今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末はデート♪

昨年、オタワを去った私の師匠、MMさんが日本からやってきました~。 ということで、週末は久しぶりにMMさんとデート。オタワ東部のレストランで飲茶のランチをした後、勢いでガティノー公園までおでかけ~。

実はね、自分の運転でガティノー公園に行ったのは初めてです。 紅葉なんかの時期には今まではMMさんに連れて行ってもらったんですもの~。 というわけで、MMさんにナビをしてもらい、ガティノー公園まで行きました。 この日は雨がふったりやんだりでしたが、MMさんと私の「お気に入りスポット」に到着した時点では晴れ。 久しぶりにこの景色をみたら、気持ちが良くなりました。 


gat

車を停めて景色を見ながらおしゃべりしていると・・・・・


hebi


蛇さんがおりました。 普段近くで蛇を見ることがないのでびっくり~。頭を持ち上げて、この蛇は一体何をしていたのか?? 何をしたいのか? 暫く観察しましたが、わかりませんでした。 珍しさもあって写真を撮ったのですが、やはり私、蛇は苦手です。 でも蛇皮の靴なんかは軽くて好きですけれどね。←でもここ数年、そんなオサレな靴には縁がないのよね・・。

スポンサーサイト

二日間で睡眠4.5時間

夜勤専門者の悲しい宿命・・睡眠コントロール困難。

実はこの二日で4.5時間しか眠れませんでした。 
今夜は仕事。
そして明日はお休み。


明日のお休みの日は、ぶっ通し寝るだけで終わってしまう予感。

根性無しの体力無しのくせに、寝つきが悪く、なかなか眠れないという三重苦、いや、これに夜勤専門生活とくれば四重苦の私・・・。睡眠は疲労を回復する第一の手段なのにねぇ。 

日本からの支援物資

とある「物」がどうしても欲しくて、日本の妹に頼んだのは数ヶ月前。 それを送ってもらうついでに本や食材をお願いしたんですよ。 荷物は先週末に届きました。

何を送ってもらったかというと・・

いりゴマ。
オタワで売っているいりゴマって、どのくらいの期間お店に置かれているのか不明・・。ほら、ゴマって酸化すると風味がとても落ちるでしょ? せっかく買っても酸化したゴマだったら嫌だし、と思ってね。

たらこスパゲティのソース。
これは私の「支援物資リスト」に良くあがるものの1つなのです。 海外に住んだ日本人なら海外における「たらこスパゲティ」のこの愛しさ、理解してもらえるだろうと思います。

他にね、妹が「おまけ~」と言ってふりかけやらお茶漬けも入れてくれました。他に本を三冊。これは私がネットでオーダーし、妹に転送してもらった、というかたち。 


そして、そして・・・・かんじんの「私が欲しかったブツ」ですが・・・

もう、可愛いの~♪ それを眺めては一人でニヤニヤしています。
何かというと「眠り猫」の置物。 以前とある方の家でアンティークの伊万里焼の招き猫を拝見したのです。 あの招き猫を見ていらい、私は「伊万里焼のネコさんが欲しい病」にかかってしまったのです。

私のような小娘(というには顰蹙かもしれない歳ですが)が買えるものですから、高価なものではありません。しかも、「なんちゃって伊万里焼」かもし? でもね、毎日可愛いな~と見とれております。そこにはなとフラフィーがやってきてね、「眠り猫さん」に匂いを嗅いでいるの。 この様子がちょっと面白くて。 後日、この眠り猫さんの画像をUpしますね~。


Hi, doll

たまには為になることもブログにUpしたほうが良いかと思い、本日カテゴリーに「英語」を追加してみました。 

職場でね、私が部屋に入ると決まって「Hi, doll」 と声をかけてくる入所者Vさんが居るのです。

最初聞いたときは自分の耳を疑いました。

DOLL?って私、人形か?!


それまで私のDollの認識は「人形」だけでしたから。(そういえば、パンク雑誌でDollってあったよね、今もあるのかな?」 もしかして同音異語の言葉で他の意味なのか?と考えましたが・・・

調べてみたところDoll には以下のような意味があったのです。


1. child's toy: a child's toy in the shape of a person or baby


2. woman: a woman or girl who is pleasant to look at ( informal ) ( sometimes considered offensive )


3. helpful person: a nice or helpful person ( informal )



ということで入所者Vさんが私に向けて言っているのは2) か3)の意味と判明しました。 いやね、Vさんが満面の笑顔で声をかけてくるので、悪い意味で言っている言葉ではないと、状況から判断したんですけれどね。 




屋根にのり、木を切り、買出し

ここ数日の私ですが・・


仕事の後、屋根に上って機能不全の雨どいをいじったり~
(雨水が下に流れる部分に松葉がたまり、それで機能不全となっていたと判明。これでお隣さんの松の木を切り倒したい欲望が最高潮に)

この憎らしい松の木・・。 毎年裏庭に松ぼっくりや松葉がどっさりとたまり、年間たぶん60袋分くらいの松葉を処理している我が家。 おまけに雨どいにも問題を生じさせるとは~! これね、当のお隣さんには被害なし、だって風向きでぜ~んぶ我が家の裏庭に枯れた葉が落ちるんだもん。 このストレスをなんとかしなくては、とお隣さんと交渉し、数本の枝を切り落とししたり~。→これが大変でしたわ。髪の毛の中に枝を切り落としたおがくずが入ったりしてね・・

そして昨日・・・

今までいつも行くスーパーで買っていた「みりん」。これが最近スーパーで見当たらないんですよ。これはチャイナタウンまで行くしかない、と重い腰を上げてチャイナタウンまでみりんを買いに行きました。で、やはり「チャイナタウン・マジック」にやられて予想以外に食材を買ってしまいました。 チャイナタウン・マジック・・・これ、チャイナタウンが遠い方なんかわかると思うのですが・・

あまり行くことがないチャイナタウン。行けばそこには・・・・・近所のスーパーでは手に入らない魅惑の食材が・・熱処理していないお豆腐(冷奴用)、鮮度の良い大根。 運が良いと鮮度の良いごぼうや長芋。冷凍されているけれど、納豆。 桃屋のキムチの素。 こんな素敵な物が目の前にあったら・・・買い物リストに入っていなくても、つい買ってしまうんですよ~。 このチャイナタウンでの「ついつい買い」を私はチャイナタウン・マジックと呼んでいます。 あ、これがオタワ東部の食材店、ウィンタイだと「ウィンタイ・マジック」ね。

ところで今週もほとんど雨。いったいオタワの夏はどうしてしまったのでしょう?! 裏庭のきゅうりもオクラも冷夏のためか、あまり成長してくれません。 ああ、今年も裏庭の野菜をはまともに収穫できないまま、秋になってしまうんだろうなぁ。

oishi

月曜の夜、めちゃ寒くて風邪かな?と嫌な予感がしたのですが、しこたま寝て起きたら、すっかり元気~。 気温が10度以下に下がったから寒かっただけなのかしらん? しかし、今って7月の半ばだぞ・・・・。 ま、元気に仕事に行ってきたわけですが、朝方またしても私の苦手な日勤RNのAで非常に不愉快な気分。 彼女には看護師としての「スタンダード」が無いのだろうか?と疑問に思いながらも帰宅。 ああ、こういった同僚と仕事するのってとってもストレスだわ。

帰宅後はそういったゲンナリ気分を払いたく、今朝も元気にフラフィーとはなを連れて外遊びに出陣~。 その合間にイチゴ狩りで積んできたイチゴでパイを作るべく、パイのフィリングを弱火でコトコト。
(また葛餅みたいに失敗しなければよいのだけれど・・・) イチゴのパイ、絶対成功させてやる~と意気込んだはよいけれど・・・生クリームを絞る袋が無いことに気がつきました・・。今から買いに出かけるのは億劫だわぁ。家の中の「何か」で代用し、ちゃっちゃっと作るか・・・。



そうそう、ちょっと前のエントリーにあるフィリピンのかっぱえびせん、こんな↓パッケージです。

続きを読む »

Home sweet home を感じる朝

毎朝、仕事から車で帰ってくると・・・・


hwindow

車が家の横のレーンウェイに入ると、こうしてはなが窓辺にやってきて私を迎えてくれます。 この姿をみるのが、実は毎朝の楽しみ。 仕事で疲れて家に戻り、こうしてはなの姿を見ると、自然に笑顔になる私。 疲れた朝に、心と身体に「猫セラピー」ですな。

おまけ画像↓

FandH

雨天以外の毎朝の日課、外遊び中のフラフィーとはなです。


ストロベリーのシーズン

イチゴのシーズンがやってきました! ということで週末にイチゴ狩りにでかけました。イチゴ農園に着くと、あたりに漂う甘いイチゴの香り~。これが気持ちよくて、思わず深呼吸。
お天気もよく、このままイチゴの香に包まれてここで眠りたい、なんておもっちゃいました。

摘んだイチゴは2Lのバスケット2個。1個5ドルで、計10ドルでございます。

イチゴ狩りのイチゴって、スーパーで売っているイチゴより甘くて美味しいんですよ~。

stbrs

あさってのお休みにはイチゴのパイでも作ろうかなぁ。

葛餅、失敗に終わる

昨夜作った葛餅。 今日食べてみました。

昨夜切った時点で「これはちょっと」と思いました。 そして今朝、きな粉をかけて、黒蜜をかけて食べてみたところ・・・

不味い~!!

まるで濃い小麦粉の寒天よせみたいな味で、ぜんぜん葛餅の気配が感じられないものでした。


さわやかな夏のデザート作戦は、こうして大失敗に終わりました。 私、多分もう二度と葛餅を作ろうなんて気は起こさないと思います。

葛餅作りに挑戦

夏のさわやかなデザート、葛餅でも作ってみようか、と初めて葛餅作りにチャレンジしました。 
パッケージの作り方どおりに小麦粉を少々いれてお水を入れて、とやってみたんです。 蒸しあがり、出来上がった葛餅を見てみたら・・・。なんだかイマイチ。 色調がまだらなんですよ。 ま、初めてにしては上出来ということにするか、と今度は黒蜜作り。黒砂糖にブラウン・シュガー、そしてお水を入れて弱火でコトコト。黒砂糖ってアクが出るんですね。知りませんでした。 アクを取り除くと綺麗なツヤツヤの黒蜜が完成! さて、頂こうか、と思ってはみたものの、作っているだけでお腹がいっぱいになってしまいました。 今夜はとりあえず葛餅は冷蔵庫に入れて、明日、食べてみます~。

でもちょっと不安。

なぜってね、出来上がった葛餅、こんにゃくより硬いんですよ・・・・。

フィリピン・かっぱえびせん

先日いつも行くスーパー、Loblaws でみつけたかっぱえびせん。 つい買ってしまいました。 韓国製のかっぱえびせんは良くみかけるけれど、フィリピン製のは珍しいな、と思ってね。んで、これったらなんと! Halal でした。 (フィリピンにもイスラム教徒はいるのだ。) このえびせんのパッケージには日本語で小さく「おいしい」とかかれています。

味はですね・・日本人の私としては、やはり日本のかっぱえびせんが一番かなぁ? そういえば、今って梅味のかっぱえびせんとかあるんですよね。(なんか急に食べたくなってきた・・)

日本にいたころ、ポテトチップスなんかのスナック菓子って一年に数回買うくらいだったのですが、カナダでこういったものを見つけると、好奇心からつい買って食べてしまうんです~。 

どこにでも鼻を突っ込む大ボス

さて、前回のエントリーの件で私は小ボスに帰宅後メールしました。 そしたらね、なんと大ボスからレスが来ましただ。 で、ちょこっと昨日からメールでやり取りしているんですけれどね・・・・・・・・・・

今朝の大ボスからのメールの内容は・・・「コミュニケーションしてくれてありがとう」と書かれているわりには、私が質問した事項についてのレスなし。(絶句) 

そして・・・

そのうち一週間くらい日勤に来いって・・・。

これってDOCのScopeで、アドミニストレーターのScopeでは無いんじゃないか、と思うんだけれど・・。 アドミニストレーターは元・ナース。(たぶんRNとしてのレジストレーションは現在もしていると思うけれど。) そのせいか、アドミニストレーターのScope以外にも鼻を突っ込んでいるような印象が私にあり、正直言うと「ウザ~ッ」。 入所者のケアプランにまで鼻を突っ込んでくるアドミニストレーターって、私、初めて遭遇しましたよ・・。

この先を思うと私、頭痛がしてきました・・。



大ボス、小ボスのケチケチ大作戦?!

職場のマネージメントの面子が変わってからというものの、仕事がやり難くなってしかたがないです。 
大ボス)アドミニストレーター)、小ボス(DOC)・・・目の上のたんこぶでございます。
今夜は大ボスと小ボスの判断でまたしても前代未聞の事態が。。。

医療上の問題のため、フルな仕事をこなせない介護士、MAが診断書をマネージメントに提出しました。 通常の場合はModified work といって、「介護士さんの仕事」をさせずにデスクワークなんかさせるんですよ。 そしてこのModified work ,となったMAの穴を埋めるために別の介護士がフロアに勤務します。 

今回大ボスは、MAをわりと自立している入所者さんのフロア、一階に配置させ、一階のフルタイムの介護士をMAのフロアへ配置させて仕事をするようにしたのです。 が、MAってね、診断書によると「持ち上げる」という事をしてはいけないのです。 いくら一階が自立している入所者さんが多いからといっても、それでも入所者さんの「身体を持ち上げる」というのは避けて通れないんですよ。  こんなModified workってあるか?!  と私は不思議でたまりませんでした。 MAに自分の身体は自分でしか守もれないのだから、労働組合に講義したり、もう一度はっきりマネージメントと話すように、と言ったのですが・・・やっと得たフルタイムのポジションを失うことの恐れもあるのでしょう、彼女は「大丈夫、大丈夫」って・・・。  実は彼女が診断書を持ってきた日、一番気にかけていたのは「これでフルタイムのポジションを失うようなことになったら・・」と心配しておったのです。 

MAの穴埋めをする介護士をアサインしない=お金が浮く。 この春から初夏にかけて、職員の病欠が一シフト5名でも派遣会社を利用してスタッフの欠員を埋めようとしなかったマネージメント。 フルタイム、パートタイムのRNのポジションを埋めず、ほぼ毎日がショートスタッフ。←これもまたお金が浮くんですよ。だって三人分のRNのお給料が一シフトで必要だとしても、実際に支払いをしなければならないRNは一人だけだもんね。 不景気の影響が、とうとう私の施設にも出てきたか・・。



 

屋根の上にのる

週末までオタワで上映されていた「おくりびと」を観にいこうと思っていましたが、案の定、ひたすら寝てしまいました。。途中数回おきましたが、結局ちゃんと起きたのは今朝(月曜の朝)です。 最近雨の続くオタワ。 先週、どどっと雨が降った際にちょっと気になった我が家の「雨どい」。 一年ちょっと前に雨どいをインストールしたんですよ。家の裏側の雨どい、その「どどっ」と雨の降った日、たまたま裏庭にまわったら・・・雨どいがほとんど機能していないのです。 んなアホな~!!

ということで今朝は朝から屋根の上に上がって雨どい調査。 雨どいには枯葉なんかがたまらないようにメッシュ上になったものがついているのです。このメッシュの上に枯葉がたまったのかしらん?と思っていたのですが、異常なし。 なぜだ~、なぜだ~、なぜ雨どいが機能しないのだ~! ちなみに家の正面側の雨どいはしっかり機能しておるのです。 かえってメッシュなんかつけないほうが良かったのかしらん?? 

しかし・・お天気の良い日に屋根の上にのるって気持ちよいね。 このまま屋根の上でごろりん~としたいな、なんておもっちゃった。



ロブスターの季節

この時期、海のないオタワですが、スーパーでロブスターが売られていたりします。先日購入したロブスター・・・。港町で育った私としては、こういったものがたまに食べたくなるんですわ。  日本でロブスターなんかめったにお目にかかることがないし、カナダに住むようになってからも頻繁に食べるわけではないので、私のロブスターの食べ方は・・豪快です。 (私が蟹を食べている姿は別の意味で豪快だけれどね、へへっ。) 蟹なら食べなれているので、甲羅をパカッと割って食べれるところをムシャムシャたべちゃうけれど、ロブスターはそうはいかないんだな。。まずロブスターの両腕(というのだろうか?)をもぎ取り、シェルをガリガリと割ってムシャムシャ。 冷凍ものはやはり味がちょっと落ちますが、それでも充分満足。 足を食べ終えて、次はボディへ~。 ボディのシェルをむしりとり、ふとロブスターを刺身で食べたらどんなだろ?と想像。 そう思ったら気になって仕方がない・・・。 水槽で泳いでいる(縛られている)ロブスターを買って自分で刺身にしてみるか? でも、水槽の中に入れられて売っているロブスター、あれはどのくらいの期間水槽に入れられておるのだろう? そう思ったら in 水槽のロブスターには食指がイマイチ・・・・。 やはりこれはプリンス・エドワード。アイランドなんかに行って食べるのが一番なんだろうなぁ。 現在プリンスエドワードアイランドに住んでいるDによるとプリンス・エドワード・アイランドの公用語は 

1)英語 
2)フランス語 
3)日本語 

なんて冗談をいうくらいだから、ロブスターの刺身を出してくれるお店はありそうな気がする・・。もしそういったお店が無ければ、現地で自分で刺身にして食べちゃえばいいか・・。

ロブスターのお刺身、肉厚でおいしそうだなぁ。 でも大味かしらん? ロブスターのボディのシェルをむしりながら、そんなことを考えていたら、ダイニングテーブルの足元には我が家のお嬢、フラフィーとはな。 ロブスターのおすそわけをしてもらえるだろうか?と期待しているのでしょう、私の顔を見つめていました。  

 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。