今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラフィーの嫉妬~ダンボール箱~

オンラインで注文した物が到着。 中身を出して、寝室へ運び、リビングに戻ると・・・・


cbc4


荷物が入っていたダンボール箱に侵入したはな。 なかなか心地よさそうです。

そこへフラフィーがやってきました。

cbc1


~以下の二匹の会話は、私の推測~

フラフィー) ふ~ん、はながダンボールで遊んでいるのね。
はな) あ、私のことを見ているな・・・。

フラフィー) 私もダンボールの中に入って遊びたいなぁ。


cbc3


フラフィー) よし、決めた。なんとかしてダンボールをはなから奪ってやる!


cbc2


こうしてフラフィーは、ダンボール箱の外側からバシバシと叩いて、はなを追い出そうと一生懸命です。箱から出かけたはなの前足を捕まえようとしたり、はなはそれに抵抗して、箱の中でジタバタ・・。

このやり取り、見ていてとっても楽しかったです♪

スポンサーサイト

リモコン・芝刈り機

凄いものに遭遇しました。 買い物帰りに歩いていたら、見慣れないものが目にはいりました。

なんだ、アレは? 




rl


よ~く見てみたら・・・・
それは・・・リモコンで動く芝刈り機でした。  こんなの初めてみましたよ。

こりゃ、便利でしょうね。芝刈り機には幾つか種類があるのですが、これが一番身体的に楽なタイプでしょう。だってリモコンをいじっていればいいだけですものね。

整頓と所有物の関係

18歳で家を出たときは、ダンボール数個だった私の所有物・・・月日とともに、所有物が増えています。カナダにきてからは、所有物は増える一方で、減る、ということが無いのです。 まぁ、カレッジに行って英語や看護の勉強をしたので、テキスト等が大量に増えたのも原因なのだけれど・・。 この所有物を少なくして、「身軽」になりたいとずっと考えていました。 しかし、こういうのって、勢いとモチベーションがないと、なかなか行動に出れないのです・・・。 それにね、アパート暮らしのときって、スペースも限られているし、自分のいるエリアに全てのモノが見えるから、モノを探すということが、ほとんど無かったのです。 しかし、現在.....家の中、地下や一階に点在する私の所有物。おまけに相棒が私の「所有物」をたまに使って、そのままどこかに置きっぱなしだったりするので、余計手に負えない。こうなったら所有物を減らそう。所有物が少ないと、整理、整頓、掃除だって楽なはず。

不必要なモノはなるべく捨てて、本当に「使うもの」だけを手元に置こう・・・。
自分の所有物は「自分のもの」として整理しよう。 

これが本日の私の目標でした。






この計画、しばらく続くでしょう。
何故ってね、片付けをしていると、不思議なものや、懐かしいものが出てきて、つい見入ったりしちゃうんですよ。それで時間が潰されて、いくら時間があっても足りないの。 ま、マイペースで整理していきますか。それでもね、今日はだいぶ紙類、本を整理しましたよ。

ヘアカット

すっかりロングヘアになってしまった私。。そりゃ、一年以上髪を切らなければ、ロングになりますよね・・。 そこで、ついに、昨日、意を決して、アカットしました。 今回は、カナダ人美容師さんではなく、オタワに住んでいる日本人の美容師さんに髪を切ってもらったのです。 美容師さんに髪の毛を梳かしてもらい、鏡に写った私の姿・・・まるで市松人形の髪の毛のようです。 ずっしり、黒い長い髪・・。 欧米人の目からみたら「エキゾチック」と思われるかもしれませんが、私が見た限りでは、頭がでかくて、重い! 印象。  ということで、重い頭を軽くするため、髪の毛をじゃんじゃんすいてもらいました。美容師さんと「髪の毛をすく」ということについてお話ししたのですが・・。 北米では一般的にボリュームを出してもらいたい人のほうが多いようです。そして、白人系は、髪の量が少ない!だから「すく」必要がない。 つまり、髪の毛をすく、という技術はこちらでは必要とされていない。髪の毛をすくという切り方を知っているこちらの美容師さんは、ほとんどいないのではないか?ということでした。

今回、カナダで日本人美容師さんに髪を切ってもらったのは初めてです。仕上がりは・・満足~。頭が軽くて、飛んでいきそうですよ~。 切った後、床に落ちた自分の髪の毛をみたら、エイミー・ワインハウスの髪型に使えそうなヘアピースが出来るくらいの量でした。私って本当に髪の毛が多いんだなぁ。 

猫バッグ

夕べ、なにやらゴソゴソ音がする、と思ったら、フラフィーが私のバッグの中に入って、遊んでいるではありませんか! その姿がとっても愛らしかったので、ひょいとバッグ+フラフィーを持ち上げ、写真撮影~。私の顔はエアブラシをかけてみました・・。これが本当の「猫バッグ」かも・・。そういえば英語で「かばんの中の猫を見せる」というような言い回しがありますね・・。 暫くフラフィーは、バッグの中でじっとしていました。その後、もぞもぞと動き、ジャンプしてバッグから飛び降りました。 猫って袋や箱が大好きなんですねぇ。 空き箱なんか置いていると、すぐフラフィーとはながそこに入っちゃうの。 

cb

ソフト・コンタクト・レンズ

私は、以前、コンタクトレンズを常用していましたが、ここ数年、ほとんど眼鏡で生活しています。 今日は新しい眼鏡を作りに出かけたんですよ。 お店でフレームを選ぶにあたり、困りました。 なぜかというと、眼鏡を選んで、かけてみても、いったいどんな印象になっているのか、自分の目で見えないのです。  「どうですか?」と店員さんに言われ「見えません・・・」と困った返答をした私。 そうしたら、このお兄さん、「コンタクトレンズを使ったことはある?あるなら大丈夫だね。今、奥からサンプルのコンタクト・レンズを持ってくるから。それを装着して、眼鏡を選べば良いよ。」 って。 こうして私は頂いたサンプルのコンタクトを装着したのですが、が。 私が使っていた(使っている)コンタクトは「ハード」。頂いたコンタクトは「ソフト」 「まぁ、柔らかいか硬いかで、入れりゃ一緒でしょ」なんて思ったのです。 しかし、ソフトのレンズって慣れていないから、装着が難しい。装着のコツを掴めていないんですね、私。レンズがグニャグニャと私の指で動くのだ~。 なんとか無事のソフトレンズを装着したのですが、悪くはないです。 もし、またコンタクトを作る機会があれば、ソフトでもいいかな?と思いました。 最近ではソフトレンズが主流らしいですしね。  店員さんがくれたコンタクトのおかげで、無事、安心して眼鏡の選択が出来ました。約10日後には、新しい眼鏡が出来る予定です。 そうそう、ついでに度入りサングラスも作っちゃいました。 だってね、2 for 1 (眼鏡、もしくはサングラス二つでひとつ分の値段)だったんです~。 

野うさぎ

白い、まんまる尻尾の野うさぎさん。よく我家の裏庭にも登場しますが、ピョンピョンとすぐ、逃げちゃうのです。たまたま先週、お向かいのピーターさんの家の前で野うさぎ発見!ちょうどカメラを持っていたので、パチリ。

bunny


時々、赤ちゃんバニーも見かけるのですが、これがまた小さくて、可愛らしいんですよ♪

眼科受診~視力検査

やっとこさ、重いお尻をあげて、視力検査に行きました。 場所は某ショッピング・モール内の眼科。(私の行動範囲を知っている人なら、どのモールかバレバレですね。) 今日は、先ず、予約を入れようと思ったのですが、ウォークイン(予約なしでも診察してくれる)もOKの眼科でしたので、さっさと済ませようと、そのまま診察してもらいました。 眼科の助手さんというのでしょうか、その方達に眼圧を測られたり、眼底写真を撮られたり。で、最後に眼科医が視力の検査をしてくれたのですが、このドクター、強烈~。 ステレオ・タイプ的な意見ですが、ほら、インド人で、押しのすごく強いタイプの人、いるでしょ? 相手の反応をお構いなしで、じゃんじゃん自分の早口ペースで物事を進める人。このドクターに、「どっちがみやすい?」って何度か聞かれたのですが、どっちがみやすいかと判断をつけれる前にササッとレンズを変えちゃうの。 そんなに早いんじゃ、違いがわからないよ~。 「もう一度前のレンズにしてみて」等と何度かお願いして、検査を進め、眼鏡の処方箋を書いてもらったのですが・・・。  

サササッともの凄いスピードで検査が終わらせたこの、眼科医、なんだか信用できない、という気持ちが私の中に・・・。書いてもらった処方箋も、なんだか信用できないなぁ・・。  この信用ならない診察、処方箋、90ドルなり。  

難しい選択

リビングルームにあるカウチ。この春あたりから、カウチの布がかなり痛んできました。 もう、7年程使っているのですが、布が磨れ、穴が開き、やがてその穴が大きくなってきたのです。 これは、もうカウチの布を張り替えてもらうしかないでしょう。 そこで今日は、夕方、このカウチを買った家具屋さん、Lazy Boy に行って、布の張替えをしてもらえるか、聞いてみました。 販売員の方に伺うと。。。お店で布の張替えは請負っていないとのこと。 そのかわりに、布の張替えをしてくれるお店を紹介してくれました。 「家具屋にお勤めしているくらいだから、カウチの布の張替えの相場くらいは知っているだろうな、と思い、私は担当の方に質問を続けました。 ・・・布は大体安くても1フィート50ドル。カウチには、12フィートぐらいは必要でしょう、これにレイバーを加算したら、ざっと1000ドル以上にはなるでしょう、だって。 実は私のカウチはリクライニング・チェア(これもリビングに置いてある、大体いつもフラフィーに占領されていますが)と同じ布です。 もし、今と同じ柄の布が手に入らなかったら、カウチとリクライニング・チェアの両方を同じ布にするため、二つとも張り替えするとなると・・・・新品のカウチ、椅子を買えるだけの出費です。 担当のお姐さんは、「だからね、ほとんどの人は張替えをしないで、新しい家具を買うのよ。余程価値のある家具、アンティークや、思い入れのある家具なら、それだけ出しても張替えする価値があるでしょうけれど」だって。


う~ん、悩んじゃうなぁ。

先ずは張替えの見積もりを何件か出してみようか? それとも姑息敵な手段で、スリップ・カバーをカスタムメイドで作るか? スリップ・カバーとは、カウチや椅子にかぶせるカバーで、ぴったりとフイットするので、見た目をカバーするだけならこれで充分イケる。 オマケに張替えに比べれば、かなり出費は抑えれるはず。  しかし!我家のカウチは、シートのクッションを外し、ガーッとマットレスを引っ張ると、ベッドになるんですよ。このベッドはお客さんが泊まるときなどに利用するのだ。 お客さんに「さぁ、どうぞ」とスリップ・カバーを外してベッドにするとき、ボロさがこんにちは~、しちゃうんだよなぁ。 これ、かっちょ悪いよね。他人に穴の開いたパンツを見られるくらいの恥ずかしさかも。(注!私は穴の開いたパンツは穿きませんよ! ポケットに穴の開いたスクラブなら着ますが。)

ああ、頭が痛いなぁ。

さぁ、どうするか?しかし、これも急いでやら無くてもよいことなので、急いで決断しなくても良いのですが、迷うなぁ・・・。

安息日と腕の痺れ

お日様が昇っている時間帯に覚醒、夜にはお布団へ、という、「普通の生活サイクル」が出来ない夜勤専門生活者の私ですが、この休暇中は「普通」の生活サイクル~。 で、さて、今日は何をしようか、と思ったのですが・・・実は数週間前から右手のひじから指先にかけて、間欠的に痺れが出てきました。これ、とても不快なんです。利き腕が痺れていると、何かしたくても、そんな気になりません。もう、今日は、家の中で何もせずに過ごそう、今日は、安息日だ、そう思うようにしよう、そしてゴロゴロしていました。でも、ゴロゴロするのに飽きちゃって、夕方から本を読み始めました。・・・・やはり本を持つのに、手首の角度が影響するのでしょう、また痺れが・・・。こりゃ、装具着けなきゃ駄目かしらん? この腕の痺れに対し、専門医を紹介してくれると先週言ったドクターK。「多分手根管症候群だね」って。 ドクターK、はやく専門医を紹介してください~。

除湿機

北米の住宅構造・・・大体、地下室があります。初めてカナダの一般家庭の家を訪問した際、私は地下室がある、ということに大変驚かされました。二階建ての家だと、地下一階、地上二階、平屋だと地下一階、地上一階、となるわけです。私の家は、平屋、そして地下室があります。この地下室にはベッドルームが二つ、洗濯室、お風呂場、物置部屋、そしてファミリールーム、もしくはレクレーションルームと呼ばれる部屋があります。で、地下室ですが、一階から階段で地下に降りる途中から、空気の感じが変わるのです。階段の踊り場あたりから、やや冷たい、湿度が高いような空気になります。もわ~っとした冷たい空気・・これはなんとかしなくちゃな、と以前から考えていました。まぁ、相変わらずののんきな性分から、なかなかお尻を上げなかったのですが、昨日、ようやく行動にでました。

除湿機の購入です。
多分、地下室のあるこちらのホームオーナーでしたら、たいがいは、除湿機を持っているでしょうね。SEARSとカナディアン・タイヤを下見し、店員さんから情報を得て、ようやく昨日、購入したのです。いや、本当は夜勤あけで疲れて、買い物に出る気力、体力が無かったのですが、夕方、目が覚めて、急いで支度して、閉店間際のカナディアン・タイヤで除湿機ゲット。帰宅後、早速電源を入れて、作動させました。設定を最大にし、地下に置いたところ、一時間もしないうち、タンクの三分の一分のお水が・・

やはり、湿度がかなり高かったのね・・・。地下の空気の印象が、これだけでかなり変わりました。その後、タンクを空にして、私は今朝の4時まで寝てしまったのです。4時に目が覚め、トイレに起きた際、除湿機をチェックしたら、タンクは満タン。  いや~、すごいぞ、除湿機!ぼろな我家の室内湿度コントロール計画は、ほぼ成功のようです。

メンタル・ブレイク

ここ最近、ずっと問題介護師の件で頭を悩めていましたが、が!
今夜から10日間、お仕事オフだも~ん♪ メンタルブレイクが必要な時期に10日もオフというのは嬉しいのだ~。 今年は有給を完全に消費できて良かった~。一昨年は切り捨てられたからなぁ。(しかも買い上げなし)

ららららら~。

10日間の休暇、嬉しくてスキップしたい気分~。

久しぶりに仕事をしてきました。まぁ、フロアは静かで落ち着いていたのですが、私が先日、HCAについて二日かけて書いた10ページの報告書、あの当人に・・・。またもや絶句してしまいました。上司から「彼女はハイ・メンテナンスが必要なのよ。」と言われましたが、メンテナンスしても、その効果が長続きしないのです。他の介護師たちは、彼女にほとほと嫌気がさし、別フロアにアサイメントしてほしい、だとか、彼女が勤務のときは不快な身体症状が出たりする、と私に相談しにきます。

以前の彼女は、Good workerとはいえませんでしたが、それなりに落ち着いていたのです。しかし、昨年の暮れあたりからでしょうか、同僚が彼女のヘルプを頼むと無視して立ち去ったり、ものすごい嫌な顔つきをしたり、仕事でのフラストレーションから、誰かを怒鳴ったり、テーブルを強い勢いで叩いたり。新採用者に面倒な仕事を全部やらせて、自分は楽な仕事だけをしたり、とざっとかけばこんなかんじなのです。もう、私、お手上げです。 さ、これからまたDCOに彼女の件でフォローアップのメールをせねば・・・。

プチバケイション最終日の〆はPho

明日から仕事・・・・・・。
でも、また今週末から休暇が始まり、来月の1日までオフ~。 うほほほ~い。

で、今日ですが。Pho( フォー、ベトナムのラーメンとでもいいましょうか)がとっても食べたくなり、居ても立ってもいられず、外出しましたよ、Phoを食べるためだけに。 

多分、他の人もあるでしょ、むしょうに「あれが食べたい!」と思うとき。以前、一年に一度くらいの割合で、ミスタードーナッツのダブルチョコレートが食べたくなることがありました。あと、たま~にね、カルビーのポテトチップス、これは絶対に「うす塩味」でなければ駄目なんです。

あ、話がそれた。で、Phoですが、いつも行くPhoのお店に着いたら・・・改装のため閉店。ガク~ッ。今からチャイナタウンまで行き、Phoを食べるのもなんだなぁ、でも食べたい、チャイナタウンまで行こうか、とやや思案。  そういえば、この近く(Merivale Rd)には、もう一件Phoのお店がある、と思い出し、そのお店に行くことにしました。  テクテクとMerivale Rdを歩き、目的のお店へ向かう私。もう、頭の中にはPhoのことだけ~。お店で生春巻きとMサイズのPhoを注文したのですが、やはり・・多かった。私、外食したら、大体残さずきれいに食べるのですが、今回はギブアップ。生春巻きでお腹がいっぱいになり、胃に充分なPhoのスペースが残されなかったのです。そりゃ、一人で生春巻きを二本スターターとして食べて、それからMサイズのPhoってのは、ややキツイかも。次回、もし浜春巻き&Phoで注文するとしたら、絶対SサイズのPhoにしようと心に誓いました。 

おほほほ。シャトー・ローリエでアフタヌーン・ティーでございます。

以前、師匠MMさんと「パーッと行きましょ、パーッと!」とオタワのお城ホテル、シャトー・ローリエでアフタヌーン・ティーを、と計画していました。

で、本日、この「ビクトリアンな午後」計画を決行。

私は「カナディアン・アフタヌーン・ティー」なるものをメニューから選びました。なぜかと言うと、ヤギのチーズを食べてみたかったのです。(ヤギのチーズのサンドがこのメニューにしめされていたので。)

クリームがのっかった桃がカクテルグラスで運ばれ、そして三段重ねのお皿には・・

アトランティック・サーモン、ヤギのチーズ等の小さなサンドイッチ
プレーンとクランベリーのスコーン
デザート二種類 
他にチーズボード。これはチーズ三種類にぶどうが添えられて登場。

チーズボードのクラッカーは少しあぶっているようで、その風味がなかなかよかったです。自宅でもクラッカーを少しあぶってチーズや、パテなんかのせて食べるのもいいですねぇ。ちょっとした手間が美味しさを増すのですね、ハイ。 スモークサーモンにのっていた「ケイパー」。私は瓶詰めのモノしか知らなかったのですが、今回初めて生のケイパーを見て、味わいました。生のケイパーってやや青臭いんですね。感動~。 

師匠・MMさんは別のアフタヌーンティーメニューを選ばれました。で、それを少しつまみ食いさせてもらったのですが。。。まずフォアグラ。過去に食べたフォアグラって、食べたとき、口の中に「もわぁっ」と広がるあの感じ、あの臭みというのでしょうか、それが気になったのですが、今日のは、それをあまり感じさせないものでした。 チョコレートフォンデュのチョコレートの微妙な甘さがとても良かったですね。くどくない、甘さ。ややビターめなチョコをつかっているのでしょうか。そしてキャビア。今まで私が食べたキャビアはなんだったんだ?と思えるくらい、キャビアは美味しかったですぅ。 実は私、このアフタヌーン・ティーのためにお昼ご飯を抜いていたのです。なのでわりとしっかり食べてきました。しかし、やはりデザートまでにはいきつけず・・、デザートのみお持ち帰りしてきました。

ところでお茶ですが・・・これはお茶の葉が乗せられた専用ワゴンをウェイターさんがテーブルまで運んでくれ。そこからお茶を選ぶのです。でね、お茶の匂いを嗅がせてくれたりして、選ぶだけでもかなり楽しめました。

シャトー・ローリエでアフタヌーン・ティー・・・お勧めです。

 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。