今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

療養中

行ってきました、クリニック。 いつもの小難しい東欧系の名前のドクターに診てもらったんですけれどね、多分「風邪」だろう、って。でも感染しているので,休息と抗生物質が必要とのこと。 診断書をもらってきましたわい。  というわけで今週の金曜までオフ、抗生物質を薬局で手に入れてきました。帰宅後、職場に電話し、お昼ご飯を食べて薬を飲んだら・・・夕方まで寝てしまいました。 かなり調子はよくなったのですが、まだイマイチですねぇ。 ベッドにいるとフラフィーとはながやってきて、私の両サイドの足元でまあるくなって寝ています。 

ああ、猫二匹に見守られて、療養する薄幸?のナース。
週末までにはすっかり回復しますように!

コ メ ン ト

夜のお仕事は慣れで続くのでしょうが、身体は正直なので時々は本来のサイクルを要求してストライキを起こすのでは?
我が家も息子が主に夜間の仕事なので、いつもからだのことが心配です。
Topiさんが優しそうなご主人と足元で寝てくれる2匹の猫に囲まれて・・・ま、美人ではあるけど、薄幸?笑
それにしても、職場環境も厳しいしがんばってらっしゃいますね。そんな中で、患者さんやお仲間に優しく笑顔と喜びを生み出そうとしている姿勢は、互いに励みを与え合っていることでしょう。やりがいのある仕事と、そこでできる精一杯のことをしているご自分の心も、風邪と一緒に療養して差し上げてくださいませ。どうぞゆっくりとお休みくださいね?おだいじに・・・

Re: タイトルなし

スズキさん~

夜勤専門で生活をしていると、たまに調子がおかしくなることはあります。夜勤だと、どうしても身体がついていけない、と夜勤シフトから去るスタッフも多くいるんですよ。 私が夜勤専門生活となってから自覚している症状は・・・ 身体が冷える。 肌がくすんでいる。 寝て起きても疲れが残っていることがある、等などです。 これはあくまでも私の健康状態+夜勤専門生活での自覚症状なので、人によりけりかと思います。 スズキさんの息子さん、夜に働くことが多いのですね。 そうなると、昼と夜との「切り替え」で大変でしょう。 わかります、うん。 先輩ナースで25年間夜勤だけ、という方がいるのですが、私はこの先、そんなに長く夜勤専門で勤務できるかどうか、自信がありません。  

おかげさまで、体調のほうはかなり良くなりました。 このまま上手くいけば、週末にお仕事へ復帰できそうです。 私の相棒・・優しいのかエゴイストなのか?な所がありますが、一応心配はしてくれているようです。 はははっ、私、「美人」には程遠いエリアに位置していますよ、おかちめんこナースですもん~♪ 土曜の夜には出勤できるよう、一生懸命?! 療養しますね。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク