹き出してしまいました。

どうやらこの新入所者さん、やんちゃな言葉を使うようです。

ごく少数ですが、施設には「いったいどうしたら・・」と思えるようなひどい言葉(英語やイタリア語、フランス語での言葉、俗にいう四文字言葉ね。) を使う入所者さんがいるんです。 


French and Nusty・・なんだか思い出したらおかしくて・・。

コ メ ン ト

No title

おもしろくて吹き出してしまいました(笑)
カナダでも言うのかわからないけど、よくアメリカで、F-word とか使ったりしたら、”Excuse my French"って言ってる人がいるけど (笑)
私の職場では、猫が大暴れして叫んだりするので、そういうときに、”Don't say nasty words” とか猫相手に言ってます。

No title

Ellison家代表さん

Excuse my French、 カナダでも言いますよ。 でもフレンチが第一言語の人は「excuse my language」って言っている人が多いかな~?!

あははっ、猫相手にDon’t say nusty words ですか、なんだか可愛いですね。 私はよくフラフィーにDon’t be bichy とか良くいいます・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク