今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドボの素

フィリピン料理のアドボ。。私が作ったらイマイチだった、と前回ここで書きましたよね?

で、いつもアドボをおすそ分けしてくれる職場の介護師さんに「アドボを作ったけれど、あなたが作るように美味しく作れなかったのよ~」と話したんですよ。 そうしたら・・・

中華系のお店でこんなの見つけた、ととあるモノを頂きました。

フィリピンの「味の素」的な会社?のMama Sita’s の「アドボの素」です。

mamasita's

中身はパウダー状のようで、水で溶いて、お肉をマリネした後に加熱するだけという便利ものです。 まだこれを使ってアドボを作っていないのですけれどね。 そうそう、前回アドボの材料に書き忘れましたが、しょうがのスライスも入れるんです。 このアドボの素1袋でお肉は1キロ必要のようです。 1キロ分のお肉・・う~ん一度作ったらもう3日は食べれるでしょうね、3日目あたりは泣きながらアドボを食べていたりして・・。


さて、久しぶりのにゃんこ画像、いってみましょう~♪

ふふっ、この画像、遠近法でフラフィーのおデブ加減をカバーしています。 フラフィーとはなが同じベッドで寝る時は、大体こうしてある程度の距離をおいて寝ています。

2010sep009




フラフィーのおデブ加減をお披露目しようかと、フラフィーにズーム! ってか、肝心のビッグな下半身が写っていませんでした・・スミマセン。

2010sep010

やがてカメラのシャッター音で目を覚ましたお嬢さん達・・
寝起きの人相が悪いのは親(私)譲りのようです・・。


2010sep011


コ メ ン ト

アドボ

アドボ フイリピン料理なんですね

食べてみたいもんです。

No title

こだますさん~

アドボは鶏肉、豚肉なんかで良くつくるんだそうです。 私は鶏肉のほうが好きです。 材料は日本でも手にはいるものばかりなので、日本でも手軽に作れると思いますよ。 私が最初に作ったアドボはアジア料理の本(北米の出版)を参考にしたものです。なので味がいまひとつだったのかも。 さっきネットで調べたらレシピを見つけましたので、これからブログにUpしますね。 フィリピン人の方に伺うと、ソースは自分の口で味を見て、調味料なんかを加減するんだそうです。 アドボってご飯に良くあいますよ! 是非こだますさんもチャレンジしてみてくださいね。食の専門家のこだますさんなら、きっと美味しいアドボになるだろうな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。