今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

プリペイド携帯電話

譲ってもらったプリペイド携帯電話・・。
先日これを譲ってくれた友人から「そろそろアクティベイトしないと、アカウントが閉鎖になるから、10ドルくらい入れておいたほうがいいよ」と教えてくれたのです。 この週末、プリペイドの10ドルのカードを買って、アカウントに入れようとしたら・・・20ドルから50ドルの範囲でしか加算できません・・って!


なんだこれ~? だったら10ドルのプリペイドカードを売っている電話会社のほうがおかしいじゃないか!!

ブツブツ。

昨日、HomeDepotでバニティの鏡を買いにいき、気に入ったのがあったので、それを買おうと思ったら・・
展示していたおはもう、生産されていなく、しかも在庫なしの鏡でした。 ならば張り紙して在庫なしだとか、生産中止だとか、買えない旨をお客さんにしらせないさい~!!と思った私。

ああ、やはりカナダ・・

ブツブツ・・

限界

昨夜は相棒RNのPが欠勤で、私一人で全フロアをカバーしなければなりませんでした。 過去に何度も一人夜勤務をさせられ、ああ、また昔に逆戻り~。 んで、こんな夜に限って盛り沢山なんですよね。

COPDで余命数ヶ月と言われたMさん。心拍数↑↑↑。 状態が悪化したら病院転送、と準夜から報告あり。まずはMさんを最初に見にいかなくちゃ、というとき、一階の入所者、Vさんが胸痛あり、と介護師から電話で報告。同時に別の入所者Rさんが倒れている、と別の介護師から報告。 

このときの私の心境、わかってもらえるでしょうか?

もちろん、このほかに状態観察が必要な入所者さんがわんさかといたわけです。 

午前7時近くになっても仕事が片付けれず、たまたま早めに出勤してきたADOCに直訴。

私はキレてしまったのです。

こんな状態では私はもう、働けない。 自分にとっても入所者さんにとっても安全ではない。 もし、またこんな状況で一人で夜勤させられるとしたら、次回は仕事を放棄して家に帰る!と勢いあまって言ってしまいました。

もちろん、入所者さんを目の前にして仕事を放棄なんてできないんですけれどね。今までたまっていた不満が爆発した私はそう言ってしまったのです。

やがてDOCも出勤してきて、昨夜の状況を報告しました。結局は人手不足で、夜勤をしたいナースが見つからない、マネージメントの意思であなたに一人夜勤をさせているわけじゃない云々・・・と口説かれたわけです。

もし、万が一、私一人だけの夜勤で入所者さんのケア、アセスメントに手が回らず、なんらかの悪い結果になったら責任を問われるのは私です。 DOCに「同じナースとしてもし、あなたが私の立場だったら、私の心境を理解してもらえると思います。」 と〆て退勤してきました。昨年D(同僚RN)が辞表を出した時点で欠員を埋める手立てをせず、ほかのRNと私は一人夜勤をさせられることが頻繁になりました。 ほかのRNと私はお互い疲れきってしまい、労働組合を巻き込んだ結果、RPNを深夜につけてくれるようになりました。今まで4名のRPNが深夜勤務しましたが、そのうち三名はナースとしての知識、スキル、技術、価値観がスタンダード以下で、彼女らにフロアを任せるには安全上問題があり、結局一名のRPNが残っただけになりました。

私は自分の仕事が好きです。 でも、この職場環境で仕事を続けていくのは厳しいな、と最近強く思うようになりました。


ビクトリア・デー

月曜の本日、ビクトリア・デーで世間様はお休み~。 

今日はお天気がとってもよくって、フラフィーやはなと外で遊ぼう~と思っていたら・・・二匹とも居間のイスで寝っぱなし・・・。ぽかぽかして開けた窓からそよ風が入り、気持ちがいいんでしょうねぇ。二匹ともとても気持ちよさそうに寝ています。 

さて、私ですが、先週の月曜から土曜まで6日通しで勤務。しかも職場はものすごい状態で、各勤務帯がカオスで信じられない状況でした。 日曜の朝、帰宅直後、泥のように眠りました。

こんなにお天気の良いビクトリア・デー。 今夜の勤務もすごい事になるのだろうか、と考えるとちょっと憂鬱。

外遊びに連れて行って~

春の陽気でフラフィーもはなも外に出たくて仕方が無いこのごろ。 はなは外に出たいあまりに玄関へのドアをシャカ、シャカ、シャカと前足で叩き、その音で寝ている私は目を覚ます事が度々です。 外に連れて行きたいけれど、除草剤をまいたのでしばらくは駄目よ~。といっても猫さんにそんな事を理解はしてもらえません。

玄関前のドアでミャオ~ンと泣くフラフィー。
そしてドアを叩くはな。

すまない、わが娘達よ、もうすこし辛抱して頂戴な~。

この週末には裏庭でフラフィー、はなとシャボン玉で遊びたいな。
でも日曜は雨らしいのよね・・。

ストーブ

数週間前のことです。 食事をつくる体力、気力が無かった私は冷凍のピザをごはんにしちゃえ、とオーブンでピザを焼きました。 いつものように設定温度にオーブンをセットし、タイマーをかけてピザができるのを待ちました。

タイマーが鳴り、「ピザだよ~ん♪」オーブンからピザを取り出しました。 ピザカッターで一切れきり、お皿にもってパクリとしたら・・・ピザの生地がカリカリじゃなくて、まるでホットケーキのように焼きあがっていたのです。この時、私はまだ気がつきませんでした。

その後、ある日急にカップケーキというものを焼いてみたくなり、さささ~っと生地をつくり、型にいれオーブンでレシピ通りに20分焼きました。 タイマーが鳴り、オーブンを開けるとふっくらと焼きあがっているはずのカップケーキはまだどろどろ。 おかしいなぁ?! でも北米で挑戦したレシピって作り方どおりにやっても上手くできないことが何度かあったので、この時も私は問題にまだ気がつきませんでした。 そしてこの話を元・スー・シェフの同量に話したところ・・オーブンに問題があるんじゃないか?と指摘されたのです。

しかし、相変わらずニブい私はピンとこなかったんですねぇ。 この後、バナナブレッドを焼いたのですが一時間焼いてもバナナブレッドはいつものように焼きあがりませんでした。


この時、私は「オーブンに問題がある」ということをしっかり認識したのです。←普通なら、もっと早く気がつきますよね。昔から私は変なところにはカンが利くのですが、こうしたことには疎いんです。


というわけでオーブンを買わなくてはいけない状態になりました。 この数日量販店なんかでオーブンを見てきたんですけれど、色々あって迷いますねぇ。 あ、ちなみに北米で一般的にはストーブ(コンロが4個)+ 下部分がオーブン というモノをストーブと呼びます。 私はこのストーブのオーブン部分に問題があるというわけです。 オーブンなんかあまり使わないから平気だも~ん、と思っていたら・・これが無意識のうち、結構使っているんですねぇ。料理しよ、と思うとオーブンが必要だったことがこの1週間で数回あったのです。 これはちゃんと機能するストーブを手にいれなくちゃ、やっぱり不便。

ということで、またしても臨時の出費が~!(涙)

e-MAR

職場でMARの電子化に伴い、スタッフへの電子MARのトレーニングが始まりました。深夜勤務の私はそのトレーニングに出席するため、今日、明日の2日間は昼間に職場でトレーニングです。ここ何年も昼間に働く、ということをしていなかったので、気分はもう、ドラキュラですよ。 昼間のお日様がまぶしくて涙がちょちょぎれ。←ただのアレルギーなんですけれどね。 トレーニングの休憩時間に職場の裏庭に回り、日向ぼっこしたんですけれどね。 お日様にあたるって、なんて気持ちが良いのでしょう。 日向で気持ちよさそうに大の字になって寝転ぶフラフィーの気持ちが良くわかるわ~。 な~んていい気持ちでいたら芝刈り機がやってきて、轟音と埃が・・。(涙)外でお昼ご飯を食べようかな、と思っていたのですが、これじゃ無理~と施設内に戻りお昼を摂りました。

午後からのトレーニング中、DOCがちょこっと顔を出し、小さな紙切れを私と同僚RNのMに見せました。
午後2時30分、すべてのRNはカンファレンスルームにくるように、と書かれていたのです。 あああああっ! トレーニングの時間を割いてまでミーティングってどういうことなのよ?! 限られた時間で多くの事を吸収し、学ぼうとしているのに、その時間を割いてミーティングなんて・・で、ミーティングの内容は、緊急性の必要が無いものでした。(ため息)

明日はトレーニング最終日、がんばってきま~す。

にゃんこ@国会議事堂

私の住む街、オタワはカナダの首都だったりします。首都ということは、国会議事堂があるわけですよ。 その国会議事堂ですが、むふふっ、にゃんこラバーには目がハートになるスポットがあるんです。 国会議事堂に向かって左手の裏側にまわりますと、そこには猫さんズがいるんですねぇ。 実はね、国会議事堂の裏には、野良猫、捨て猫を集めて、保護している場所があるんですよ。 1970年代から、この保護は行われているようでして、毎日ボランティアの方が猫さんズのお世話をしにくるのだそうです。 今現在では11匹の猫が保護されているとのこと。観光なんかで国会議事堂を見学すると小冊子をもらえますが、その小冊子の中にもここの猫さん保護エリアについてちょこっと触れております。

では、国会議事堂裏の猫さんのお昼ご飯タイム画像~、いってみましょう~!

ちび猫ちゃん、餌に見向きもせず、どこを見ているのでしょ? 大きな猫さんらはご飯を食べるのに一生懸命です。はぐはぐ、と餌を食べている効果音まで出てきそうな雰囲気でしょ?

phillcats001

おっ、ちび猫ちゃんがこっちを向きました。白とグレーのもふもふした毛の猫さんも私の猫ラブ視線に気がついたのでしょうか?「変な東洋人が私の写真を撮っているな。ギャラ請求しようか?」なんて考えているのかも?!

この餌を食べている台の下に見えている穴、猫ちゃんが猫ハウスに出入りできるようになxっている穴です。写真が途中で切れていて少しわかり難いかな?


phillcats002


ちび猫ちゃん、白とグレーのもふもふにゃんこに動きが見られました! どうしたのでしょう?

ボランティアのお姐さんがなにやらゴソゴソしているのが気になるようです<
phillcats003

お姐さんは一皿だけ別にキャットフードを用意しました。これは一匹だけ、ほかの猫さんらから離れて餌を食べているオレンジ&白の猫さん用の餌でした。 奥に見えている足はボランティアのお姐さんの足です。 お姐さんからお話を伺うと・・このオレンジ&白の猫さんは歯が無いんですって。 だからドライフードが食べられず、ソフトフードのみ与えているそう。丸々とし、可愛い猫さん、実は歯が無かったのね、よよよっ。(涙)


phillcats004


餌を食べたあとの猫さん。お腹がふくれ、満足したのかな・毛づくろいをしています。 頭から首~身体にかけてのマーブル模様のような毛並みが可愛いですねぇ。この子の名前を勝手に「キャラメル」と決めましたよ、私。
phillcats005

餌を食べ終わった猫さんたちは思うままに行動していました。黒猫さんは保護エリアのフェンスをサッとすり抜け、運河沿いに向かいお散歩。 キャラメルは発砲スチロールの箱に入り、お昼寝。ちび猫ちゃんはお姐さんの膝の上にちょこんと横になり、気持ちよさそうにブラッシングされていました。

ガーデニングの道・難

昨年、花の咲かなかったジャパニーズ・ライラック(表庭に植えてある)、アブラムシによる大被害のあったさくらんぼ(これも花が咲かなかった)、そしてクワァンザン・チェリーという「桜もどき」←これも花が咲かなかったのです。

何故花が咲かない~?!

困ったな~と、素人考えで「剪定しないからだろうか?」と時期も考えず昨年剪定したんですよ。

さて、今年ですが・・

ジャパニーズ・ライラック・・・私の素人剪定のためか、花は咲きそうなのですが、花の数がとても少ない!
さくらんぼの木・・先日母と電話でおしゃべりしていた際に知ったのですが、さくらんぼは二種類植えなければ実がならないんですって。 こりゃ、違う品種のさくらんぼの木を買ってうえなくちゃ・・。 そして「桜もどき」ですが・・・花は咲いたんですよ。でもね、数えるくらいの花しか咲きませんでした。 これもやはり素人考えのめちゃくちゃな剪定をした報いかも・・。

自分のやった失敗(剪定)の結果を目の当たりにするって、辛いですねぇ。 最近裏庭に出ると憂鬱ですよ(涙)
でもでも、そろそろトマトなんか植えたいし、オクラも今年は育ててみたい~。 貴重な青しその種も頂いたことだし、花数の少ないしょぼい「桜もどき」を背に、明日は裏庭で土いじりをしようと思います。

ガレージセール

毎年5月、私の住むエリアでガレージセールが行われます。 過去数年はガレージセールの当日が夜勤明けで、一度もガレージセールが行われている様子をみたことがありませんでした。 たまたま今年はお休みで、今日はご近所のガレージセールを見て回りました。 本や食器、子供のおもちゃ、古い家具、家電製品なんが主に売られていました。中には「これを売るつもりなのか?!」と思えるような品や無料の品も。 
ガレージセールをみてまわった感想ですが。ん~、お子さんがいる方なんかはおもちゃや衣類が格安で手にはいるのでお勧め。ストローラーや子供用のカーシートというのでしょうか?ほら、車の座席につける子供用のシート、あれなんかGood buy って感じですね。 いつもは車の行き来が少ない通りもガレージセールのため、道端に沢山の車が停められ、賑やかでしたよ~。

来年あたりは、我が家のジャンクをガレージセールで売ろうかしらん。

7月の雪

スーパーでのレジ待ちで、小耳に挟んだ会話。 カナダ人のおじさま、おばさまが先日の雪についておしゃべりしておったのでした。 週末にオタワは気温が下がり、夜は体感温度がマイナス5度。 そして雪がふったのです。

「まいったわねぇ、5月に雪なんて。」
「オタワに雪が降らないなんて一年のうち一ヶ月だけじゃないか。 7月くらいだろ?」
「あら、7月に雪が降ったじゃない。」
「ああ、そうだ、そういえば7月に雪がふったことがあったなぁ。」
「トレーラーパークの人建が、7月に雪がふったってんで、クリスマス・パーティーを催していたじゃない?」


おそるべし、オタワ。 先週はじめ、アルバータ州で雪が降ったと知り、ひょえええっ!と驚いていたのですが、まさかその週末にオタワにも雪がふるとは思いませんでした。 そして今日、小耳にはさんだこの会話。


私、なんだかすごい所に住んでいるだわ、と実感。

にゃんこと結婚

猫ラバーもここまできたら、もう、究極ですね。
ドイツ人の男性が飼い猫(メス)と結婚しちゃったというニュース。
にゃんこと結婚  ←ここをクリックしてね。


誓いの言葉でニャーと鳴いたという猫ちゃん。 病気と老齢で長く生きられないようですが、この男性と幸せな結婚生活を過ごせたらいいですねぇ。 私もフラフィーやはなを見ていて、無償に愛おしくなる事がよくありますが、う~ん、結婚は考えつかなかったですよ

停電

なぜか今週は職場で停電が多いですよ。

たしか火曜の夜、停電が深夜に二回。 一回目は数分。二回目は15分くらいでした。
そして今朝方、日勤のRNにリポートを追え、さぁ、これから帰るか・・と思った午前7時30分。
カンファレンスルームが真っ暗に・・・。
施設内は真っ暗。 これは大変、と日勤RNにヘルプし、各フロアに非常用ランタンを配置したり、バタバタ。
結局30分くらいで停電はおさまったのですが、、なんか嫌ね、一週間のうち二回も停電があるなんて。

停電になるとね、めちゃ大変なんですよ。非常ドアなんかオートマティックに開錠されちゃうし、徘徊する入所者さんにつけてもらっているブレスレットタイプのワンダーガード(正面玄関に近づくとアラームがなる、というモニター装置)も機能しなくなるし、 施設中は真っ暗でエレベーターも電話も使えなくなるし。

ん~、今夜は停電しませんように!

Good bye blue bathroom

家を購入した当時から気になっていたメイン・バスルーム。 デストロイ~も、なんとか終了。 床や壁のタイルを剥がし、古いドライウォールを取り除き、洗面台、キャビネットを外し、とうとうここまでやりました!


2010bathroomoo1

青いトイレの向こう側ですが、実は以前ドアがあり、元々はオイルタンクルームだったのです。家の購入時は家の暖房(ファーネス)がガスではなく、オイルだったんですよ。 でもね、家の保険に入る際、古いオイルのファーネスの場合は保険に入れない、といわれたのです。(たしか18年以上経過したものは駄目だったかなぁ?)で、家の保険に加入できなければ困る! ということでファーネスをガス用に交換しました。 なのでオイルタンクが不要になり、取り除いたんですよ。タンクを取り除いた後は「物置」にしていました。 この物置スペース、あると便利だったのですが、バスルームを広くしたく、ドア、壁を外しました。 


これは洗面台を外した後の画像です。

壁紙が時代を感じるでしょ? 照明下の茶色い部分はメディスン・キャビネットのあった場所。

2010bathroom002



この青いトイレとも、もうじきさよなら~。 このバスルームね、シンク、バスタブ、トイレ、すべて青だったんですよ。 トイレのタンクの真ん中の花の形をしたステッカーの跡。これは前オーナーによるもの。 バスタブにもこの花形ステッカーの跡がいくつも残っていて、それを見るたび私は憂鬱になったものです。

2010bathroom003


バスルームのレノベーションが昨日から始まりました♪ 出来上がりがとっても待ち遠しいですよ~。

裏庭で

今年は咲いてくれた裏庭のさくらんぼの花。
繊細な愛らしい花でしょ?

2010backyard006

芝生の合間にちょこんと咲いているたんぽぽ。 アップでみるとたんぽぽじゃないみたいですね。

2010backyard003

おまけ。お向かいのMr.Bさんの前庭に咲いている濃いピンクの花。 毎年私の目を楽しませてもらっています。

2010backyard005

家の窓からみるとこんな感じ。ふわふわ、もこもこして可愛い綿菓子みたい~♪

2010backyard001

楽しい週末オフ

本日、ひさしぶりに楽しい週末オフを過ごしました。普段、職有りニート(?)のような引きこもり生活者の私ですが、ふふ~ん、今日はリトルイタリーのマダムHさん、そして第二子を身篭り中のJさん、私の計三人で密会♪してきたのです。あ~、女性同士で過ごす時間って、なんでこんなに楽しくて、時間が経つのが早いんでしょうねぇ。 Hさん、Jさんのお二人は関西出身でしてね、お話がすごく愉快なんですよ。 そんなわけで今日は久しぶりに声を出して笑いました。 帰りがけが寄り道(というか道に迷ったんですが)で、ダウズ・レイクのあたりをとおり、運転しながらチューりップを横目でちら~っ。 来週末からのチューリップ・フェスティバルに向けてチューリップが元気良く咲いていました。 スローながらも、春はオタワにも確実にやってきているようです。

 | HOME | 

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク