今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮膚科受診

ここ暫く、ちょこっとバタバタしていました。 
なんだか毎朝仕事の後に出かけていたような気がします。

理学療法へ行き、翌日は里帰りのためにカナダドルを日本円に換金。
その翌日はマンムグラム(初めてマンモグラムをやりました!)。 で、その次の日は腰のレントゲン。
で、今週も似たような感じ。
月曜は理学療法 火曜は皮膚科受診。

あ、皮膚科なんですけれどね、私昨年の秋くらいかな?突如 右目の下にSkin Tag が出来たんです。へんなところにこんな邪魔なものが出来た、と思っていたら数ヶ月後、それがぽろりと取れました。 その際多少の出血あり。 出血も止まり、このまま普通に治癒すると思っていたら・・・治癒しない(汗) Skin Tagが取れたあたりの場所がちょっと乾燥ぎみで痒くなったり。 痒いので、ついこすりすぎて出血させたりー。で、ある日、どかーんと腫れてしまったんです。 

「これだけ時間がたっても皮膚が元の状態に戻らないのはおかしい!」

てなわけで3月にウォークイン・クリニック(予約無しで医師に診察してもらえるクリニック)へいきました。診てくれたお医者さんも「そんなに長い時間たっても治癒しないのはおかしい、皮膚科に至急診てもらえるようにするから」って。 知っている人は知っているかもしれませんがー  皮膚科に初診でみてもらうのって、気が遠くなるような待ち時間なんです。 私も「至急診てもらえるように・・」の至急って三ヶ月待ちかな?それとも半年待ちかな?なんて思っていたのです。 

幸い半年も待たずに診てもらえたわけです。

診断は「湿疹」でした 

発症から数ヶ月後、やっと治療が開始となりました~(涙)



コ メ ン ト

見極めが難しい

カナダの医療事情がよくわかりませんが、何でも早めに診てもらえば良いわけでもないでしょうし、そもそも忙しくてタイミングよく診察に出向けるわけでも・・・
 その上、わたしなんか医師との出会いに恵まれず、しばらく通ってもうまく打ち解けられない・・・内気?見た目は違うんだけどなー
 あ、Topiさんのことだった、で?無事に帰省できそうなんですか?できても、「今浦島」のショックでこちらで具合悪くなりませんようにね~?

No title

anemamaさん

カナダの医療事情ですがー
医療費は税金でまかなわれています。 入院したり、診察、手術代は税金でまかなわれ、個人のお財布から$は飛んでいきません。  処方される薬は自己負担。(ちなみに私が皮膚科で処方された軟膏はなんと! 約170ドル。 日本円に換算すると1万5千円くらいでしょうか。 これは私の職場の医療保険でカバーされましたが、保険の無い人は完全に自己負担です。 まず具合が悪くなるとGP,ジェネラル・プラクティショナーと呼ばれる医師に診断してもらい、それから専門医へ受診、となるわけです。 たとえば妊娠したかも?とか皮膚疾患が、という場合でも専門医に診てもらうためにはまず最初にGPに診てもらわないとどうにもならないのです。 で、このGPのところから専門医へ連絡が行き、やっと専門医に見てもらえるようになるのです。 専門医にみてもらうまでの期間はまちまちですね。 私が婦人科系の手術を受ける際に女医さんを希望したら「いつになるかわからない、多分1年待ちかも?」と
いわれました。 待つのがいやで男性の婦人科医になったのですが、これは半年くらい待ったかな? ちなみに私の慢性疾患の専門医のオフィスの留守番電話には初診の患者さんは約1年待ち・・とアナウンスが流れます。 

相性の合う医師にめぐり合うのって、宝くじにあたるよりも難しいかな、と思います・・・。  はい、おかげさまで、なんとか無事に里帰りができそうです! 「浦島」は毎回のことで・・(笑) 日本で体調を崩さないよう、気をつけますね~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。