今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

裏庭のラズベリー

去年植えたラズベリーの木。 まだまだ小さくて、おかしな成長の仕方をしていますが!

今年、実をつけましたよ~。
虫に食べられたりして、収穫できそうなのは、数個なのだけれど・・

食べてみたら、美味しいんだなぁ、これが。 うむ、今からラズベリーの苗を植えるのは遅いから、来年は、もう2,3本植えてみようかな。 そうしたら収穫量も増えるし。うしししっ。

自分の中では、赤い木苺は夏の風物詩でもあるのです。 子どもの頃、夏休みに裏山で遊び、バッタや蝶々を追い回し、その合間におやつ休憩で、野生の木苺なんか食べたのですよ。 形がきれいで、大きい木苺を見つけると、やけに嬉しかったなぁ・・。  よし、来年は、もう少しラズベリーの苗を植えるぞ~。

カナダで梅酒~プラム酒

今日、スーパーで見かけたイエロー・プラム。  とうとう、出回りました、ふふふっ。 
このイエロープラムで、なんちゃって梅酒が作れるのですよ。昨年、初めて作ったのですが、まずまず成功。 そんなわけで、今年も梅酒作りにチャンレンジします、私。 この週末は、梅酒つくりのために、大量のウォッカを買ってこなければ・・。あ、ホワイト・リカーは、こちらでは手に入らないので、代わりにウォッカを使ってプラムを漬けるのです。今年は少し多めに作ろうかな~。

back to "my life"

すっかり身体は仕事モードになり、昼間のお日様,陽気が恋しい今日このごろ・・。
仕事場では、月末ということで、修羅場中。しかし、私のバケイションの間に入った濃い~新入所者さんらで、まったく書類仕事が片付かない。 オマケにこの時期は、スタッフがバケイションを取っているため、病欠があったりすると、それを埋める充分な人材が無いので、ショートスタッフになりがち。実際、先週末から、ずっとショートスタッフが続いているのですよ。 現在、私のフロアの一部は、アウトブレイクで閉鎖中。濃い~入所者さん達、アウトブレイク、おまけに人員不足といったラブリーな状態ざんす。

さて、近頃のはなですが・・相変わらず目やには出ていますが、量は減ってきたようです。時々くしゃみをしていますが、さほどひどいようではない感じ。これなら獣医さんのところに連れて行かなくても、大丈夫かな? 実は・・・、今日、同僚から「ねぇ、子猫ちゃん、欲しくない??」と聞かれたのです。彼女の猫さんが、子猫6匹授かったそうなんですよ。 ううううっ。とっても「誘惑」だわ、コレ。 我家にもう一匹子猫ちゃんが居たら・・・はなの良い遊び相手になりそうだなぁ。 でも、フラフィーが新・子猫ちゃんの出現がストレスになり、また病気になったりしないかしらん?(フラフィーは、はなが我家にやってきてまもなく、ストレスで病気になったのです。)  

はなの目やに

今朝もはなの目から赤黒い目やにが出ています。これはまずいなぁ、と今日は、相棒がはなを動物病院へ連れていきました。 相棒の話によると、三毛猫によくあるサイナス・プロブレムだと言われたそうです。 しかし、三毛猫にサイナスの問題が多いってどういう理由からなのでしょう??もし、知っている方が居たら、教えてください~。獣医さんからは、薬などの処方は無く、、汚れたら目をきれいに拭いて、と言われただけだそう。 帰宅したはなを様子観察していると、涙目です。赤黒い目やにのせいか、目の周りも赤黒くなりつつあります。 化粧用のコットンをお湯で濡らしてはなの目を拭いているのですが、本当に拭くだけでこの目やに、涙目が治るのだろうか???とちょっと心配ですよ、わたし。

話はそれてしまいますが、イグアナってどう思いますか? 爬虫類系が苦手な私は、どうもダメなんですよ。 たまたま今日、新聞に人間がイグアナをまるで赤ちゃんのように抱っこした写真が載っていました。 それを見て、「ひゃ~、イグアナだ~!」と一瞬たじろいだのです。 しかし、よ~く見て、考えてみました。 こうして抱っこされているイグアナ、なんだか愛らしいじゃないかしらん? もし、イグアナがキュートな猫やウサギ、犬のような容姿だったら。。きっと私はイグアナを好きになるかもしれないな、などと思ったのでした。

9日間の一部

姉達滞在中に撮った写真の一部を公開~。

まずはやっぱりナイアガラでしょ。


st1

ホテルからテクテク歩き、ナイアガラが見えた時は感動しました。 でかい! というのが私の第一の感想です。

そして・・・st2

滝の裏側を回るツアー。黄色いカッパを渡されましたが、カッパを着ていても、濡れます・・。写真は姉、甥、姪。 カメラも濡れてしまうので、ササッと写真を撮らなければ、カメラはイカれてしまうかもしれません。 

ナイアガラからオタワに戻った翌々日、オタワ観光でお決まり!の国会議事堂衛兵交代式。

st3

画像では衛兵だけですが、音楽を担当する人でキルトを着ている人達がいるんですよ。で、このキルト隊の頭に被っている帽子にちょんまげのようなものが立っておるのです。それを見て姪は「あ!馬鹿殿のちょんまげみたい~!!」と喜んでおりました。

猫にまたたび

去年のクリスマスに、日本の友人からまたたびの枝をもらいました。 これを我家の猫さん達に、時々与えて遊ばせていたのです。 またたびを与えたところ、やはり「猫にまたたび」で、二匹は、またたびの枝を舐める、かじる、遊ぶ、で頂いたまたたびの枝はかじられ、枝が割れ、すごい状態になりました。 このボロボロになったまたたびを見て「ああ、新しいまたたびが欲しい」と思っていたのです。 そんあ矢先、姉が日本からやってくる際、「何か欲しいものを」と聞かれ、私はまたたびをリクエストしました。 姉の同僚のご主人が山野草の販売をしているそうで、そのツテでまたたびをゲット! 姉は、荷物の検査で、木の枝がスーツケースに入っていたら不味いかも、ということで、またたびをカモフラージュするため、リース状にしてきました。こうして苦労して運んでもらったまたたび・・・・姉の義理母によると、猫はまたたびの木よりも草を好む、という話です。 持ってきてもらった「またたびリース」は、まだ新鮮だったので、枝に多少の葉がついていました。 姉の義理母は正しかった! またたびリースをフラフィーに与えると、枝についた葉の匂いをくんくん嗅いで、満足そうに食べ始めたのです。 その後、またたびリースを「猫つぐら」の中に入れてみました。 フラフィーは一年ぐらい前から「でぶにゃんこ」にになってしまいました。 猫つぐらの中に頭をつっこみ、またたびを嗅いでいるフラフィー。この格好が、可笑しくて仕方なかったです。 だって猫つぐらから、大きなお尻だけ出しているんですよ。(笑) キャットニップという、猫が好むといわれる乾燥ハーブのようなものが入った猫のおもちゃも家にはあるのですが、私のにゃんこさん達は、それよりも「またたび」が好きなようです。 こうしてはなもフラフィーも、長野産のまたたびで今夜も遊んでいるのですが・・・・数日前から、はなの左目に赤黒い色の「目やに」が出てきました。 嫌な予感・・・。 はなったら、おかしな感染をしているんじゃないかしらん??  明日は動物病院へ電話して相談してみようかなぁ。 

嵐の後

嵐のような9日間が、あっという間に過ぎました。
姉達が到着した翌日、午後からダウンタウンに連れ出しました。
その後、VIA Rail でナイアガラ・フォールズへ。
オタワから12時30分頃出発し、ナイアガラの駅に着いたのは、午後7時40分頃でした。初めてみたナイアガラのVIA Rail の駅は、わりとこじんまりしたかわいい駅でした。

ナイアガラでは、霧の乙女号に乗船しようと思っていたのですが、心配症の甥(13歳)は、「もし、沈没したらどうしよう、船から落ちたらどうしよう」と怖がり、霧の乙女号乗船計画は、却下し、別のアトラクションへ。地下のトンネルを抜けて、滝の裏側へ回るアトラクションだったのですが、最後に滝の横へ出た際、カッパを着ていても、滝の水しぶきで濡れてしまう次第。水しぶきで濡れたことにぶーたれていた甥ですが、流石にテーブル・ロックに連れて行くと、感動したようでした。 姪のリクエストで、鳥、爬虫類系の館(名称を忘れました)に入ったのですが、姪は、とぐろをまいている蛇を見て「可愛い~」だって・・。この館内では、鳥はケージに入っておらず、放し飼いされておりました。目の前を可愛い小鳥がさえずり、パタパタと飛んでいくんですよ~。これは子どもが喜ぶはずです。あ、もちろん、こうもりやふくろうの夜行性の鳥は、ガラスのケースに居ましたが・・。

ナイアガラで二泊した後、オタワへの帰り際に、トロントに立ち寄り、世界一!のCNタワーへ。 知っている人は、知っているでしょう、CNタワーにはガラスの床、という場所があり、タワーの床から下を見下ろせるのです。下の風景をみて、怖くなり、ガラスの床へ足を踏み入れられずにいる姪のリアクションが可笑しかった~。しかし、CNタワーったら入場料がべらぼうに高くなっていて、びっくり。昔は14ドルくらいだったんだけれどなぁ・・。 タワーのあとは食事をし、閉店間際のセント・ローレンス・マーケットをぶらぶらし、帰りの鉄道の時間まで時間つぶし。

オタワに帰ってきてからは、お決まりの「国会議事堂前の衛兵交代式」このセレモニーの間、倒れて地面でピクピクしていた衛兵さんがおり、心配でした。この夏、炎天下で倒れた衛兵がいるときいていたのですが、この日は肌寒いくらい。 倒れてすぐに入場口あたりに待機していたカナダ軍の方達に介抱されておったのですが、倒れた兵隊さん、大丈夫だと良いのですが・・。

本日、姉、甥、姪は、日本へ戻りました。そしてここ暫く、賑やかだった我家に静寂が戻りました。見送りから戻り、がらんとした我家のリビングを見て、嵐が去った後のような気分。 これで私は、また日常生活へ逆戻り・・・。しかし、良い意味でも、悪い意味でも、今回は、濃い~休暇でした。 やはり、ちょっと疲れましたよ・・。だって・・・ツアーガイド役、そして通訳、ツアーのコーディネート、チケットを抑えたりで、マルチプル・タスクだったんだもん~。

良い休暇を!

またしても、例のRotten介護師で、ピリピリ、キリキりした勤務でした。 でもね、退勤前に同僚とお喋りして、少し気分がよくなりました。 私は今夜からまたしても!休暇にはいります。 今回の休暇は特別~♪だって日本から姉、甥、姪がやってくるんだもん♪ これがわくわくせずにいられるでしょうか。 私の休暇について、同僚ナースのマーガレットと軽くお喋りしたのです。 姉が子ども達を連れて遊びにくる、今回、私の母は体調不良のため、カナダに遊びにくることを諦めた、甥、姪にとっては初めての海外旅行、云々。 そして帰り際にマーガレットが「Topi,良い休暇をね!」と言ってくれたのです。


「良い日を」
「良い週末を」

こうした言葉が、日常、深い意味もなく、カナダでは、普通に使われるのですが、今回、マーガレットに言われた「良い休暇を!」  は、心深く響きました。  たった一言が、こんなに人間を幸福にできるのですねぇ。  

メープル・シロップとブルース・フェスト

本日土曜のオフ、友人が我家に「多分やってくる」ということで、友人を待ってみましたが・・・

午後4時になっても連絡なし。もう、こんな時間じゃ、今日は来ないだろうな、と思い、ダウンタウンまで出かけて先日作った眼鏡、サングラスを取りにいきました。眼鏡はかけた当初は良かったのですが、じょじょにずり下がってくるんですよ。 そしてサングラスは、フレームが大きい?!みたいで、調節しなおしてもらいました。眼鏡を試しにかけたときは、サンプルのレンズなので、私の処方のレンズより、はるかに軽かったのです。 眼鏡が下がってくるのはレンズの重みが原因かもしれません。あと、私の鼻が低すぎるのも原因でしょう。 しばしばずり下がる眼鏡を上げるのって、うっとおしいです。 これは後日調整しなおしてもらわなければ・・・。最悪の場合は返品だな・・。 眼鏡を受け取ってから、折角ダウンタウンきたのだから、とバイワード・マーケットへ行きました。家にあるメープルシロップが、もうじき無くなるので、買おうと思ったのです。  私はいつも缶入りのシロップを買い、プラスチックの容器に入れ替え、使います。 いつもの缶入りシロップをみたら・・値上がりしているぞよ・・。しかも「ライト」は更に値段が上がっている・・。昔は、ライトもミディアムも同じ値段だったのに・・。 あ、知らない人もいるかもしれませんが、メープルシロップにはグレードがあります。 ライトが一番風味豊かで美味い、とされているのです。(これはやはり美味しいといわれるだけあり、すぐに売り切れてしまうことが多い)ライトに続いて、ミディアム、アンバーとなります。アンバーは、その名の通り、色が濃く、濃い~味で、お菓子作りに向いている、といわれています。  マーケットにあるメープルシロップの屋台、3つのうち、「ライト」が会ったのは一店舗のみ。ここで私は「ライト」をお買い上げ~。  しかし、何故値上がりしているのだろう? 観光シーズンだからだろうか? 同じ商品のミディアムのシロップは、いつも行くスーパーで、マーケットより安く売っているのに・・・。 
バイワード・マーケット=スーパーより安いという認識が私にはあったんですけれどねぇ。

こうして、シロップと美味しそうな黄色いマンゴーを買い、バスにのって、家に帰ろうとしたら・・・・・・
バスがめちゃくちゃ混んでいるのです。一つ目のバスは、人が多すぎて乗れませんでした。 二つ目のバスも同じように、満員です。 思えば、今、オタワは、「ブルース・フェスト」の期間です。ダウンタウンから少し離れた場所がブルース・フェストの会場となっているので、そのためこんなにバスが混んでいたのです。 三度目のバスにも、多分乗れないだろう・・そう思った私は、割と空いていた、まったく別ルートのバスにのり、ブルース・フェストの会場よりひとつ先のバス停で折りました。 そしてここで本来乗りたかったバスへと乗り継いだのです。  バス停でバスを待つ間、会場から音楽、歌が聞こえてきました。 夏の良いお天気のなか、屋外でブルースを聞きながらお酒を、というのもよさそうですねぇ。 う~ん、来年は、ブルース・フェストに行ってみようかなぁ。

冷蔵庫許容量マキシマム状態

休暇後、仕事に戻ってから、まともに食事を作っていません。 (って、いつもそうなのですが、ここしばらく、本当に料理していないのです) おまけに食糧の買出しも怠っているので、我家の冷蔵庫の中が空っぽ状態。 さすがにパンもマーガリンも無い日が二日続き、小腹が空いたときに、飢えを満たす食べ物が無いのは厳しいな、と冷蔵庫の中を見て、ただ扉を閉める私・・。これじゃいかん! ということで、仕事帰りに開店8時のスーパーで、パンとマーガリン、他に幾つかの食糧をゲット。 あ、昨夜は、仕事場に持っていく軽食も無い状態だったので、午前2時、仕事の合間にマクドナルドに行きバーガーをゲット。(笑)  

明日は、もう少し食糧の買出しをしようかなぁ。

久しぶりに濃い~勤務でした。またもや、魔の水曜日、山のような指示が溢れておりました。 この頃施設内では風邪症状のあるかたが、てんこもり。そのための継続的なモニターリング画必要で、私は体温計と聴診器を携え、フロアをくるくる。 心配症のCGさん、先日肺炎になったため、いつも以上に不安になっており、この方の対応で20分。勤務開始まもなく転倒した入所者が1名。 早朝に病院を受診するMLさんは、今朝もさまざまな不満を訴え、スタッフを怒鳴りつける。 そして先日、やっと精神科受診になった50代のDBさん。 今夜も意味の無いナースコールを頻繁に鳴らし続ける。この方ね、部屋に行って、どうしたの?とたずねると「ナースコールならしていないわよ」だとか、ベッドサイドにおいてある飲料ボトルに水を故意にシーツに撒き散らしたり、オムツの中に水をダダーッといれてみたり、と摩訶不思議な行動をとるのです。 ナイトテーブルに置いてあるものを全て床に投げ捨て、スタッフを呼んで、それらを拾わせたり。「じゃ、大丈夫ね」と頼まれたことを済ませ、部屋を出ると数分内にまたナースコールを鳴らすのですよ。(泣) んで、明け方、これまた心配症、ちょっとサイコチックなNKさんが転倒~。

はい、今日の退勤時間は午前9時でした・・・。

ナイアガラ観光計画

数日ブログの更新を怠ってしまいました・・。というのも、もうじきやってくる日本の姉、甥、姪に関したことで、ちょっとゴソゴソ。パタパタしておったのです。 彼女らが東京ーオタワのチケットをおさえてから、甥が「ナイアガラに行きたい~」と。 予めナイアガラに行きたいことを知っていたら、東京ートロントでチケットをとることを勧めたのですが、遅かりし、由良の助。なので、ここ数日、ネットでオタワからナイアガラ行きのパッケージ・ツアーやら交通手段など、色々調べておったのです。  で、これが疲れるんだな・・。 あ~あ、なるべく今週末までには、ナイアガラ観光プランを仕上げてしまいたいぞよ・・。

フラフィー、はな、ご近所・社交界デビュー

お天気の良い、日曜の朝。仕事からもどると、いつものようにフラフィーが、外遊びおねだりです。 外遊びおねだりと、おやつをもらうときは、とっても可愛らしく行動,鳴くフラフィー・・・。今朝もこの「可愛い攻撃」にヤラれて、フラフィーを外へ連れていきました。

フラフィーを外に連れ出すと、彼女は、タタタタとミスター・ズッキーニ(近所にすむ紳士)の家に向かって歩きました。 過去に私が、フラフィーを外に連れて行った際、ミスター・ズッキーニ邸の前には、毛足の長い猫がチョコンと座っていたのです。 もしかしたら、フラフィーは、ミスター・ズッキーニの家の猫に会いたいのかしらん? そう思いながらフラフィーの後を追いました。 ミスター・ズッキーニ邸の前庭まで歩んだフラフィー。家のドアの前には黒と白の毛足の短い猫がじっと座っています。 じょじょにこの猫へ歩み寄るフラフィー。 そこへ、停まってあった車の陰から、毛足の長いトラ猫が登場。以前、フラフィーと見つめあったにゃんこさんです。 このトラ猫とフラフィーは暫く見つめあいました。 ドアの前に座っている黒と白の猫は、フラフイーとトラ猫の様子をじっと観察しています。 私もこの猫のようにトラ猫とフラフィーを観察していたのですが・・・ミスター・ズッキーニのお隣の家の庭に、別の猫が登場しました。黒と白のブチがある猫で、足を引きずっています。 フラフィーとトラ猫は、相変わらず、距離を置いて見つめ合っていました。 じょじょにフラフィーの居る方向へ歩み寄るブチ猫・・・。 そうしているうちに、フラフィーは、ブチ猫が接近している事を感じ取りました。トラ猫から視線を外し、今度はブチ猫と見つめあうフラフィー。 ゆっくり、ゆっくりと足を引きずりながらフラフィーへ歩みよるブチ猫。  西部劇での撃ち合いをはじめる前のような緊張感が二匹の間に漂いました。  やがて二匹の距離がかなり短くなり、顔面と顔面がくっつくくらいになりました。 そうしたら・・・・フラフイーとブチ猫は、お互いの鼻をこすりあって、チョコンと芝生の上に座ったのです。猫同士がキスしているみたいで、かわいいシーンでしたよ、これ。  数秒後、フラフィーは一歩下がって座りなおしました。 そこへ・・相棒が、はなを連れてきたのです。 数匹の猫を見たはなは、嬉しかったのでしょうか。「みゃ~」と鳴き、他の猫達の気を引いたのです。 距離を置きながらも、お互いの様子を伺っている猫達・・。 ただ、黙ってお互いを見つめているんですよ。 はななんて、フラフィー以外の猫を見たのは一年ぶりくらいでしょう。 フラフィーも一度に数匹の猫にご対面~の機会なんて、ほとんどありません。 こうして今朝、私のフラフィーとはなは、ご近所の猫社交界デビューを果たしたのでした。 

ところで、何故「ミスター・ズッキーニ」と近所の紳士を呼んでいるかというと・・・引っ越して間もないころ、本人が自己紹介してくれたのですが、もの覚えの良い私は、彼の名前をすぐに忘れました。 その後、この紳士が「別荘の庭で採れた野菜~」と私に、巨大なズッキーニとインゲンをくれたのです。 それ以来、彼は「ミスター・ズッキーニ」あ、これ、もちろん本人は、私が「ミスター・ズッキーニ」と読んでいることは知らないんだな・・・へへへっ。

夢の!現金 $ one million

同僚二名と私、計三人で買った宝くじ・・・。 一枚100ドルのチケット、三枚買うと250ドルになるんですよ。これを三人で買ったわけです。 

もし当たったら・・・もちろん三人で山分けする予定でした。 
結果は・・みごとに全てはずれ~。 

これでJもAも私も、「住宅ローンを宝くじで返済する」という夢は、木っ端微塵に砕かれたのでした。
さ、今夜もがんばって働きますかね・・・。

another vacation is coming soon

ららららら~、今月中に希望した休暇願い、許可が正式におりました~。嬉しいなぁ!! この休暇を心の糧にし、がんばります~。 ぼちぼち休暇プランを練らなきゃね。久しぶりに会う甥、姪、そして姉。 ああ、わくわく~、これほどワクワクする休暇って、久しぶりのような気がします。

 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク