今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の最後で・・・

2月のリノベーションをしたバスルームですが、まだ工事完了していないのです。
これは、なが~い話になるのですが・・・

現在、バスルームのバニティの横に隙間があるのです。この隙間に板をインストールすれば工事は完了する予定。なぜすぐにこの板をインストールできなかったかというと・・コントラクターさんがこの板を某小売店に発注。それが届いたそうですが、間違ったサイズにカットされていたそうで、発注しなおし。そして、2月の末、この板をインストールする予定でした。

コントラクターさんから「今週のX曜日に来る」と連絡があり、確認のため、前日の電話をすると、今度は「来週末に」と。で、その当日、いくら待ってもコントラクターさんは我家にやってきません。彼の携帯に電話しても留守電です。留守電に「こちらへ電話してください」とメッセージを残しました。

・・・・・・・・・・

その翌日になってもコントラクターさんからは連絡がありませんでした。そこでまた電話したのですが、再び留守電。で、また「電話連絡ください」とメッセージを残しました。

・・・・・・・・・・・

その後も連絡は無し。
このコントラクターさんは、我家の玄関のタイル貼りをしてくれたのですが、その際も工事日程がやや曖昧でした。「X月の一週目」と約束していたものが工事開始予定日の数日前に「翌週に」と工事の日程を変更。

彼が我家のバスルーム以外に沢山の仕事を請負っていたのを私は知っていたので、忙しいんだな、と思っていたのですが、顧客を丸一日待ちぼうけにさせるのがちょっといただけません。何故、電話の一本でもかけて「明日はいけない」と言ってくれなかったのでしょう。

こうしてコントラクターさんと連絡がつかず、数日経過。私の相棒はさすがに痺れを切らし、コントラクターさんの会社に電話し、苦情を言いました。そしてこの会社のマネージャーと話をしたのですが・・・
ここで話がややこしくなりました。

まず、私はコントラクターさんに工事が98%完了(板のインストールが終わっていない状態)で,費用の支払いを済ませてしまったこと。これは駄目だそうで、「支払いは工事が完璧に終わってから」と言われました。そして・・・コントラクターさんは、好意で、契約以外のことを沢山やってくれたんですが、これが「契約以外の仕事を請負い、その仕事に対しての報酬を受けていない」ことが明るみになったのです。私は、どちらかというとボケ~っとしているほうなので、「きっと最後に契約以外の仕事をしてもらった分は請求されるんだろうな」なんて思っていたのでした。(これは好意で無償で仕事をしてくれたと後で発覚)・・・で、いつ来るかわからないコントラクター、彼が電話一本かければ話が済むようなこともできないのであれば、この先信用して仕事をお願いするのは難しい、とマネージャーに話したんですよ。私個人はコントラクターさんの「仕事の仕上がり具合」に満足していたので、できれば彼に最後の仕上げをして欲しい、彼が多忙ならば、こちらは急いでいないので、彼の時間にあるときにでも仕上げをしに家に来て欲しいと頼みました。

・・・・・・・

それから一週間くらい経過したでしょうか。コントラクターさんから電子メールが来ました。
メールを読んでみると、私は不愉快になりました。工事日程日を土壇場でキャンセル、そしてno show、さらにこちらへ電話連絡してこなかったことに対して、謝罪の一言も無いのです。「自分の名前での契約した仕事以外で無償で仕事をしたことが明るみ二なり、解雇されそうになった」とやや遠まわしな嫌味が含められたメールでした。そして別のコントラクターさんがバスルームの仕上げをするよう。という内容でした。

バスルームのリノベーションをするのに、見積もり料金が数社の中で一番高かったこのコントラクターさん。でも、私はこのコントラクターさんを人柄、知識の豊富さ、仕事のできの良さで、選んだのですが、結果はこうなってしまいました。その後、私と相棒はコントラクターさんの会社へ電話しました。彼は良い仕事をする、しかし、今回の件でなんの謝罪の言葉も無く、非常に残念。今の状態では、彼ではなく、別の人に最後の仕上げを以来するのが良いと思う・・と、こんなふうに話がまとまっていたのですが・・・

今夜、問題のコントラクターさんが我家に来ました。明日、別のコントラクターさんが来て、仕上げをする際に使う板を持ってきたのです。暗くてよく見えなかったのですが、持ってきた板は・・・欠けていて、傷が沢山付いていました。この状態の板でインストールするのは、私は受容できません。問題のコントラクターさんは、自分のNo Showが原因で、会社側から苦情を言われたことに対して腹が立っているのは理解できます。しかし、私はこの傷だらけの板をみて、自分が侮辱された気分です。腹が立ったあてつけというのでしょうか?電子メールの内容からして、子供っぽい性格の人だな、と思いましたが、ここまでするのか、といい人だと思っていたのにな・・。

こんなんじゃ、リファウンドしてもらって、別の会社のコントラクターさんに仕上げをお願いしたほうがマシかな、なんて思案していますよ、今。

コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。