今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オタワ発プリンスエドワード島 ドライブ旅行 その5

4日目。

ホテルの近くに良さそうなカフェを見つけたので、そこでランチをとりました。



北米らしくない店の雰囲気で、余計目を引いたんです、このカフェ。
店内の壁に貼られた新聞の切り抜きをみると、このカフェの記事でした。

ドイツ人カップルが、プリンスエドワード島に英語を学びにきた際、島に惹かれ、ここでカフェをオープンした、という記事でした。 カフェのメニューはすべて手作り、パンも、スープもデザートもすべて! スープも時間をかけて作ったもの、科学調味料等は使っていません、と謳っているお店でした。



2011june031


Leonhard's Cafe & Bakery

サラミのサンドイッチと豆のスープ。 パンはドイツっぽい硬いパンを選びました。 美味しかったです~。
デザートも店内で売っており、あまりに美味しそうだったので、テイクアウトしてホテルの冷蔵庫へ・・(翌日のおやつにしました♪)


さて!午後・・この旅行の最大の目的&任務決行! 

何??ってね、結婚式への参列ざます。

ランチ後、車で市内のカソリックの教会へ。
教会で行われる結婚式って、初めての参列だったので、ドキドキだったんですよ。
どんな格好したら良いのかな?と実はちょっと悩みました。結局私は黒のワンピースを着ていったのですが、周りにそれなりに溶け込んでいました。(ホッ)

さて、結婚式ですがー。
映画なんかで見たとおり、新婦は、父親と一緒に入場~。
参列者のみなさん、通路を歩く新郎、新婦の写真を撮っていましたー。

画像はメイド・オブ・オーナーが、サインしているところ。

2011june032

そして式の後は、レセプション。日本でいう「披露宴」かな?
オタワくんだりから式に参列し、新婦も新婦側のご両親も大変喜んでくれました。(私は、新婦側の家族と交流があり、結婚式におよばれされました。)



昔から不思議に思っていたんですが・・・

なぜ? 花嫁と花婿は、式のあとダンスしなければならないのか???

ファーストダンスと呼ばれる新郎と新婦のダンス、どんな意味が含まれているのでしょう?

2011june034

新郎、新婦のダンスの後は、新婦が父親とダンスします。

2011june033

このときの父親の心境って・・・・・なんでしょうねぇ。

私も新婦の姿を見て「立派なレディになったなぁ」と感慨深かったです。
初めてあったとき、彼女は小学生で、セーラームーンが大好きで、あのちっちゃかった女の子が立派に成長したなぁ・・。

食事、スピーチ、余興のようなものが終わったあと、ゲストは各テーブル間を行ったりきたりで、挨拶したり、おしゃべりしたり、 お酒を飲んだり、踊ったり・・とレセプションは通常、深夜近くまで続くそうです。 (ということは、日本のように二次会、三次会というのは無いんですねぇ。)  私はあまり遅くならないうちに、退席しました。 

こうして4日め終了!

翌日は、島の観光予定~。

コ メ ン ト

お疲れさまでした!

2泊で片道、という旅程でよかったですよね。1泊2日じゃ無理、といった意味がお分かりいただけたと思います。結婚式って私も数回しか出たことないのですが、やっぱり日本のと感じが違うなぁ、って文化の違いをしみじみと感じました。

No title

みんみん師匠~
今回の旅についてのアドバイスをありがとうございました。NB州を走っていて「ああ、みんみん師匠も数年前はこのなが~い道をひたすら運転したのだろうなぁ」なんて考えていましたよ!  実は・・諸事情が重なり、帰りは一泊二日で帰ってきました。 私って、タフなのかも?(笑)

結婚式ね、師匠に鍛えられた技を駆使して着物を着ようと思っていたのですが、カナダ人だらけの中に着物を着ていったら、花嫁以上に目立つと思い、今回は洋服にしました。 結婚式ってカナダだと個人により様々で、面白いですよねー。 おばあちゃんの別荘の裏庭で式とレセプションをした人とか、日本では考えられないやり方で、興味深いですー。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。