今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

やっぱりカナダ

先週受診した口腔外科医(というのだろうか?日本語に該当するのが何なのかわからないです)。
週末に今週の予約の確認の電話が来ました。水曜の午前8時40分。

朝のラッシュアワーの時間なので、普通は10分でいけそうなところ、30分もかかっていったわけ。
窓口に行き、8時40分に予約なんですけれど~と言うと・・・・

私の予約は今日、入っていない、というのです。

なんだ~?????

受付のお姐さんが言いました。
「あなたの予約は来月の24日の午前8時40分。」


え?

私、一ヶ月間違えたのか? いや、そんなはずは無い。 だって先週お医者さんと話をしたもの。
今日、診てもらって、それから手術日を決定する予定、と話はついていたのです。
それになんで一ヶ月先の予約の確認を先週末にするか??
話の流れからみて、どうみたって今週水曜の予約としか思えなかったのだけれど・・・・
念のために確認すると、来月24日の受診日が、例の歯茎を切り開いてやる手術日だと教えられました。

いったいどうなっているんでしょうね。  こういうとき、心の中で私はいつも思います。


やっぱりカナダだよ。

鉢かぶり姫にゃんこ、その後

先日、エリザベスカラーを外したフラフィーですが、その後どうしているかというと・・・

うふふふ~ん、Feliwayの効果もあるのか?! あまり舐めなくなったんですよ~。 フラフィーがカラー無しで元気に走り回る姿を見て、私も嬉しくなってしまいます。 昨夜はひさしぶりにはなとフラフィーのレスリングが観れました♪ あ、レスリングの勝負は引き分け♪ レスリングする数分前ね、なんと!!はながフラフィーのおでこのあたりをペロペロと舐めておりました。(涙)  おおっ! ペットショップなんかで親子、きょうだいの猫をみるとぴったりくっついて寝ていたり、お互いを舐めたりしている姿をみると、「うちのはなとフラフィーもこれくらい仲良くしてくれたらなぁ」と思うんです。 だからはながフラフィーを舐めている姿を見て、なんだか嬉しくなってしまったんですよ。って、その数分後、レスリングしたんですけれどね・・・。


このままフラフィーが落ち着いてくれますように! 


駐車場のおじさん

今日は仕事が終わってから猛ダッシュでクリニックに言ってきました。 手術後のフォローアップのためです。帰り際、急にお腹が痛くなり、クリニックにいく前にタイレノール#2(アセトアミノフェンとコデインが含まれた痛み止め)を飲んで、唸りながら車を運転していったんです。 クリニックの駐車場に車と停めて、駐車券を取りにいったんですけれどね・・・私、この駐車場のおじさんが苦手なのです。 なんかね、気持ち悪いというか、異様というか・・・。 初めて行ったとき、私は愛想良く「ハロー」と挨拶しました。 おじさんは無表情のまま「ハロー」と私に答えて、それから私が駐車場に関連した質問の内容をオウム返しのように繰り返したのです。私を馬鹿にしているのかしらん?!それとも頭がちょっと故障されている方なのかしら?どちらにしても、私が受けた印象は・・「このおっさん、気味が悪い・・」

二度目の時
私が料金を支払う際、窓口で料金を払っている方が目の前にいました。 後ろで待っている私に手をこまねいて、何も言わず、「横に来い」という仕草をしたのです。 この時は「感じ悪いな」と思いました。

三度目の時はおじさんではなく、女性の方でした。ホッ。

そして今日・・

お腹が痛いため、どこから見ても「具合がわるそうな表情」でもくもくと窓口に向かった私に「Hello, sunshine, how are you doing」 って。  おっさん、見てわかるでしょ、私は具合が悪いんだよ!!とは言わず「まぁまぁです」という私に、またオウム返しで私が言ったことをリピート。(頭痛)

そして帰りの際は・・・駐車券を窓口に提出したら、目をカッと見開き、いきなり机をたたき出しました。おじさんが手を伸ばせば駐車券がすぐ手に取れるのに、机を叩いた振動で、カウンターに置かれた駐車券を手元に寄せようとしたのです。 ・・・おじさん、このとき、クロスワードパズルをしておった・・。
嫌~な気分で支払いを済ませると、今度は領収書が必要か?と聞かれました。 No thank you と答えると「Young lady does not need the receipt」って。 おっさん。いちいちそんなこと言わんでよろしいわよ・・。

この駐車場のおじさん、苦手だ~。人を不愉快な気分にさせるのが得意な人とかいますけれど、「人を気持ち悪くさせる人」ってあまり居ないんじゃないかしらん? 駐車場の料金窓口に、カスタマーサービス精神を要求はしませんけれど、それにしてもこのおっさん、気色悪いですわ。

椅子とりゲーム

はなとフラフィーのおきにいりの椅子の背もたれ。 珍しく二匹そろって背もたれに上がっていたところをカシャッと撮影したものです。 これが本当の「椅子とりゲーム」ではないだろうか?とふと考えてしまいました。

二匹とも高いところに上がりたいだけなんだろうけれどねぇ。 キャットタワーを買ってあげたいけれど、小貧乏なお母ちゃんは、200ドルもするキャットタワーをなかなか買えないのよよよよっ。(涙)

isutorigame

笑いの我慢

やっときたよ、2週に1度の2連休!!!
(この数年、仕事のお休みの日だけを待ちわびて生活をしているような気持ちが否めない・・・。)

さ、待ちにまったオフ日、何をやっていたかというと・・・読書です。
時々本を読みながら「くくくっ」と声を出して笑っていました。 そうそう、日本に居た頃、電車の中で本を読んで、その本の内容がとってもおかしくて、声を出して笑いたかったんだけれど、「電車の中だ、我慢しなくちゃ」って肩を震わせて笑いたいのを我慢したことがあったな~。 そういえば、日本の通勤電車で本を読んでいる人たち、本の内容がおかしくて笑いたいときはどう対処しているんだろ? ふとそんな事を考えてしまいましたわ。 怒りだとか悲しみってかなり抑えることが出来るけれど、笑いって抑えるのがなかなか難しいと思いませんか?!

another surgery

週末に痛み出した歯を診察してもらうため、いつもの歯科医のところへいってきました。 嫌~な予感がしていたんですよ・・・。 何が嫌な予感ってね、 歯の治療代です。 2005年、私は歯根治療をしました。 そのときの総費用・・・日本とカナダを往復しても充分おつりがくるくらいだったのです! 今回もまたあんなにかかるのだろうか~?と内心青くなっていたのです。

まずいつもの歯科医で診てもらい、そのまますぐに口腔外科系の専門医にまわされたんですよ~。 で、専門医から手術を勧められたのです。 歯茎を切って、うにゅうにゅして・・って、説明を聞いているだけで気持ちが悪くなってしまいました。 いや~ん、歯茎を切られるの~!!!  でもでも、放っておけば歯を失うことになってしまうだろう、って。 歯を失うのは嫌だったので、私は手術することに同意しました。 

先月手術が終わってやっとホッとしたところなのに、また今月も~、とちょっぴり憂鬱ですわ。

にゃんこ師匠宅訪問

オタワの日本人コミュニティの中で自閉症的な私ですが、一昨年、Kお姐さん宅で催された大晦日カウントダウンパーティーでSSさんという女性と知り合いました。 SSさんも猫を二匹飼っているそうでね、初めてお会いしたとき、猫の話をいっぱいしてくださったんですよ。 アニマルサイキックの話や、猫の行動などなどをしてくださってね、、猫飼い初心者の私はSSさんから沢山学びました。

で、世間ではファミリーデーの月曜に、SSさん宅へ訪問~。 二匹の猫ちゃん、そしてSSさんの愛息子、K君にもご対面~してきたんです。 K君と遊んだり(いや、遊んでもらったのは私かも?)した後、猫ちゃんを拝見したのですがね、もう、素敵なの~!! ロングヘアーの黒い猫ちゃん。 お腹の辺りは白い毛で、もさもさ加減に萌え~!!(笑) つやつやの黒い毛で、大き目の身体(6.5キロだったかな?)のハンサムな猫ちゃんでした♪  そしてもう一匹の猫ちゃんは、SSさんが日本から連れてきたんですって。 この猫ちゃんね、一見見た目と伸びをした姿をみてびっくりしました。伸び~ってすると普通にしていて見えなかった毛並みというか、柄が見えるんですよ! それがすごく衝撃的でね、目がハートになってしまいましたの。こうして猫の毛並みを見て美しいだとか思う自分・・・なんだか毛皮好きな女性の気持ちがわかるような気がします。 でも、私、毛皮を着るよりも「動物の姿のまま」で愛でていたいほうですが・・。 こうしてSSさん宅で、お昼ご飯にゴージャスなおうどんを頂き、暫くお喋りをして楽しい時間を過ごしてきたんです。

ああ、楽しかった~。 でもでも、残念なことにSSさん来月はシアトルに引越ししちゃうんですよ~ん。(涙)

こうして楽しい気分の余韻を引きずり、夕方仮眠し、仕事へ行ったのですがね・・

今夜も一人RN@深夜勤務で、ヘタヘタになって帰宅・・・。



エリザベスカラー、Off~!

エリザベスカラーをつけて二ヶ月経過したフラフィー。まだ下腹部と足は毛がそろっていませんが、だいぶはげスポットが改善されたので、昨日からカラー無しで過ごさせています。 カラー無しで動けるのが、きっと嬉しいんでしょうね~、以前のようにちょこちょこ家の中を散策億しています。 この数日はカラー無しで様子をみてみようと計画中。

バレンタイン北米事情

昨日はバレンタインでした。 ご存知無いかたの為に一応・・北米のバレンタインですが、日本とちょっと違うんですよ~。 日本は女性が男性にチョコレートを贈る、愛情を持っていることを示す日になっておりますよね。 北米では男性が女性に愛情表現をする日となっておりまする。 なので日本のように「バレンタインにチョコを一つももらえなかった~」と男性が嘆く必要が無いのです。 この頃では女性も男性へカードや贈り物をするのですが、それでもやはりメインは男性が女性へ、という感じです。

バレンタインの女性への定番ギフトですが
1)カード~バレンタインにちなんだメッセージが書かれているカード
2)花束~薔薇が多いかと思います

チョコレート、香水、セクシーな下着だとかを贈る男性もいるようですね。 女性の為に朝ご飯を作ってあげたり、外食したり、って感じでしょうか。 以前私がカナダ人の男性に「バレンタインは女性がギフトをもらったりするけれど、男性は女性から何ももらえないのか?」と尋ねたら思白い返事をもらえたんですよ。 ふふふっ、 女性は普段、男性(夫、恋人)に対して耐えていることが多いからだ、 だからバレンタインは女性の為の日だって。 ←おおっ!世界の全女性を支援しているかのような発想!!!  この発想に一票!



ズキズキ

この週末、風邪でへたっているというのに歯が痛み出しました。 時々、歯がズキズキと痛みます。 仕事をしていると歯の痛みもちょこっと忘れられるのですが、今夜はオフ。 夕方目が覚めたらまたズキズキしてきました。 火曜には朝一番で歯科医に電話して緊急で診てもらうつもりです。 

出来ることならペンチで歯を抜きたい~。(涙) 

風邪

一昨日、仕事場で急に「寒いな」と感じました。 その後、風邪のひきはじめの嫌~な感覚が・・。

あらら、風邪をひいたんだ、と帰宅後タイレノールを飲んで寝たんです。 そして昨夜、やはり身体が冷えて頭がぼうっとしておりました。 熱はさほど出ていないのですが、寒く感じて仕方がありません。 仕事から帰ってくるとき、車の中の温度計がマイナス14度を示していました。 一瞬、もう少し寒かったらシャボン玉で遊べるな、と思ったのですが、それどころではありません。 帰宅後、暖房の設定をあげて、ついでに暖炉を焚きました。 ぬくぬくにして、風邪薬を飲んで寝たら具合が良くなっていますように!

これから薬局に行って強力風邪薬を買ってきます!

おでん

先日でかけた中華系食料品店でおでんの材料を調達しました。 寒いからあったかいものが食べたいな、と思いましてね。 練り物、大根、たまご、こんにゃくをスロークッカーに入れてスイッチを入れて、お布団に入りました。 これで目が覚めたときには、ほかほかのおでんが出来ているはず♪

翌朝・・目が覚めると居間に漂うおでんの匂い~。
ちゃんとおでんが出来上がっていました! ああ、スロークッカーって本当に便利。 寝ているうちにご飯ができちゃうなんて、素晴らしい!無精者の私にとって最高の料理道具ですよ。 

今朝は、おでんに辛子を付け過ぎて、鼻につ~んと来ています。

Feliway 到着~

ネットで注文した猫のストレス緩和剤、Feliway が本日届きました。 仕事のあと、例によってカウチで眠りに落ちてしまい、郵便配達員さんのけたたましいドアのノックの音で目がさめたんですよ。 寝ぼけながら荷物を受け取るとじゃじゃ~ん! 念願のFeliway だったのです。

さっそく今夜からFeliwayを使いだしました。 しばらくするとはながFeliwayの近くに行って「ふん、ふん」と匂いをかいでいます。  肝心のフラフィーですが・・・目覚しい反応はなし。 

さて、Feliwayはフラフィーに効果はあるでしょうか?!

無念・・

日曜日は気温がかなり下がるらしいと、非常に期待していたのですが・・・駄目でした。ウィンドチルがマイナス30度代にならなかったのです。せっかくしゃぼん玉実験が出来ると思ってわくわくしていたのに~。(涙)

今週の天気予報をみてもマイナス20度くらいの気温は予想されていません。 ん~、今年はもう駄目かな?

ちょっと残念です・・・。

オタワ、冬の祭典

今年もウィンタールードが始まりました!
金曜は花火が上がったりしたのですが、相変わらずイベントなどに疎い私は翌日になってから花火があったことを知りました。今日はですね、ウィンタルードの最初の週末、花火が見られなかった悔しさを引きずり、ダウンタウンまで出てみました~。 知人が氷の彫刻を制作しているだろうな、と思い、その様子をみて、応援したくてね。

まずはオタワの冬の名物、リドー運河のスケート場。世界で一番長いスケートリンクと謳われていましたが、数年前から「世界で二番目」になったような記憶があります。 運河の上の橋にはこのような垂れ幕が。



10canalwinter

氷の状態があまり良くないところは柵で仕切られておりました。 スケートしているがうじゃうじゃしております。 私はスケートが下手っぴ(というかまともに滑れない)なので氷の上でブーツのままイマジネーションを駆使し、「スケートをしている気分」を味わってきました。 

10canalwinter#2



10canalwinter#3


スケートした気分を味わい、お次はコンフェデレーションパークへ。 ここが氷の彫刻コンテストの会場です。画像は会場内で目だっていた龍。 これはわりと大きかったですよ。  

10winterconf.park#1

小さめのこんな↓のも。

10winterconf.park#2

10winterconf.park#3

リドー運河もそうですが、コンフェデレーションパークも沢山の人で溢れておりました。 なかなか知人、Sさんを見つけれず・・・やっと見つけたときは、他の氷の彫刻職人さんと打ち合わせ中で、話しかけるのに気が引けて、とりあえず名前を呼んで手を振ったきました。 アイスカーバーさん達は寒空のなか、一生懸命作品の製作中。 一つの氷の塊って、150キロくらいだったかな?。 それをね、男性二人で一つずつ積み重ねていくんですよ! 私には到底できないな・・。 画像の右手はアイスカーバーさん。これはウロコや髪の毛の繊細なところが綺麗だな~と思いました。

10icecarver#1

これもアイスカーバーさん。 ラクーンの帽子があたたかそう。手前の大きなバケツね、お水が入っているのですが、半分、凍っていました・・。
10icecarver#2

会場内で!と私の目を引いた氷の彫刻↓
日本人なら!とおもうはず。

10ice.kimono#1

この彫刻の名前は「KIMONO」
日本人の方の作品です。 左手のイラストが完成図? です。 Kimonoというタイトルで日本舞踊「藤娘」ですかね?


10icekimono#2

好奇心旺盛な私は、テーブルの上に置かれていた設計図(というのかしら?)もちょこっとカメラにおさめてきました。 (図面が見やすいよう、写真を90度回転させています。) 設計の時点で氷をどう積み重ねるかもちゃんと決めているんですね~。 図面だと鶴も描かれていますね。ん~鶴も作るのかなぁ?

10icekimono#3

日本人贔屓するわけではないのですが、色々見ているとね、日本人のアイスカーバーさん達の作品って完成度が高いというか、なんとうか・・彫刻の曲線なんか、とってもスムーズなんですよ。 日本人、やっぱり器用だと思います!




 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク