今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

午後9時30分 後編

線路の向こうに見える点滅している幾つかの赤い光・・・

あたりは真っ暗なので、何が起こっているのがよく見えません。

「電線にトラックか何かが当たって火花が飛んだんだよ。 あれ、消防車じゃないかな?」 自転車のお兄さんが言いました。

言われてみれば消防車のようにも見える・・。

「なんだか良くわからないけれど、誰かが騒音の原因となった問題に対処してくれているならまず、安心だわね。」
自転車のお兄さんの説明で、「そうなのかー」と思い、そしてジョーンさんの言葉に納得し、みんな家に戻りました。

・・・・・・・・・・・・・

翌朝・・・

新聞を取りに玄関へ出るとお向かいのピーターさんが家の前で庭掃除をしている姿が見えました。

いつものようにピーターさんに手を振って挨拶すると

「昨日の見た??」とピーターさん。

「もしかしてあのズズズズーって音と青白い光?」

「あれねー、あのへんにある変圧器に大きな火花が飛んだんだよ。で、変圧器が燃えて消防車がきたんだ」

「もしかして車で出かけたのはあれを見に行ったの?」

「そうだよ。」


さすが「ご近所ブロードキャスティング」のピーターさん。

↑このご近所界隈のことをほとんど知り尽くしているピーターさんを私はこっそり「BBCのピーターさん」と呼んでいます。

英国のBBCじゃなくてー
Bは私のすむエリアの頭文字のB,で、BCはブロードキャスティングね♪

彼は「ズズズズ・・」の後、現場に駆けつけて事の成り行きを見物してきたんですって。

変圧器のあるあたりには某事務所がありまして、その事務所にたまたま残っていた職員が消防に通報し、早急な対処がされたそう。 幸い怪我人はなし、変圧器の事故でしたが、このエリアでは停電も無かったんですよ。 しかし、変圧器の事故であれだけ大きな騒音と地響きがするなんて・・電気って怖いなーと改めて実感しました。

あー、大事にならなくて良かった・・・ホッ。

というわけで地響き、騒音、青白い光の謎は一夜あけて解明したのでした。



コ メ ン ト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク