今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラフィー、ハーネスを抜ける

我家のでぶにゃんこ、フラフィー。 彼女は外に出るのが大好きです。なので、冬以外、ほぼ毎朝、私はフラフィーを連れて、外で遊ばせます。いい加減遊んだ後、彼女がもっと外にいたがる場合、私は彼女のハーネス+リードをフェンスに結び、彼女を遊ばせ、私は家の中へ。 そして家の中から彼女の様子を時々伺い、飽きた頃、家の中に連れて来ます。 今朝もフラフィーは、遊んだ後、外に暫くいたいようでした。 私は、いつものように、フェンスにリードを結び、フラフィーが車道に出ないようにし、家の中にはいりました。 その後、ちょくちょくフラフィーの様子を窓から見ていたのです。 何度かめにフラフィーの様子をみたら・・なんと!結んだリード+ハーネスの先にいるはずのフラフィーが見当たらないのです。 これは!と思い、玄関を出て、フラフィーの捜索に、とサンダルを履こうしました。 すると玄関のドアをノックする人が居ます。 その人は、ご近所の紳士でした。 彼は、超ご機嫌斜め状態のフラフィーを抱えていました。

「犬が家の前を通りかかったら、この猫がえらく興奮、威嚇してハーネスから抜け出したんですよ。いやぁ、こんなに怒っている猫、僕はじめて見ました。」

犬を見て、時々フラフィーは「シャー!」と威嚇することがあります。今日も、そんな理由でフラフィーは、犬と戦おう?としたのでしょうか。 紳士に抱きかかえられているフラフィーは、まだ興奮していました。そして彼を引掻こうとしています。 私はこの紳士にお礼をいい、フラフィーを受け取り、家の中にいれました。 家の中に入ったフラフィーは、一目散に階段を下りて、地下室へ。 そして暫く姿を私の目からくらましたのです。 いつもなら、「フラフィ~」と呼べば、姿をだすのですが、今日はダメでした。きっとまだ興奮しているのでしょう。 大好物のおやつのパッケージを振り、音を立ててもフラフィーは出てきません。(いつもならこの音を聴くと、かわいい泣き声をたてて、すぐにやってくる) しばらくフラフィーの姿を探したら・・・・フラフィーは、洗濯室の片隅に、チョコンと座っておりました。大変な思いをしたフラフィーに、コンペイセイションとして大好物のおやつを少量あげたら、落ち着いたようでした。その後、居間にやってきて、いつものように、床でゴロゴロし始めたのです。

これからは、ハーネス+リードをフェンスに結んで彼女を外におくのは気をつけなくちゃだわ。

コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。