今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

キャラメルのダミー?

久しぶりに仕事関係のネタ。

施設の入所者さんに飼われている猫のキャラメル、覚えているでしょうか?
キャラメルの飼い主、Pさんは頻繁に「私の猫はどこ~?」とスタッフに尋ねます。 キャラメルの姿を見たいときに見れないと、不安で不安で仕方がないPさん。 しかし、不安そうに大きな声でキャラメルを探すPさんのところへキャラメルは近寄りません。(猫を飼っている方なら、これがなんとなくわかりますよね?) 

そんなPさんを不憫におもってか、週末にPさんの息子さんが「猫の置物」を持ってきました。
Pさんの部屋のクローゼットの前にこの猫の置物はおかれています。 まあるくなって寝ている姿のネコの置物なのですが・・・暗闇でみると、本当の猫かとおもいました。 巡視していた私でさえ「あれ?なんかキャラメルちっちゃくなったな?」なんて思ったんです。(笑)

時々、Pさんはキャラメルの事が心配で寝られなくなります。
昨夜のことです。巡視している私にPさんが尋ねてきました。

「私の猫、どこ? 私の猫死んだの?」

Pさんは私の背後の猫の置物を見ていました。

「私の猫、撫でてくれない? 私の猫、死んだの?」

どうやらPさん、猫の置物をキャラメルだと思い込んでいたようでした。
猫の置物がぴくりとも動かないのでキャラメルが死んでしまったと思っているようでした。
私が猫の置物を撫でたら、猫が動いて生きているというのを確認できると思ったのでしょう。

「私の猫、どこ~?、死んだの~?」ますますエキサイトするPさん。

時々私がPさんへするように、この時も指先を口にあて「し~っ。静かにしないとキャラメルが怖がって部屋に来ないよ」と諭そうとしたのですが、エキサイトしているPさんは不安の全力疾走?なのでしょう。

「私、猫を怖がらせたりしないもの!」と逆ギレ。(汗)

あいにくキャラメルは、こ興奮している状態のPさんのところへは絶対に近寄りません。
Pさんが興奮しだすと、キャラメル、部屋から出て行ってしまうんです。

興奮しているPさんを落ち着かせるには、キャラメルの姿を見せるしかない・・・

私はキャラメルを探しに行きました。
私とキャラメルには暗号のようなものがありまして・・・とあること を私がすると、キャラメルが一階の中心にあるナースステーションの前までやってくるんです。 

「キャラメル~」と名前を呼び、いつもの暗号を出した数分後、やっとキャラメルがナースステーションに登場!最初にキャラメルを撫で撫でし、「お母さんが会いたがっているから、会いに行こうね」とキャラメルを抱っこしてPさんの部屋へ戻りました。

「ああ、私の猫!」 キャラメルの姿をみたPさん、百万ドルの笑顔でキャラメルを撫ではじめました。

「し~っ、静かにしようね、でないとキャラメル、部屋から出て行っちゃうよ」 という私に、今度はPさん、理解してくれたようです。 声を低くし、「私の猫~」とキャラメルの無事を確認し、大満足。


こりゃ、しばらくキャラメルをPさんの部屋に軟禁したほうがいいかも・・・。 Pさんが不安で仕方が無いとき、私はキャラメルを数十分Pさんの部屋に軟禁します。 で、Pさんが落ち着いた頃にドアを開けてキャラメルが自由に動き回るようにするのですが・・  キャラメルもうちのフラフィーのように、なんと! 頭の力でドアを開けましてね・・・Pさんの部屋から抜け出しました。  ああ、Pさん、また大きな声をだして騒ぐかな~と不安だったのですがーーーー大丈夫でした。Pさんは、一目キャラメルの姿を見て、安心したようです。

実は週末もPさんから「私の猫、死んだの?」と言われたんですよね。 Pさんの息子さんが、良かれと思って持ってきた猫の置物が原因で「キャラメルが動かない=死んだ」というアイディアが沸いたのでしょうか。 自分も猫好きゆえ、Pさんの事を思うと複雑な心境です・・・。

Facebook

言わずと知れたFacebook。 ここ数年、日本でもポピュラーになってきたのでしょうか? ミクシィのほうがまだメジャーなのかな?

私がFacebookに登録したのは5年くらい前かな? 当時は写真を親しい人たちと共有するためだけに利用していました。 Facebook を利用している人ならわかるでしょうが、メールアドレスからFacebookに登録している知人、友人を探せるんですよね。 もちろん、名前からでも検索できますが・・。

前置きが長くなりましたが・・

昨年あたりから、懐かしい人たちからFacebookを通じて連絡がくることが多くなりました。

10年以上前にクラスメートだったR。 
すっかり彼のことを忘れかけていたのですが、突然Facebook経由で連絡が! 
私は今でもR と Lの発音がままならないのですが、いつも彼の名前を間違えて発音していたな~、なんて思い出しました。  
 
ESLのカレッジ、大学準備コースで必死こいて勉強した仲間のD と J。

私のトロント時代の勉強仲間、SとK。  

R以外の友人らは、すべてオタワにはいないので、会う機会が殆ど無いのですが、一緒に努力して苦労した当時の仲間とFacebookのおかげで再びつながりが出来てうれしいなぁ~と思います。 でもFacebookって、ミクシィもそうだけれど、不必要な機能が沢山あって、邪魔だなって思うこともあります・・。って私がおばさんだからそう思うのかも?! 

春の気配

いつもは日中、寝ている私ですが、本日、諸事情により起床午前4時30分。 その後、お昼過ぎには、ぽかぽかしたお日様を身体で感じました。 春分の日なのに雪なんて~と鬱々していた私ですが、こうして日中のお日様にあたると「ああ、オタワにも春は確実に近づいている」と感じました。 久しぶりにみたオタワ川も、なんだかとっても素敵に見えました。

昼間に起きていると、こうして季節をもっと身体で感じられるんですねぇ。 

日本では、もう桜が咲き出したようですね。

震災後の日本はまだ混乱し、被災者の方も大変な状況でしょうが、春がくれば少しは気持ちがポジティブになれるかも?なんて思った今日の午後・・・。

back to home

日本の大震災後、遠く離れたカナダに住む私も気の休まることがありませんでした。 

避難所生活していた姉ですが、本日無事、自分の家に戻ることができました! 家のダメージについてまったく触れない姉のメールで、ちょっと不安に思っていたんです、実は。 だってね、姉の住む村の画像をネットでみるとものすごいダメージなんですもの。  

で、姉の家はどうだったかというと・・お風呂場に亀裂がはいり、お風呂場は使えない状態だそうです。お風呂が使えなくても、自分の家で生活ができるような状態でよかった、と一安心。

田舎の母も今頃、ホッとしていることでしょう・・。

日本 大震災

こちらでも東北地方太平洋沖地震のニュースが毎日のように報道されています。 

最初のニュースが流れて以来、私もあわただしくしていました。 

仕事中に同僚がニュースを教えてくれたのです。 仕事中ですので、ニュースをかじりついてみるわけにもいかず、帰宅後、ネットで調べてみました。  そうしたら・・・私の田舎にも津波の警報が!

あわてて実家に電話しても、電話は鳴り続けるばかり。
田舎の妹の携帯に電話しても電話が通じません。

どうなっているんだ??? とても不安になりました。

その後長野の姉にメールをし、姉も色々手を尽くし、田舎の家族は避難しているという情報を確保。
姉と「無事に避難しているみたいでよかった」とお互い安心し、私は布団へ入ったのですが・・・

その後、寝る前までメールをやり取りしていた姉のところへ地震が直撃したと発覚。

次々と流れてくる日本のニュース・・・

やがて実家の家族は非難勧告が解除され自宅へ戻れました。
姉は「今、避難所にいる」とメールがあったきり、それ以来連絡が取れず。
(その後連絡が取れるようになりましたが、連絡が取れない間は不安で、不安で・・)

こうして精神的に私も動揺している時期に、なぜか仕事もあほのように忙しく、精魂尽き果て・・・。

疲れがたまっていたのか、今日は仕事の後、吐き気と頭痛が。
これはまずいなーと、薬を飲んで、帰宅後すぐに寝ました。


あ、姉家族ですが、現在避難所暮らしで、みんな無事です。 今日の時点で郵便、宅配のサービスが機能するようになったそうです。 避難所では電気が使えるそうで、水は給水トラックが運んできてくれるそう。 「想像しているよりも環境はよいよ、毛布もあるし、建物の中は暖かいし、食べ物も水も十分にある」とのこと。ご近所の街から炊き出しなんかもしてもらっているそうです。
姉のところには良く遊びにいったので、地震でダメージを受けた「見慣れた風景」を見るのはなんともいたたまれない気持ちでした。 当事者の方たちの精神的、経済的ダメージは計り知れないでしょう・・。 幸いにもこのエリアで死者はなし。「命があるだけでもよかった」とコメントされていた方がいました。


今回の震災で不幸にして亡くなられた方のご冥福と、被災地の復興が一日もはやく、と祈っています。



ぬか喜び

はい、今日ははなの登場~♪

2011jan006
気温の上昇と雨のおかげで雪がとける~と喜んだものつかの間・・

本当につかの間でした。 だってその日の夜に雪がどんどこ、どんどこと積もるんですものー。(涙)

「春の外遊び」が待ち遠しいはなも、すっかりうなだれています。


「おかあちゃん、まだ外には芝生が見えないよ・・」2011jan005

ひさしぶりのフラフィー画像

3月にはいり、まだまだ氷点下~とおもっていたら今日は6度くらいだったかな? おまけに雨でしたので、雪がかなり融けて、道はべしょべしょでした。

今日はやっと重い腰をあげてデジカメのドライバをおんぼろコンピューターにインストール。 というわけで久しぶりの画像~。


これ↓は1月のフラフィー。 (クリスマスツリーをかたす前に撮ったものです。) 

2011Jan001

寒いのに、外に出たがるんですよね・・裏庭へ一目散に走っていった彼女・・何をみているのでしょう?

2011Jan002


オマケ・・フラフィーのセクシーなおしり♪ ラズベリーの枯れた枝に尻尾をからませています。

2011jan003

そして・・・これが例のニュートロジーナのハンドクリーム。 
2011jan004

教えてくださった まおまおさん ありがとうございました~。とっても使い心地が良いです~。 でもまおまおさんのお住まいの国からだと、FC2のブログがみれないんですよね・・。

料理

いつも美味しそうなご飯♪をブログで披露されている りぼんねこさん に刺激され、なるべく料理するようにがんばってみました。

・・・ここ最近作ったもの・・・・

以前書いた「手抜きBBQチキン」 手抜きだけど、ちゃんと作っているでしょ??

缶詰のたけのこを利用した「たけのこご飯」

サーモンの缶詰を利用した「フィッシュ・ケーキ」 これはサンドイッチにしたらGood でした。

シーフードミックスを利用した「海鮮?お好み焼き」

バナナとチョコレートチップの「バナナブレッド」  これは私の十八番ベーキング♪

昨日は・・疲れていたので普通のカレー。これにはブロッコリ、マッシュルーム、セロリなんかも入れてみました。

今日は・・セールで買った豚の塊肉。これを薄切りにして肉じゃがにしようかな~?
週末はシェパーズパイにしょうか。

うん、今週の私、料理をがんばったな、と思いますー。









春分は新年

3月突入。本日ひな祭り。  先週は「ひな祭りにはそれなりにお飾りをして~」なんて思っていましたが、今年も・・特に何も無しです。 お風呂場のコーキング剥がしで、すっかりひな祭りが頭から抜けていました。 我が家の二匹のお嬢さんにちょっと申し訳ない気分が・・。  (でも猫用おやつをあげたので、良しとしましょう)

また前置きが長くなってしまいましたが・・・
もうじき春分の日。
友人にニューイヤーのカードを送ろうかな?と考えているんです。
この友人は私のトロント時代の友人で、イラン人。 イランの新年は春から始まるんです。

余談ですが、私ね、日本の友人、知人に年賀状すら出していないんです・・(汗)
年賀状+クリスマスカードを出した、と思っていたら・・宛名が書かれた封筒を部屋の隅に発見したのは2月・・
よし、この週末・・出せなかったカードを書き直して投函! を目標にしますぅ~。

カリカリ、カリカリ・・・・

やはり我が家は呪いの館?なのでしょうか?

以前から気になっていたのですが・・・・・・・・

昨年レノベーションした地下のメインバスルーム、またしても問題発生。

バスタブと壁のタイルのところのグラウト(ネジメのこと)に亀裂が・・透明のシリコンのコーキングの上からでもわかるくらいになったんですねー。 これはまずいです。 亀裂したグラウト、浮いたコーキングの箇所から水が入ったら・・カビの宝庫になってしまいますもん。


てなわけで、帰宅後、着替えもせずに地下へ直行。
ナイフでコーキングを外しにかかりました。

が・・・! 

これが凄く時間がかかるんです。 グラウトもぼろぼろ落ちてくるし・・。

これは専門の人に直してもらったほうがいいのか?と電話帳で業者さんを調べて伺ったら・・・

バスタブと壁の間のタイルにグラウトは使わない・・・と判明。

最悪の場合は壁のタイルに亀裂がはいるらしいです。
バスタブへお湯をいれ、そこへ人間の身体の重みが加わると、グラウトで固定されたタイルとバスタブはその重み意を受けて亀裂が入る=壁のタイルもそれに伴い下に引っ張られる・・ということで、タブとタイルの壁の境目は「コーキングのみ」 でシールされるらしいです。  ああ、またしても例のコントラクターさん・・・この箇所でも本来あるべきであるやり方で作業をしていなかったんだ・・・とがく~ん。 (涙)

てなわけで、今朝は夜勤あけの老体にムチを打ってコーキングはがしをカリカリとやっておりました。コーキングってピ~ッと剥がれた!と思ってもナイフでカリカリ削ると結構タイルに残っているんですよね。 ま、これは私が自分でへたっぴなコーキングをしたせいかもしれませんが・・

実はもう、家のことでほとほと嫌になり、この家を買ったときにお世話になったリアルエステートのエージェントさんに相談したんです。 「家を売ろうかな・・」って。 そうしたら・・今家を別に買ったとしても、どうしても直す箇所が出てきて、また余分な出費がかかる、ここまで今の家をレノベーションをしたんだったら、問題のあるところだけささっと直して、しばらくこの家をエンジョイしたら・・・って。


確かにそうなんです。 たまたまご近所のオープンハウスなんか観にいくとね、お風呂や床やらファーネスやら、もしその家を買うとしたら直さなくちゃ、って状態の家がほとんどなんです。

私の家ってついていないんですよね・・

家を購入直後、冷蔵庫の水漏れ(こっちでは電化製品を含めて家を売る場合がほとんど)冷蔵庫の買いなおし。
台所の換気扇が壊れ、換気扇を新しいものに交換。
メインフロアのトイレが逆流し、地下のバスルーム、洗濯室へ浸水。
大雪で屋根に積もった雪の重みで居間の天井に亀裂、居間と寝室の窓枠から水漏れ。
急激に雪が溶け出し、その雪解けのおかげで地下室浸水。

レノベーションした箇所・・
玄関のタイル。 これが唯一問題なしのレノベーションでした。
一階のシャワー。 一段高くなっている場所のタイルが亀裂。
一階のシャワー以外の場所のレノベーション。→問題アリアリでした。
地下のレクルーム。電気系統に問題あり、天井の始末の仕方に手抜きアリ。
地下のメインバスルーム。これも問題アリアリ。

ああ、神様は、私にまだ試練を与えるのでしょうか?


 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク