今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

オタワ発プリンスエドワード島 ドライブ旅行 その7

6日目。

今日からオタワ向けて帰路の旅・・です。

午前中にシャーロットタウンを出発し、向かう先はニューブランズウィック州のHopewell cape
ここに「観たいもの」があったので寄り道がてらのミニ観光をしようと思ったのです。

前から気になっていた The Hopewell Rocks 一度、この目で見てみたいと思っていました。

駐車場に車を停め、入場料を支払い、テクテクと歩いてゆくと・・

見えました!

2011june55

2011june56


おおっ、ついに! 水辺まで行くのが待ちきれません。息切れしながら坂道をくだり、前進~。

2011june57

おおきいなぁ・・・。

2011june58

満潮と干潮の差がはげしいためか?と思うようなところに海草があったりしました。この水辺も、満潮の時間には「海底」になるのだな・・。


2011june59

時間が限られていたので、ささっと見学して、再びオタワに向けて運転~。今日の目標は、最低でもフレデリクトンまで、です。 でも、来るとき、ケベックシティからフレデリクトンまでとーっても長く感じたので、出来ればフレデリクトンからもう一時間くらい先まで・・と思っていました。 で、結局は、一時間余計に運転し、Woodstockという街まで。ここでは高速沿いのモーテルに宿泊しました。 モーテルにチェックイン後・・なんだか寒くて仕方ありません。 お風呂で温まろうと思い、浴槽に漬かっても、それでも寒いのです。

「なんでこんなに寒いんだ~?」 背中や手足が寒くて、お風呂上りにヘアドライヤーを使って身体を温めました。「こんなときは寝るに限る!」・・お布団に入って寝付いた数時間後、吐き気で目が覚めました。 あんなに寒かったのに、汗をかいていて、知らぬ間に毛布を蹴飛ばしていました。(笑)

まずい・・・  実は・・この日の午後くらいから胃がもたれていたのです。 高速での単調な運転では眠くなると思い、コーヒーを飲みすぎたのかと思っていたのですが、コーヒーのせいではなかった、とこのとき認識・・。

「吐くかな? でもなんだかヘン~」 そう思いながら解熱剤を少量の水で服用し、再度お布団へ・・

翌朝・・・熱は下がっていました。 吐き気も無し。だけれど下腹部がシクシクします。

島で食べたムール貝にあたったか???

こうしてシクシクしたお腹を抱え、7日目の朝を迎えました。
さて、7日目。 目標はケベックシティまで。 (行きと帰りの目標地点をリバース)
ケベックシティに入る前、携帯電話でホテルの空きを問い合わせると・・宿泊を計画していたホテルのお値段があまりに高かったので却下!だって寝るだけなのに300ドルって・・と貧乏ナースの私は二の足を踏んだのですよ。(笑) ケベックシティからオタワに向かう途中でどこかのモーテルに泊まればいいや・・とさらに運転を続けました。 途中、時計を一時間戻したので多少、強気?になっていたのか、気がつけばそこはモントリオール。
モントリオールで一泊しようか?でも2時間運転したらオタワに着くんだよな・・・。そう考えながら、モントリオールで軽い夕飯をとりました。 レストランで食べたのは・・まだお腹がおかしかったので、私が注文したのはベイクト・ポテトにサラダのみ。 食事を終えると午後9時。 

あと2時間運転すればオタワ・・・どうしようかな? 泊まろうかな? 適当にホテルを探してみようと思い、市内を運転していたら・・・路上駐車で車が道の両端にびっしり。 道路は工事中で、しかも一方通行の道。おまけに私は道がわからない・・GPSは工事中で迂回するたびに指示を出す・・こうして20分くらいうろうろし、「もういい!」と 私はオタワへ向かう高速へ向かいました。

普段はのんきなのですが、こんなとき、私って短気なのかな?(笑)

さて、日が暮れてのモントリオールーオタワ間の高速道路・・・街から外れると道が真っ暗!
街灯が皆無といっていいでしょう。 道沿いの反射板と自分の車のヘッドライトだけが頼りです。
「こんな真っ暗な中、高速で運転は怖いな~」と恐る恐る運転していたんですよ。
あと一時間くらいでオタワに入るな、というとき、一度休憩をしました。 Alexandriaという街で降りて、飲みもを買いに行こうとおもったんです。 高速をおり、お店に向かうと・・まぁ、この道も真っ暗だったんですが・・暗くてよく見えなかったのですが・・・通り過ぎてから!!! 

なんと路肩に大きなトラックが落ちかけていたのです!!

そのままバックしてトラックの運転手さんの無事を確認するわけにも行かないので、とりあえず飲み物を買ったあと、その場に戻ってみました。 運転手さんが無事だったのですが・・

この運転手さん、ちょっと抜けているというか・・・

路肩に落ちてこまっているんだけれど、誰を呼べばいいのかわからない・・
って、ずーっと運転席に座っていたんですって。 

あらら~と思い、再び飲み物を買った売店へ行きました。 お店の店員さんに事情を話し、牽引車を呼ぶようにお願いしてきたのです。 この売店はガソリンスタンドもかねており、トラックの運転手さんなんかが良く利用しているような場所でした。 そして。。ふたたび運転手さんのところへ行き「牽引車を呼ぶようにお願いしてきたからね~」と告げ、私はオタワへの道へ・・

オタワ着午後11時30分。

Woodstock から 我が家までの距離は約920km・・・ 私、一日でそんなに走ったのね・・。

出発前と帰宅直後の走行距離をみると・・

今回のドライブ旅行は走行距離を3000km 超えていました。

2011june60

さてさて・・帰ってきた翌日の朝、ペットホテルへフラフィーとはなを引き取りにいきました。
このペットホテルには。「猫のスペシャリスト」という方がおるのですが、この方が「フラフィーは、今までみた猫の中で一番難しかった」と・・

引き取る際もフラフィーにてこずり、私が行ってもフラフィーはケージの奥で「シャー」と威嚇し、出てこようとしません。 仕方がないので・・毛布でフラフィーをくるんで、抱き上げ、車まで連れていきました。 トホホ。

以上、長距離ドライブ旅行報告、終了~。

コ メ ン ト

No title

すごく写真がきれいで…うっとりしました!
本当に絵葉書のような景色なんですよね。
木々の緑と赤い大地

もう一度
ゆっくりと時間をとって行って見たくなりました。
今度は、ニューファンドランドまで足を伸ばして見たいなぁ。
職場にすごく素敵なニューフィーナースががいるんです。

1日で920km!

すごいです、しかも途中で人助けもして(偉い!Topiさん)。とにかく体調不良なのに無事にそれだけ長距離を運転して帰ってこられた精神力に乾杯!v-275お疲れさまでした。

No title

えれんさん

PEIの素敵な景色は、車を運転して「きゃ~♪」ってな感じでした。いい景色だな、写真を撮りたいな、と思っても一車線の道じゃ、路肩に車を停め難く、赤い大地と緑の草原、青い空の風景は私の記憶の中にだけになってしまいました。 春~夏のPEIは素敵ですね。またいつかゆっくり出かけてみたいです。 ニューファンドランド、良いですねぇ。私も機会があったら行ってみたいな。 


みんみん師匠~

師匠から譲り受けた「みんみん号」がついに6万キロをこえましたよ~! 私も自分であんなに運転したのかと、びっくりです。 あれだけ運転したら、さすがにモントリオールを過ぎた頃からは、目の調子がおかしくなりました。 寄せる年波には・・(笑)  食あたりは、一週間ほどお腹がシクシクしただけで、下痢無く、軽い程度でおさまってよかったですー。 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク