今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス・プレゼントに纏わる思い出

先日、職場で介護師のDがこぼしていました。合計14人の姪,甥がクリスマス・プレゼントにノートパソコンをリクエストしているんだと。自分でさえノートパソコンが買えずにいるのに、なんてことかしら、と彼女。 彼女はフィリピン出身で、母国にいる母親の医療費や両親の生活を支えるために送金しているんですよ。 故郷の親をサポートしながら慎ましい生活をしている彼女にノートパソコンを3つなんて、かなり厳しいリクエストだな、と思いました。

彼女の話を横で聞いていて、ふと、私の子供時代の記憶が蘇りました。 当時、私は欲しいものを欲しいと言えないよう子供だったのです。 クリスマス時期になるとおもちゃ屋さんの広告が新聞に折り込まれてきますよね? その広告を見て私はおもちゃが欲しくなったのです。 今となっては、どんなおもちゃか欲しかったのか思い出せないのですが・・。 さて、欲しいよ~、買って~と意思表示をして、駄々をこねて買ってもらおうという行動に出れなかった私は・・おもちゃ屋さんの広告をはさみで切り取りました。 そしてその切り取りを叔母から貰ったオルゴールにしまったのです。 ああ、なんて奥ゆかしいお子様だったのかしら、私って。 そして時々オルゴールから切り取りを出しては見つめ、満足~。そして・・・もしかしたらサンタさんがクリスマスに持ってきてくれるかも~と思っていたのでした。 でもでも、私の靴下はこのおもちゃには小さすぎる、と真剣に悩んだりもしてね。(笑)

この年のクリスマス、私の靴下は空っぽでした。 私が良い子じゃなかったからか?それとも私の靴下が小さすぎたからか?と悩み、翌年・・私はクリスマスの「現実」を学んだのでした。



コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。