今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアメイル

郵便受けを開けると、エアメイル用の封筒で私宛に手紙が配達されていました。 ほら、封筒のふちが赤、青のあの封筒ですよ! 

エアメイル用封筒まで使って私に手紙を書いてくださった方は誰だろう? (たまに手紙をくれる日本の友人達はエアメイル用の封筒で私に手紙を書くことはまず無いのです。)

差出人の名前を見てもピンときません。 少し考えて、ああ、私の恩師だ!とわかりました。
私のよき理解者でもあり、教師でもあったHK師匠からのエアメイルだったのです。
手紙には昔、見慣れていた師匠の文字が。懐かしい・・・。
そして封筒の中には師匠が描いた水彩画の猫がプリントされたポストカードが入っていました。
昨年の帰国の際、高校時代の親友と電話で話したんです。この親友も美術をやっていましてね、それで師匠の話題になり、「連絡とってみたら~」と勧められ、HK師匠へ年末に年賀状カードを送ったのです。で、それが先方に届いて、師匠が私に手紙をくださったというわけ。

HK師匠は、私の美術の先生だったのです。 デッサンが苦手で、油絵もアクリルも水彩もパステルも下手くそな私にデザインやら版画を薦めてくれたおかげで、私の作品は二度ほど全道大会へ行けました。ほら、高体連ってあるでしょ?あれは体育系で、文化系は高文連なんですけれどね、道南の場合は・・まずは地区大会だったかなぁ? 作品を函館市民会館なんかのギャラリーで展示するんですよ、で、そこから選ばれた優秀な作品が全道大会へいけるわけ。 私が北海道を去って、まもなく、師匠は教職を辞めたそうで、現在はS市(北海道のS市って、すぐにどこの市かわかってしまいますね、はははっ。)で、絵画教室を開いているとのことでした。

HK師匠からのお手紙で、今日はなんだか気分が良い私~。 

最近、懐かしい人から連絡がぽつぽつあったりして、嬉しいですねぇ。

今年はなんだか良いことがありそうな気がしてきましたよ。

コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。