今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舐めすぎにゃんこ・フラフィー

一年の歳月をかけて「でぶにゃんこ」から脱した我が家のにゃんこ、フラフィー。 この夏くらいからでしょうか、毛を舐めすぎて、身体の一部がハゲできました。 いや、はげというか、舐めすぎて、その部分の毛が短くなっているのです。お腹のあたりなんか、以前は乳首なんか毛で覆われて見えなかったのに、今でははっきり乳首の位置がわかるくらいに見えているのです。体の横、四本の足も毛の舐めすぎて、まだらな毛波に・・・。

この過剰な毛舐め行動、ストレスからなのか?それとも皮膚の疾患か?

フラフィーは、はなにパンチをかましたり、飼い主を噛んだり、パンチしたりする根性悪のにゃんこですが、じつはとても繊細なのです。 ああ、わが娘、フラフィーよ、私に猫語が話せたら、毛の舐めすぎの理由を聞けるのになぁ。 
スポンサーサイト

パキスタンからの電話@Work

四連続勤務最終日の昨夜。午前3時ころでしょうか、外線電話が鳴りました。 電話に出ると雑音が入って非常に聞き取りにくい電話でした。

私  「Hello. XXX Nursing home. Topi speaking」
相手「Hello~?]
私  「This is XXX Nursing home. how can I help you?」
相手 「Hello~?!」

だんだんイライラしてきました。 用件は何だ~?! 早く用件を言え! と思いつつ・・
「This is XXX Nursing home. Topi RN speaking. How can I help you?」

相手 「I am calling from Pakistan. What is you name?」

アホか、この人。今私は名前を名乗ったばかりじゃないか。
私 「I am Topi, RN」

相手「 Are you female?」
私「 Yes I am」
なんかおかしいぞ、この相手。 間違い電話じゃないだろうか?

私 「This is Nursing home. I guess you've got wrong number」
相手 「what is your age?」

ああ、アホだ、この人。
私 「 I do not have time to tell you my personal things,  you should call RIGHT number. have a good day」 と

このおにいちゃん、高い料金を払って国際電話(パキスタン~カナダ」をかけているんでしょうねぇ。 ふと、パキスタンにもテレクラみたいのあるのだろうか? なんて考えてみました。

本の貸し借り

昨年の大晦日パーティーで知り合ったオタワ在住日本人女性、SSさん。 私の蔵書に興味を持たれ、それをSSさんにお貸しするということで、昨日は夜勤明けでスターバックスで待ち合わせ~。 私が本を渡すとSSさんも私に本を貸してくださいました。 しかも邦書です。 「ネコマンガ」という猫の写真が沢山掲載された本が三冊も! ぱらぱら~とみたら、キュートな猫の姿が沢山~。きゃい~ん!! これは暫く楽しめるぞ・・・・。

理沙さんと~

トロントからオタワ訪問中の理沙さん と逢瀬(うふっ)を重ねていたここ数日。

月曜は、以前から行きたいな、と思っていたダウンタウンのスコーンのお店で、二人で朝ごはんを食べ、お腹がぎゅうぎゅう。 その翌日は二人で映画に行く前に、夕ご飯。 カーリング・アヴェニューの寿司の食べ放題レストランだったんですけれどね、ここでまたしてもお腹がぎゅうぎゅう。 針でお腹を突けばご飯粒がポップコーンマシーンのように出てきちゃうかも~、と二人で笑いながら映画館に行きましたのよ。 映画館に着いたら、平日なのに、駐車場には車が沢山。 なんで平日の夜になのにこんなにお客さんが? この人たち、みんなナースかしらん?と冗談を言っていたのです。 この謎は、映画料金を支払うときに解明しました。 火曜の夜って映画料金が半額なんですよね。 なるほど、それでこんなに混んでいるわけですわ・・。

今回の映画鑑賞は「chick flick」にターゲットを絞りました。 
Chick flickってなんぞや?と思う方のために一応説明しますね。 Chick flick とは女性観衆をターゲットにしている映画のことです。 例)プリティ・ウーマン 

んで、私と理沙さんが何を観たか?というとサンドラ・ブロックの「all about Steve」 
ネタばれしちゃうので、内容は書きませんよ~。 サンドラ・ロックのさっぱりとした気取りのない所が私、すきなんです。 あの方、あまり女、女していないしね。 

理沙さんと久しぶりのデートで充電したことだし、さ、また今週もがんばって行こうっと。

多忙な休日

オフ日の今日、なかなか忙しくしておりました。お使い物のお買い物をするため、午前中から買い物。 午後は、出産した知人宅へちょっとした出産祝いをもって、お出かけ。 その後昼食を摂り、再び外回り。 実は、年明けに我が家のバスルームのレノベーションを計画しているんですよ。 この「外回り」は、レノベーションに必要な物の下見、購入のためです。 大体のものがそろい、今日は最後の大きな買い物「バスタブ」を購入したんですけれどね。 私、自分の人生の中で、「自分の車でバスタブを運ぶ」とは思いもしませんでした。 日本だと、あまり考えられないよね? 自家用車でバスタブを買いに行くって・・。 

帰りの車内でルームミラーに写った視界をさえぎっているバスタブの入った大きなダンボール箱・・・「ああ、ここはカナダだなぁ」と、こうした日常の出来事で改めて感じることがあります。 

フラフィーのダイエット終焉?!

ダイエットに成功した我が家の元・でぶにゃんこ、フラフィー。 餌をダイエット用に変えて、与える量も厳しく管理していたこの一年・・。 

ダイエットの成功したことだし、そろそろ普通の餌に戻すか?と計画しました。 
現在のフラフィーは、はたから見ると、ちょっと大きい猫かな?という身体回りをしています。 先月の検診で、獣医さんからは、はなもフラフィーも、現在の体重を維持するように、と指導されたのです。
今後、普通の餌に戻してみて、もし体重が増えるようだったら、ダイエット用に戻すつもりです。

 太ってころころのボールみたいなフラフィーは可愛いかったけれど、健康のことを考えると、やっぱりね・・。 そうそう。猫の1キロって大きいのだな、と改めて案じました。なぜってね、抱いているときの腕にかかる負担がぜんぜん以前と違うんですよ。

怒涛の四連続勤務

待ちに待った♪週末オフ~。 この四日間、しんどい勤務でした。 初日はまずまずでしたが、2,3日。  ああ、最悪。 2日目、スタッフィング・オフィスが病欠した深夜のRNの穴埋めをしなかったため、私は一人で深夜勤務(怒)、そのうえNew Gradの 看護学生のオリエンテーションをしなければならないという、アホのような勤務だったのです。 一人RNの深夜勤務ってね、ノン・ストップでタスクをこなす、と言うかんじで、まともに入所者さんのアセスメントなんかできないんですよ。 そんな中、初めての深夜勤務オリエンテーションを迎える学生さんに、まともにオリエンテーションができるでしょうか? おまけにこの夜はこんな夜を待っていました、とばかりに続々と具合の悪い入所者さんが・・(涙)。 そして3日目、まともなオリエンテーションを学生さんにすることが出来たのですが、一人で黙々と仕事をこなしていくのとは違い、一つ一つ説明し、相手が理解していることを確認、さらにそれについての質問をさせるので、時間がかかりますがな。 そして4日目の今夜、フロアは先ず先ず落ち着いていましたが、連日の濃い~勤務でスタミナ切れ状態で勤務。 退勤数分前に入所者が嘔吐したと介護師から報告があり。吐物の状態はどうだったか、と介護師に尋ねると、英語が通じない・・。(この介護師さんはハイチ出身だったので、フレンチが彼女のメイン言語) 私の質問にとんちんかんなレスをしてきて、会話が成立しない・・(涙)  

ああ、怒涛の四連続勤務が終わった・・。とりあえず今夜と明日はオフなのが、今の私の最大のコンフォートです。

初秋の外遊び

木々の葉の色が変わり始めているこの頃・・。 芝生の生長も滞り、枯れた芝生が目立つようになってきました。 外遊びが大好きな我が家のにゃんこ、フラフィー。 芝生の生長が滞り、外遊びの楽しさが激減したようです。 だって芝生を食べるのが大好きなのに、おいしそうな芝生が秋になったら生えてこないんだもん。 裏庭でめぼしい草を探すフラフィーの姿を見て、かわいそうに思い、そろそろ猫草の栽培でもしようかと考えた今朝の私でした。 

真夜中の撫で撫で。

糖尿病で血糖のコントロールが難しい70代半ばの入所者、IEさん。 

今夜も例によって、「ちょっとおかしいな?」と感じました。 血糖を調べたら、案の定、低血糖。 低血糖改善のためにジュースを飲んでもらい、その後、ヨーグルトを食べさせました。 その後血糖をチェックしたら、まずまずの状態。 「ヨーグルトとジュースが効いたよ~これで安心だよ~」と言う私に手を伸ばしてきたIEさん。 そして私の顎を撫で撫で。 一昨日も低血糖で、彼にジュースとヨーグルトを食べさせたのですが、そのときは私のおでこを撫でて、そしてほっぺたをつんつん、と突いてきたのです。   ああ、Sweet なIEさん~。

IEさん、私のことをきっと「小さい女の子」だと思っているんでしょうねぇ。 

睡眠マラソン

日曜の夜勤明け・・。一度帰宅してからオタワの空港へ。 日本からオタワにミーティングで滞在していたMさんに会うため+お見送りをしてきたんです。 「いつかまた家族でオタワに来てね~」とお別れし、帰宅後・・・。

午後一時、記憶を失いかけ布団へなだれ込む。 午後11時、いったん目が覚める。「外は暗い、ああ、仕事に行かなくちゃ」と思った数分後、今夜はオフだと気が付き、もう一度寝る。 そして今朝、目が覚めたら午前8時。 トータルで19時間寝ていたのね、私。 久しぶりに「睡眠マラソン」をやってしもた・・。  先週は、睡眠調節が上手くいかなくて、毎回疲れたまま出勤していたので、昨夜、その疲れが一度に出たのでしょう。 目が覚めた今朝の私は生まれ変わったようにすっきりした良い気分でした。 さ、今夜からまた4連続で夜勤、がんばるべ。

また やってしまった。

時々、疲れていたり、睡眠パターンが狂ったりすると、リビングのカウチで寝てしまうことがあります。 帰宅後、あ~、足がだるい!とカウチに横になって足を伸ばしていると、気が付かないうちに寝てしまう、というパターン。 ここ数日睡眠パターンがおかしかったせいか、今朝、例によってカウチでねてしまったようです。 もちろん、着替えもせずに寝入ってしまったので、起きたらスクラブ姿。

またやってしまった・・。
私は職場でエネルギーを消費しすぎているに違いない。 燃え尽きないように、いい意味で手を抜くようにしなくちゃ、と心がけているつもりなんですけれどねぇ。いや、ただたんに、体力が無いだけなのかも。

さ、これから出勤。

いってきま~す。

Gray Hair

シャワーを浴び、髪の毛を乾かし、よし、出勤準備~と髪の毛をくくろとしたその時。 鏡にうつった私の姿に、なにやら「見覚えの無い物」が。

うそだ~!!!! 信じられない!

鏡に移った私のおでこのちょっと上に、しょぼい白髪を発見したのです。 嗚呼、母上、とうとうこの私にも白髪が出てきました。 最近、仕事場で苦労しているから、きっと白髪が出てきたんだわ、そうに決まっている~、(加齢ではなく、仕事のストレスで白髪が出たと信じたい乙女心なのよん~) 白髪でショックを受けている私に相棒がぼそっとつぶやいた。

「はなやフラフィーだって、年をとれば白髪になるよ。」

そうなのかな?猫の毛は年をとれば白くなるのだろうか? でもはななんか三毛猫で、白い部分が多いから、毛が白くなったとしても目立たないだろう。 ふと悪戯心が出て、相棒に聞いてみた。 相棒は昔、プッシーブーという真っ白の猫を飼っていました。

「んじゃ、プッシーブーはどうだったのさ? 白い猫が白髪になったらどうなるわけ?」

「白くなるよ。」


「・・・・・・・・・・」

突然の嬉しい電話

夕方、目が覚めかけたころ、電話がありました。
私に電話がかかってくるのは、非常に稀なんです。夜勤専門で働いていることを私の友人、知人が知っているので、気を使って用事はメールでやり取りすることが多いので、電話が鳴ること自体、非常に稀なのです。

誰だろうな?

私 「Hello?」

電話の相手 「もしもし?」

寝ぼけている私は、相手が日本語を話していることに気が付かず、再び「Hello?」
そして、数秒後、あれ?待てよ、相手は日本語だ、この声は!  この春オタワを去ったOMさんではありませんか! そういえば9月には出張でオタワに来るって言っていたな・・。奥様とお子さんのKちゃんは、出張なので、やはり今回は一緒に来れず、OMさん単身でいらしたようです。

うわぁ~、びっくり&嬉しいな~。  こうしてオタワに来ているから、って連絡してもらえるのって、嬉しいですねぇ。 Mさんの歯科医の件といい、OMさんからの突然の電話といい、なんだか「快」の刺激が続いている私。 そんなわけで、心の中の幸福度がぐ~んとアップし、心がほかほか。 いいぞ~、いいぞ~、「快」の刺激は、仕事で荒んだ心と身体に良い効果を与えてくれるのだな、と再認識。 神様、もっと私に「快」の刺激を運んできてください~。

Mさん

私が横浜に住んでいたころ、お世話になったMさんという方がいます。 人当たりが良く、やさしくて、頼れるお兄さん~というタイプの方なんですよ。 私が日本を離れて数年してから、彼から「今、歯科医になるために大学へ行こうとしている」と連絡がありました。 彼はそれまで医療分野とは全くかけ離れた仕事をしていたのです。 それに一度社会に出てから大学に入るというのは、日本では大変だろうなぁと思いながらも、彼の目標が達成することを祈っていました。 その後Mさんは無事歯科医になるために大学へ。 そして数年前に私は、横浜でMさんに再会。 国家試験、がんばるんだよ~と応援し、私は再びカナダへ戻りました。 その後日常のバタバタに追われ、暫く連絡をとっていなかったのですが、先日、ふとMさんのことを思い出し、連絡してみたのです。そしてMさんから折り返し、連絡がありました。

彼は現在、日本で歯科医として活躍中。 

Mさんの成功が、自分のことのように嬉しくかんじました。 目標に向かって努力し、ついにゴールへ到着したMさん。 ああ、良かったねぇ。 Mさんからの連絡で、私も数年前に自分がRNのレジストレーションを終えた時の達成感が蘇りました。 次回の日本帰国は、遅ればせながらMさんと「おめでとう」の乾杯をしなくちゃだわ。 う~ん、乾杯はやっぱり焼酎でいくか? 今から楽しみですわ、うふふっ。

ビストロ J @ work

昨夜の勤務・・介護師のJ が夜食を持ってきてくれたんですよ。

仕事の合間に彼が綺麗にテーブルをセットして、みんなを呼びました。 テーブルに付くと・・プレイスマットの代わりにペーパータオルが敷かれ、そしてナプキンの代わりにたたんだペーパータオル。カトラリーも綺麗に並べられています。 「わ~、ビストロ・J だね!」 なんて笑いながら、みんなでテーブルを囲み、料理をご馳走になったんです。 頂いた夜食はね、何だったかというと、ピーナッツソース味のパスタ、オリーブの入ったパン。 パスタはJのオリジナル・レシピだそうです。 これを食べてみたら、美味しい~。 パスタにピーナッツソースって、合うのだな、と新発見。 私も今度真似してみようかな。 オリーブに入ったパンは、市販のものだそうですが、美味かった~。 一度食べるとクセになりそうな味。 私は仕事場で夜食を摂るとき、大体一人でササッと食べて、食べ終われば仕事にすぐ戻るのです。 でも、たまにはこうして皆とおしゃべりしながらゆっくり夜食を摂るのも良いものですねぇ。 

 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。