今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクのスクラブ

昨年、義理姉からスクラブをクリスマスプレゼントで頂きました。 それをしばらくクローゼットにしまっていたのです。 頂いたスクラブはピンク系。 トップはかわいい水玉がカラフルにプリントされています。 私を良く知っている方は、普段私がどんな色を着ているかわかりますよね? 大体は黒、茶のダーク系。もしくはベージュ、淡い寒色系です。最後にピンクを着たのは・・記憶が正しければ小学2年生の時にはいたピンクのスカートかな?! まぁ、物心ついたときから、私はなぜかピンクを避けていました。 ピンクは可愛いすぎて、私のキャラには似合わないと思っていたからです。 だからこのスクラブも、他人が着たら可愛いけれど、自分には・・とちょっとしり込みしていたんです。  今年日本に帰って姉と加齢に伴う衣類の選択について話しました。 すこ~し年をとってきて、黒っぽいものばかり着ていると、余計疲れて見えるよね、って。 昨年のとある日、ふと鏡を見ると自分自身がとても疲れているように見えました。 化粧っ気のない顔(大体いつも私はノーメイクです。)、荒れた肌、そして黒っぽい衣類。 これで「加齢」を感じた私。  まぁ、そんなことを思い出して、たまにはピンクを着てイメチェンしてみるか、と思ったわけ。

で、このスクラブで昨夜出勤しました。 同僚RNのDが「あら、新しいスクラブ買ったの?可愛いわね、似合うわよ。」って。 それから介護師さん数名からもお褒めの言葉を頂きました。 やがて日勤者が出勤してきて・・これまた褒め言葉。 自分じゃ似合わないと思っていたピンクですが、第三者からこれだけ「似合う」といわれれば、たぶん私にはピンクが似合うのでしょうねぇ?! しかし、自分用にピンクの衣類や小物を選ぶのは、私には想像できない・・・・・。 以前何かの本に「ピンクが本当に似合うのは老人と赤ちゃん」と書いていた人がおり、私もそれには同意見。 若い女の子がピンクを着ているのを見ると、どうも媚を売っているようで、私は好かんのです。 まぁ、それもあって私はずっとピンクを避けていたのですがね。  

コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。