今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス準備

クリスマスなんて、まだまだ先、と思っていましたが、はや11月。 12月になるとどこへいってもクリスマス・ショッピングで混雑しているし、そんな中、買い物に行くのは嫌なんです。 もともと、かっぺたんの私ですが、それでも名古屋、横浜に住んでいた頃は「エセ都会人」で、人ごみなんか屁でも無かったんですけれどね、オタワに住むようになり、人ごみが苦手になりました。 人ごみは避けたいし、さっさとクリスマスの買い物を済ませたいなぁ、去年のように土壇場までバタバタしたくないし~。

ということで、今日はお買い物三昧の日でした。

帰宅後、ギフトボックスに買ったものをつめて、ラッピングしようとしたら・・案の定、はなとフラフィーがやってきて、ギフトボックスの中に入ったり、こすったり、ラッピングペーパーを切ろうとすると、面白がって、手で押さえようとする・・。  スーツケースをパッキングするときもそうなのですけれど、いつもフラフィーとはなに邪魔されちゃうのです。  居間でごそごそと包んだり、箱に入れたりしていたんですけれどね、今夜の居間は「戦場」と化したのです。 マダム・サンタクロースのワークショップ@居間はカオスでございますよ・・。 ああ、もう遅くなっちゃったし、片付けるのが面倒だなぁ・・。 さらっと片付けて、続きは明日にしよう~っと。

ところで今日、久しぶりにすき焼きをしました。 カナダにいると生卵を食べる気になれないのです。 いやね、生卵で卵かけご飯とか食べたいな、と思っても、卵の鮮度がいまいちわからないんですよ・・。生卵で食あたりになるのが怖いので、なるべく生は避けているのですが・・ でもでも、すき焼きにはやはり生卵だべさ~!! サルモネラが怖くて、すき焼きが食べれるか!! と、溶いた生卵にお肉やら野菜をからめて頂ました。 ああ、うまかった~♪ 今夜は、久しぶりに豚のように食べてしまいましたよ・・。

コ メ ン ト

No title

すき焼き、大好きですぅ! ほう、なるほど・・・ご存知かもしれませんが、
日本では卵の賞味期限を!安全なインクで!卵そのものに!印刷してますう・・・
卵かけご飯を不安に思ったことなんか無いのは、のーてんき!でしたかね?
 お国柄といえばそうでしょうが・・・

Re: No title

Suzukiさん

日本の卵だと、安心して卵かけごはんができるんですよね・・。例ですが、先週私が買った卵は、ケースに12月4日までOKとされています・・・・・・・・・・こうした理由から、月見うどん、すきやきの卵、卵かけご飯等はこちらにいると、避けがちになってしまうのです・・。 これは食文化、食生活の違いからなんでしょうねぇ。 北米では生卵を食べる習慣はないみたいですし。 

No title

「生卵」、同じかも知れません。。。
香港でもアメリカからの輸入卵は、6か月くらい有効の日付が入ってまして、知らずに買って、大半がダメだったことを知ったりとか・・・
日本の生卵は、取り上げられて以来、いまだ買えなくて。
今は、広州で無農薬野菜を作っている日本人が、鶏も飼ってて、安全な卵を作ってくれているので、高いけど購入してますよ。
黄身がもっこりとしてて、味も甘くて。
Topiさんとは、違う国に住んでますが、車と言い、食べ物と言い、苦労していること同じかも知れません。

Re: 生卵

まおまおさん~

え?日本で生卵が問題になったことがあるんですか??知らなかったです~。
私ね、まおまおさんのブログで中国産の野菜の怖さをしり、最近以前にもまして中国産の食物を避けるようになりました。 過剰な農薬を使って栽培した野菜で死者が出たとか、ニュースではやらりませんが、中国は政府がマスメディアをコントロールしているから、公にはならないのかしらん?! 以前居候させてもらった家では、「一般的に貧しい国と言われている国から輸入されている食べ物」 は何を使っているかわからないので、買わないようにしている、と言っていました。  その影響もあり、なるべくカナダやアメリカ産のものを買うようになりました。 

海外に住んでいると、生活事情が日本と異なるので、いろいろ大変ですよね、うん、うん。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。