今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんこ検診

一年に一度の我が家のお嬢さん達の検診がやってきました。 
ペットキャリーにはなとフラフィーをいれて、車を出発させると・・はなは悲しそうな声で「ミャ~、ミャー」。フラフィーは獣医さんとの戦い?に備えた勇者にゃんこのようにキャリーの中でじっとしています。(この姿・・BGMはロッキーのテーマが似合いそうでした。)

毎年獣医さん受診のたびに凶暴、ご機嫌斜めになるフラフィー。今年も私の予想を裏切らず、史上最悪の悪態を見せてくれました。(涙) 獣医さんもフラフィーの悪態に苦笑いです。 獣医さんがまだ何もしていないのに、シャーと威嚇。そして猫パンチを企てたフラフィー。 アシスタントの方がバスタオルを持ってきて、フラフィーの身体をタオルで包み、グローブをはめて診察の介助をしてくれました。 フラフィーの過剰な毛舐め・・これはアレルギー、もしくは強迫神経症的なものだろう、って。獣医さんに言わせると、たぶんアレルギーではなく、性格的な問題で毛舐めをするのだろう、とのこと。 不機嫌モードを改善するには薬を使い、フラフィーをハッピーモードにし、気舐めのコントロールをするか、もしくは現在のようにエリザベスカラーを着けて毛を舐めすぎないようにするか・・ ここで少し考えて、私は経過観察をすることにしました。それと体重・・やはり1パウンドほど体重オーバー。またダイエット用の餌に変更しなくちゃね・・。

さて、去年心雑音を指摘されたはな。 今年は・・去年の心雑音よりもやや悪化している、とのこと。(涙) はなは診察台の上でとってもお利口さんにしてくれたんですよ。こんなに大人しい三毛猫は珍しいと言われました。獣医さんからは嘔吐が頻繁になったり、安静時の呼吸数が増加したり、急激な体重変化があったら、受診するように、といわれました。 あと、はなの鼻く○ですが・・仔猫時代に上気道感染を起こした猫にはよくあることだそうです。獣医さんに鼻く○の色が緑や黄色でなければ異常なし、といわれて一安心しました。

帰宅後・・フラフィーとはなについて考えました。 

仔猫時代はとってもスィートだったフラフィー。 毎朝お布団までやってきて朝ごはんをおねだりし、家の中を駆けずり回って愛くるしかったフラフィー。 それが今では・・・ご近所でも有名?なビッチーにゃんこ。で、過剰な毛舐め。ああ、フラフィー、おかあちゃんはどうやったらお前をハッピーにさせる事が出来るのかしらん??

はなの心臓・・・。
たぶん、これから加齢とともに問題が生じてくるでしょう。 実ははなですが。。1~2ヶ月に1回位の頻度で嘔吐をします。(これはたぶん心臓が原因だと思う) これ以上、はなの心臓が悪化しなければいいのだけれど・・。









コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。