今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

黄色い桃の缶詰

小さい頃、黄桃の缶詰が好きでした。 缶詰の果物なんて、必要不可欠の物ではなかったので、めったに食べることなんか無かったんですけれどね、お中元やお歳暮で缶詰のギフトセットを頂くと、たまにありつけたんですよ。 白い桃とは違った食感、甘いけれど、ちょっぴり酸っぱいような味。 白桃は良く見かけましたが、黄桃なんてあの時代、お店で見ることはあまり無かったんですよ。 そのせいもあって、小さい私は黄桃に惹かれたのかもしれません。 

数週間前、食料の買出しに行った際、黄桃の缶詰を買いました。 見つけたら、なんだか懐かしい気がして、つい買ってしまったんです。 今思うと、おかしいですね、だって、今まで一度たりと、自分で黄桃の缶詰なんて買ったことがないんですよ、私。 ま、それを台所のカップボードに暫く置いていました。 いざ買っても、食べようという気にはなかなかならなかったのです。 たまたまここ数日、具合が悪かったので、軽く食べれるものは~?と台所をうろうろして、黄桃の缶詰を手にしたわけです。 缶きりで缶をあけると、ツナかサーモンの缶だと思ったフラフィーとはなが台所まで駆けてきました。(笑) 
「これは果物~魚じゃないのよ~」と言っても無駄でしょうが、フラフィーとはなに説明して、私は黄桃をお皿に移しました。

つるつるした黄色とオレンジの中間の色をした黄桃・・。 

フォークで刺そうとしたら、やはりつるり、と逃げられました。 

よいしょ、と今度は成功、そして口の中へ・・・

ああ、黄桃、昔のままのあの味です。 


注)私は幼少時の頃、黄桃は「黄色い桃」、鮭、鱒は「赤いお魚」と呼んでいたのだ。

コ メ ン ト

その後、具合はいかがですか。
早く良くなるといいですね。
フラフィーちゃんとはなちゃんが見守ってくれて良かったのかな。。。
私もこの前、しんどくて朝から寝直したらマオが布団に潜ってきて。。。
わかってないと思いますが、一人で寝たい時もあるので。

桃の缶詰、私も好きですよ。
刻んでヨーグルトに入れても美味しいです。

Re: タイトルなし

まおまおさん~

マカオを楽しまれてきたようですね♪

おかげさまでかなり体調はよくなりました。 今日は台所に立てるまで回復しましたよ。 ただ動き続けると、すぐに疲れてしまうのと、たまにいや~な咳がでるくらいかな。 この分だと週末までに元気になれそうです。 はなとフラフィーは、ベッドのやってくると、布団の上に横になるんですよ、布団の中にははいってこないんです。 まおちゃんはお布団の中にはいるんですねぇ。 いいなぁ、湯たんぽ代わりになるまおちゃん・・。 一度相棒が、毛布をははとフラフィーにかけてで遊んでいたのをみたのですが、どちらも布団の中にいるのは嫌みたいで、必死で布団から出てきました。(笑)  

桃缶+ヨーグルト、たしかに美味しいですよね。 姉が良く、白桃の缶詰で作ってくれました。 そうそう、缶詰の果物、フィリピン人の同僚から教えてもらったのですが、コンデンスミルクとヘビークリームを混ぜて、缶詰の果物と和える食べ方。 なかなかクセになります、ぜひ一度お試しを!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク