今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら、モントリオール→オタワの我が家へ。

オサレな街、モントリオールに別れを告げ、今夜オタワに戻ってきました~。 オタワに入るなり、すぐさまペットホテルに向かい、フラフィーとはなをピックアップしてきたんですよ。 受付の奥の窓にはフラフィーの姿が見えました。「フラフィ~」と声をかけ、窓をコツコツ叩くとフラフィーが振り返り、ミャ~と鳴いているのでしょう、窓ガラス越しなので泣き声は聞こえませんが、口が「ミャ~」していました。(笑) はなとフラフィーの部屋は壁越しに穴が開いており、自由に行き来できるようになっているのですが、はなはなかなか窓ガラスのほうへやってきません。  相変わらずチキンなにゃんこのはな・・。

ペットホテルの担当の方に、フラフィーとはなの様子を伺ったんですよ。 我が家のお嬢さんたち、ホテルでお利口さんにしていたようです。 はなは退屈するとフラフィーに寄ってじゃれたりしていたそう・・。フラフィーは窓のそばに誰かがくると「私にかまって~」ビームを出していたようです。 今回初めてペットホテルを利用したのですが、はなもフラフィーもそれなりにホテル生活に適応できたようです。帰りの車の中では二匹ともみゃ~、みゃ~とひっきりなしに鳴いていました。 ペットホテルから我が家まで、ほんの5分くらいなんですけれどね、車は嫌いなのでしょうね・・。 フラフィーとはなを家の中に入れたとたん・・フラフィーは地下の「フラフィー・トイレ」へ疾走。 はなは居間の床の匂いをくんく嗅いだ後、いつものように家の中をうろうろ。 

現在・・はなは「はなハウス」で寝ています。 フラフィーは私のベッドの上でちょこんと横になり、睡眠中。  

コ メ ン ト

No title

今回は、ペットホテル利用だったんですね。。。
私は利用したことがないんですけど、オタワではお幾らくらいするんでしょうか。
まぁ2匹一緒だから、ちょっとは安心ですよね。
どんな個室なのか、広いのかとか、ごはんはどうしていたのか、とか
トイレなども気になります。
写真撮ってて欲しかったな、ダメなのかしら。

そちらはもう寒いんでしょうね。
我が家もネコタツに続き、人間用のこたつも出しました。。。
ダンナが夜はそのまま寝てしまったりしてます。
こっそりマオも人間用の方に入れたりして・・・見つかったらダンナから怒られるんですけど。

Re: No title

> 今回は、ペットホテル利用だったんですね。。。
> 私は利用したことがないんですけど、オタワではお幾らくらいするんでしょうか。
> まぁ2匹一緒だから、ちょっとは安心ですよね。
> どんな個室なのか、広いのかとか、ごはんはどうしていたのか、とか
> トイレなども気になります。
> 写真撮ってて欲しかったな、ダメなのかしら。
>
> そちらはもう寒いんでしょうね。
> 我が家もネコタツに続き、人間用のこたつも出しました。。。
> ダンナが夜はそのまま寝てしまったりしてます。
> こっそりマオも人間用の方に入れたりして・・・見つかったらダンナから怒られるんですけど。

まおまおさん~
ペットホテルの費用ですが・・
一泊19ドル(カナダドル)です。部屋は個室かつなぎ部屋(ホテルでいうコネクティングルームのようなもの?で、二部屋の間の壁に丸い穴が開いており、そこから自由に二部屋をいったりきたりできるようになったもの)を選択できます。 広さは・・広いとはいえませんが、動物シェルターのケージよりは広かったですよ。 餌はホテルが提供するサイエンス・ダイエット(獣医さんお勧めと謳われて販売されている)か、自分で持っていくか、好きなほうを選べます。ドライかウエットも指定できました。餌の量は一日どのくらい与えているか、先方に伝えて、自宅であげているのと同じ量を与えるようにしてもらいました。 お水は2時間ごとに交換してくれて、一泊のうち30分ほど専門の方が「お遊びタイム」を室外の広い部屋でしてくれるそうです。 トイレはホテルが提供している「環境にやさしいもの」 を使用しておりました。 あと、ラムスキンの猫ベッド。 おもちゃや自宅で使っている毛布なんかも持参してよいんですって。 人が近くにいないときはテレビをつけて人の声が猫に聞こえるようにしているそうです。 今度、機会があれば&可能でしたら、ホテルの写真を撮ってきますね~。 最後に猫が宿泊中にどんな様子だったかを記録した「プログレス・ノート」というのを頂きました。そこには食欲はどうだったか、睡眠状態、トイレの始末、総合評価、そしてコメントが書かれておりました。

こちらは寒くなってきましたよ。 モントリオールでは寒くてマフラーを現地で調達しました。
まおまおさん、コタツって、中国でも売っているんですか?!  コタツ、よいですよね、ご主人がコタツで寝てしまう気持ち、わかるなぁ。  まおちゃんが人間コタツにはいると、ご主人怒っちゃうんですねぇ。 うちでは相棒が良く、布団の中にフラフィーやはなを引きずり込んでいます・・。 はなは猫こたつ代わりに私のノートパソコンの上で寝ることがたまにありますよ。 そちらも寒くなってきたようですね。 気温の変化で風邪などひかれませんように。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。