今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

CARE for Nurses

私が、オンタリオ州のRNとして登録する以前のことです。

私はトロントに一年ほどいました。

何故トロントに居たかというと・・・・

日本で看護師経験があったとしても、北米の看護、医療の現場にポンと飛び込んでもそれにすぐ適応するのは大変だろうと思いまして・・私はオタワ市内のアルゴ○キン・カレッジ(ははっ、これも伏字の意味がないくらいバレバレですねー)で看護のコースを受講するつもりでいました。この看護コースには臨床も含まれて居ましたから、実際にナースとして働く前に、現場を経験することが出来るものでした。

「看護コースを受講したいんです~」とカレッジに出向きましたらね、「まだ時期じゃないからXX月頃に出直してきてね」と言われました。その間半年くらいありましたから、私はバイトして学費を稼いでいたんです。 そしてXX月・・再びカレッジへコースの受講を申し込むために出かけました。


ふふふっ、今だから笑えますが、この時も「やっぱりカナダ・・」。

カレッジからは「定員がいっぱいなので、ウェイティング・リスト待ち」と告げられたんですよ。

私は、頭をハンマーで叩かれた気分でした。 ウェイティング・リスト待ちって・・・次のコースは翌年です。下手したら二年待ちになることも考えられます。

どよ~んとした気分の私にある日届いたCNO(カレッジ・オブ・ナースィズ・オブ・オンタリオ、看護師の登録などを扱う機関)からの手紙には・・私の現在の看護師試験への許可手続きにかかわる文書と一枚のお知らせレターが入っていました。 お知らせレターにはカナダ以外の国で看護師の教育を受けた人を対象にトロントでの看護教育機関のようなもの、CARE FOR NURSESがある、という内容でした。

一年オタワで次の看護コースを待つより、トロントでなら看護教育をすぐに受けられるかも・・

数週間後、私はトロントの CARE for Nurses  のオフィスで色々お話してきました。

その年の冬、長年愛用している大きなサムソナイトのスーツケースに身の回りのものをつめこんで、私はVIA RAILでトロントへ向かいました。 そして約一年間トロントで過ごし、CARE FOR NURSESの教育モジュールを修了、看護師試験を受験、合格、となったわけです。

なんで今頃このCARE・・のお話をUpしているかといいますと・・・

今週、CARE・・の10周年記念パーティーのお知らせメールを受け取ったんです。
(当時のCARE・・は、政府のパイロット・プロジェクトでして、何年CARE・・が存続されるのか不明でした。 現在はトロント以外の2都市でもこのCARE・・が展開されており、なかなか上手くいっているようです。)

このパーティー、私のトロント時代の仲間が集まるのだったら行ってみようかな?と考え中です。

コ メ ン ト

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

cNO

こんにちは、初めまして。ゆかいいます。care for nursesの記事読ませていただきました。私も今cno に申請中です。なのでちょっとお聞きしたいなとおもいまして。
申請から結果までどのくらいかかりましたか?

メールで

質問されたことを書いて送信しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク