今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

優待@ラボ

健康上の理由で、私は毎月採血しなければなりません。


日本だと病院に受診した際に採血をしてもらうというのがほとんどですが、こちらでは・・
受診→採血の検査伝票を渡される→外部の検査会社(ラボ)までいって採血 となるのです。

オタワ市内にあるラボですが、混んでいたりすると1~2時間待ちなんてザラなんです。 この待ち時間が無駄に思えて、「注射器と採血管と、貸してくれたら自分で採血するから、かしてよ~」なんて良く思ったものでした。

私の職場には週に二回、ラボのテクニシャンが入所者の採血をしにやってきます。そのテクニシャンの中で一人、親しくしている方、Bがいるんですよ。 実はこの方も猫好き♪ Bと、猫や検査関連について時々お喋りするのです。 Bの会社のラボはオタワ市内に点在しているのですが、私が知っているどこどこのラボはいつも混んでいる~なんて話したら・・「あら、私に言ってくれたらここ(職場)で採血してあげるわよ。でもね、他の検査技師には頼まないこと。本当なら、うちの会社のラボ以外で採血となると20ドルを払わなければいけないことになっているから。」

こうしてBの好意に甘えて、現在私は毎月職場でBに採血をしてもらっているのです。 金曜、いつものようにBにお願いして採血してもらおうとしたら、検査伝票を家に忘れてしまったことに気がつきました。 次にBが職場にやってくるのは火曜日、つまり12月。 月に一回の採血なので、私の採血は11月中に済ませないといけません。 「あ~~~~~~~~~、検査伝票が無い! こりゃ月曜にラボにいくしかないわ~」と嘆く私。 そこへBが「カナタ(オタワ西部)のラボに明日、おいで。明日、私あそこで仕事なの。、Topiが来たらすぐに採血してあげるから。 でもでも、私の名前を読んだりしたら駄目よ~。 黙って椅子に座って待っていてね。」

ということで、今日、土曜日、カナタのラボまで行ってきました。 待合室はうじゃうじゃと人が・・。ああ、これじゃやっぱり1時間以上はまたなければならないだろうな・・。 オンタリオの健康保険カードと検査伝票を受付にだし、待合室の椅子に腰をかけて数分後、Bの姿が!

Bは受付の机の向こうで同僚らと話しをした数分後、私の名前を呼び、採血ルームへ呼びました。 
「すごい混んでいるじゃない、忙しいのねぇ」という私に「今日はまだ良いほうよ。」などとお喋りしてサッと採血してもらってきたんです。 いや~、めちゃ混んでいるラボに入って、10分もせずに採血が済んだんですよ! ひゃ~、Bに感謝、感謝! でも、でも、待合室でずっと待っている人達に対してちょっと罪悪感が・・。

コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク