今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

137号室のスキッパー

今朝のことです。

RPNのBが、新しい入所者、Pさんについて私に話しかけてきました。Pさんは、施設に来る前に、自宅で猫を飼っていたそうで、施設に入所した最初の数日は「私の猫はどこ?」「猫が居なくて寂しい」とスタッフにこぼしていたそうです。 

Bが「ね、来て、来て」と私をPさんの部屋の前まで誘導しました。 そしてドアを開けると・・・
Pさんの足元に、可愛らしい猫ちゃんがまあるくなって寝ていたのです!

Pさんに挨拶をし、猫ちゃんにもご挨拶。 猫ちゃんは「スキッパー」という名前だと教えてくださいました。

スキッパーに「お母さん(Pさん)と一緒にいられて良かったねぇ」と喉もとをなでると、ゴロゴロと喉を鳴らしていました。 ああ、可愛いなぁ。Pさんもスキッパーと一緒にいられて、とてもハッピーそうでした。 よかったね、Pさん、スキッパー。

コ メ ン ト

No title

ペットと一緒に居られる施設なんて日本ではまず有り得ないのでは・・・?カナダではどこもそうなんですか?
新しい入所者さんはすぐに落ち着くことができるんじゃないかしらね~。ボランティアで訪問してくれる動物たちがいますけど、病院や施設ではすばらしい効果があるそうですね?Pさん良かったですね~

No title

anemamaさん

日本の療養施設でのペットはまだ普及していない、というか施設が許可している例が無いのかもしれません。 カナダでは・・私が以前勤務していた施設では室内で猫や小鳥を飼っている方がおりました。 現在私が勤務している施設では、私が知っている限りでは、前例が無いです。 定期的にペットセラピーで犬が施設を訪問するのですが、人気のようです。 私は夜の勤務なので、その場をみるチャンスがないのが残念なのですが、入所者さん達は、犬が来るのをとっても楽しみにされているようです。 病院でのペットはちょっと私にはわかりません。 今度、こうした話を聴くチャンスがあったら調べてみますね。

他のナーシングホームでは、「施設のペット」として飼われている猫や犬等がいるそうですよ。 そうなんです、Pさんがとっても嬉しそうで、見ていて私も嬉しくなってしまいました。

No title

スキッパーもPさんも、また一緒になれて良かった!!

ほんと、私もうちの猫と一緒に生活できなくなったら、どうしよう~。。。

No title

ellison家代表さん

Pさんね、入所初日はスキッパーのことばかり話されていて、聞いていて、こちらが辛くなってしまったくらいなんです。 ですから、Pさんがスキッパーと一緒に過ごせるようになり、良かったなぁ、と私、嬉しくなりました。明日の勤務で、またPさんとスキッパーに会ってきますね!

ペットとは、いつまでも一緒に過ごしたいですよね・・・。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク