今日もスクラブで

カナダで過ごす私の日々。

ここ数日、目茶疲れていました。目が覚めても疲労が残っている状態が3日続いたのです。(これは、仕事場での月末修羅場中なのが原因かと思う。) そして、昨夜、待ちに待った週末オフ~、朝方帰宅してから、深夜一時まで死んだように寝ていました。 真夜中に軽くおやつをつまみ、またお布団へ逆戻り。 充分な睡眠時間が功をなしたのか、わりと今朝は調子が良いです。深夜明けで二連休といっても、明けの一日目は睡眠、休息がメイン、二日目で、やっと何かが出来る自由時間、って感じなのです。まぁ、この自由時間も、掃除や食料品の買出しで終わってしまうのが常なんですが。 でもね、うふふっ。日曜に勤務したら、プチ・バケイションが私を待っているのです。(この休暇願いを4月1日にリクエストしたのだけれど、公的な許可をもらえたのは今週の木曜日。いつもラスト・ミニッツに休暇願いの許可が出るので、私生活での計画が非常に立て難いのが問題でもあるのだ。) さ、体力もやや回復したことだし、今日は何をしようかな~?

とほほ

月末修羅場中、しかも大幅に遅れをとっているのに、フロアには緑のフラッグが出たチャートが山のように・・・おまけに本日の病院、クリニック受診の入所者が四名。緑のフラッグってね、医師のオーダーのプロセスが済んでいない、って意味なんです。

こんな日に限って・・・・・水曜の夕方、山のようなオーダーを書いていく、Dr.Oが恨めしいぞよ・・。そんなわけで午前3時を過ぎても、MARチェックが開始できず。トホホ。泣きたい気分です~。

ほい、仕事場では、月末恒例の修羅場中。
今夜もがんばってきますか・・・あと二晩で、100名分のMARチェック、出来るかな~?!(汗)あまりにも業務が遅れているので、DOCにヘルプで、エクストラのスタッフを、とお願いし、今夜一名のRPNをつけてもらったのです。さて、これからシャワーを浴びて、出勤準備に突入します~。

窓辺のフラフィー

fwin



久しぶりにフラフィー登場。窓辺でたたずむ、肥満気味の彼女。次回からはダイエット用の餌に変更しようか、と計画中。フラフィーが、床に寝そべると、まるで「ボールに手足が生えた猫の」ようなのです。でも、ころころと転がって可愛いんですけれどね。

7度

6月は、もうそこまで来ているというのに・・・今朝の気温は7度。オタワには、本当に夏がやってくるのでしょうか。(泣) 寒いですよ・・・これから家の暖房を入れますかな・。

セリーヌ・ディオン

Live in Las Vegas: A New DayLive in Las Vegas: A New Day
(2007/12/11)
Celine Dion

商品詳細を見る


友人から数週間前に借りたDVD。やっとこの週末に観ました。 カナダが誇る女性シンガー、セリーヌ・ディオンのDVDざんす。このDVDで、ベガスのホテルで行われていた彼女のショウの様子を垣間見ることが出来るのですよ~。舞台の演出、効果など、凝っており、さすがベガス!といったところでしょうか。

DVDは二枚で構成されており、一枚はショウ、二枚は舞台裏の様子が伺えるようになっています。 まだ一枚のDVD(ショウ)のほうしか観ていないのですが、なかなか楽しいです。最初はやはりベガス!と思わせるような、ショウ・ガールのダンサーがバックに登場するのですが、その後は・・バイオリンひきのお兄さん、白塗りパントマイム(?)のお兄さん、ホテルのベルボーイ姿の小柄な黒人男性。そして上半身裸(!)の男性ダンサー。宙をかけるピアノ、などなど。実際にこのショウを観たら、迫力満点!だろうな、と思いました。彼女って、この年齢のわりにはグレートな体型ですね。贅肉がなくて、脚のラインのきれいなこと!ピチピチの黒スパッツのような衣装で歌う姿が収録されていますが、おみ足が見事!素晴らしい~羨ましい~。 これは、セリーヌ・ディオンのファンでなくても、楽しめるDVDだと思います。あ、もちろん、お約束~の映画、タイタニックに使われた歌も、彼女がクラシックなドレス姿で歌い、ショウを〆ています~。

フィドルヘッド

先日、マーケットで購入したフィドルヘッド、、どうやって料理しようかな~と考え、結局お寿司を作ったのです。。

sushi


たしか去年もこうしてお寿司を作った記憶が・・。
わらびやぜんまいがあると、立派な山菜のお寿司が出来るのでしょうが、ここはオタワ。手に入る材料でのみ作りました~。寿司用の器なんて、持ち合わせていないので、耐熱容器の大きいものにどん!とよそってみました~。

起こしてください。

オフ日の翌日、出勤すると、ロビーにキャンドルが灯っていました。このキャンドルは、入所者が他界した時に灯されます。!と思い、キャンドルのそばに行き、他界した入所者さんの名前を確認しました。キャンドルの下には他界した入所者さんの名前が掲示されるのです。

名前を見ると、やはり、あの人でした。

ここ数日、めっきり具合が悪かった乳ガン末期の入所者、NMさんさん。浮腫でバンバンに腫れた手足、シビアな貧血状態でも、この方は、最期まで自立していたかったのです。ドレッシングの交換の際に、おぼつかない手で、創部からの滲出液でシーツを汚さないよう、ドレッシングの上にタオルを巻いていたMNさん。「自分で出来るから、いいです。本当に、大丈夫だから。」 歩行がいよいよ困難になってきた2週間前からは、亡くなったご主人が使っていた杖を使い、歩くようになりました。「まだ自分でこうして歩けますから」と車椅子は、絶対に使いませんでした。

亡くなる日の朝、この方は、喋ることもままならない状態でした。意識は朦朧とし、経口の薬を飲むのもやっと、何か言いたそうなのですが、モゴモゴと、唸るような、と言う感じだったのです。彼女は、午前中から、ベッドで寝たきりでした。「この状態じゃ、あと一日かな」と一晩様子を見て、そう思ったのです。私が勤務時間終了になっても、消防隊への対応やらでばたばたしていたあの日、日勤者が帰り際の私に言いました。

「今、XXさんがね、起こしてください、って言っているの!」

私も、あの夜の相棒RNもそれを聞いて驚きました。あの状態で、起こして、と言っている、言ったのが、信じられなかったのです。あの強い精神力、痛みがあっても、決して、唸る、騒ぐことなどしなかったNMさん。彼女は、いつも静かにベッドに腰掛け、看護師が痛み止めを持ってくるのを待っていたのです。余命半年、と宣告され、私の施設に入所したのは数年前。NMさん本人も、「半年だって、言われたのに、こうして月日が流れてしまったの、痛み止めのコントロールでギャーギャー騒ぐ、嫌なババァだって思われているんじゃないかしら、私。」なんて言っていたっけ。(彼女は、けっして感情的になることは無かったのですがね。) 日勤のRNらも、包帯交換の際に彼女が声を一つあげず、処置を受ける姿に驚いていました。 癌性疼痛と長期にわたり、戦ったNMさん、ご冥福を祈ります。

問題行動のある介護師。この介護師と話あい、そして以前ブログで登場した乳がん末期の入所者さんの濃い~ケア、その合間に6月1日締め切りのヒートリスク・アセスメント、明け方の火災訓練・・・・・・・・と仕事がベルトコンベアにのっているかのように、どんどん私の元へ~。火災訓練の後で、セキュリティ・システムの復元に問題があり、多少ここでも時間を割いてしまう。ここで、すでに一時間分くらい業務が遅れ気味・・。 そんな中、異臭騒ぎが起きたのです。二階のエレベーター周囲には、まるでカラメル・ソースを作っているような、おかしな匂い。匂いの元をさがしたけれど、発見できず・・。何かが焦げているような匂い・・・異臭はどんどん強くなり、これはまずい、ということで、消防隊を要請しました。消防隊が施設にやってきて、異臭の元を突き止め、その後DOCやクリニカル・コーディネーターと小ミーティング。今日は、もう、身体も脳みそも疲れきってしまいました。帰宅は午前10時近くになってしまい、即効でベッドへ。実は私、仕事に関連した幾つかの報告書をなるべく早めに書かなければならないのですが、疲れていて、そんな気分じゃないっす。

もう、寝よ、寝よ。明日、報告書を書こう・・

falling apart

仕事ネタです。

上手くいっているかのように見えた私のフロアの介護師のチーム・ワークが、じょじょに崩れてきました。これは何とかぜねば、と試行錯誤中。

チーム・ワークのほかに、色々問題もあるんですけれどね。さぁ、どうしようか?!昨夜も介護師さん達とミーティングをしたのですが、まだまだ、良いチームにするには、時間がかかりそう。チームをリードするリーダー各の介護師が居ないのも問題なんだなぁ。一人、リーダーシップを取れそうな介護師さんが居るのですが、過去に他の介護師からBossyだといわれ、傷つき、それ以来、リーダーシップをとるのに、二、三歩、引いているのです。表面上は、円満に見える私のスタッフ。しかし、私がフロアに居ないとき、冷戦が炸裂しているようなのです。(私は一人で二つのフロアを担当、管理しているので、常に自分のメインフロアに居ることは出来ないのです。) 

ん~、5月の目標はチームワークの向上だなぁ・・。

芋焼酎

昨年の帰国(といっても父の葬儀が理由の帰国ですが)で、友人から頂いた芋焼酎。オタワではなかなか焼酎が手に入らないので、何か特別のときに、と取っておいたのですが・・今日、開けちゃいました。ロックで飲もうか、とグラスに氷を入れてクルクルとグラスを回して匂いを嗅いでみたら・・

焼酎って、こんなに匂いがきつかったっけ??こりゃ、ロックでのむのがきついわ。。
先日興味本位で購入したフィリピン製のカラマンシー・ジュースで割って飲んでみました。このジュースで匂いが緩和されるだろう、と思ったのです。が、やはり匂いが気になる・・。もともと、私、アルコール類は何でも飲めるのですが、久しぶりの焼酎の匂いは、ちょっときつ~。カラマンシー・ジュースが無くなったので、今度はグレープ味のクラッシュ(カナダで販売されている炭酸飲料)で飲んでみました。(いったい、何杯飲んでいるんだよ!と思ったでしょ、へへっ。)でも、なんだかやっぱり・・・焼酎は、もともとあまり飲まなかったほうなので、味を忘れかけているのでしょうか、私・・。 

この焼酎をくれた友人は、焼酎ラバーで、いろんな焼酎をロックで飲んでいるのです。そういえば、昔、入手困難の「十四代」をもらったのです。あれは美味かった、つい一人で飲んじゃいましたよ。昨年漬けた梅酒も切らしたことだし、そろそろLCBO(オンタリオ州の酒屋さん)にいって、アルコールの買出ししなくちゃな・・・

チューリップ・フェスティバル

カナダの首都、オタワでは、毎年恒例のチューリップ・フェスティバル真っ最中。,このフェスティバルも、今週末で終わりです。そこで、私も出かけてみました。しかしねぇ・・ダウンタウンに着いたら、雨になりそうな気配・・予感的中、雨になりましたよ。今年に入って、初めてジャケットを羽織らない日だな~、良いお天気だ~、なんて喜んでいたのもつかの間・・・会場で雨の中、ブルブルしながらも、各国のパビリオンを見て回りました。

今年こそは!!
去年食べ損なったオラクンダのクレープを食べなくちゃ!去年は行列が沢山で、諦めたんですよ。

T_fes


運が良かったのか、さほど待たずにオランダのクレープをゲット。 でも、これ、クレープというより、ミニ・ミニ・パンケーキですよ。味もパンケーキとさほどかわりません。焼き上がりにバター、粉砂糖を振りかけて、爪楊枝でいただくのです。ちょっとしたおやつには、良いでしょうね。

T_fes2


専用のお鍋を三つ駆使し、男性、女性の二人が焼く係、もう一人の女性は生地つくり、で、もう一人の男性は、キャッシャーでした。お鍋三つで6人分できるのですが、これは大変な作業だと思います。だって、ひっきりなしにお客さんがやってくるんですよ!焼き係のおじ様ったら、結構お年を召されていると思うのだけれど、大丈夫かしら??なんて心配になってしまいました。 このクレープを頂いた後は、私のマスター・MMさんがコーディネーターをしている日本のパビリオンへ。ここでアンパンをゲット。ウシシ。美味しかった~。日本のパビリオンは、チューリップの着ぐるみさんが居るので、お子様に大人気。着ぐるみと写真を撮りたいお子様が沢山おり、そのため、マスターMMさんも大忙し。私はというと、雨のため、身体が冷えてたまらず、ゆっくりチューリップを見て歩く余裕なし。←ただの根性無し。  帰りはバイワードマーケットを抜けて、旬の「フィドルヘッド」(日本でいう、こごみ)を買って帰宅。ふふふっ、この「こごみ」、どうやって料理しようか・・。 

 


やっと来た、来た。週末オフ~。

さて、この数日・・看護週間ということで、職場で色々なイベントが催されています。
日替わりでイベントがあり、クイズに答えると、抽選で景品がもらえたり。フルーツ・プラター、ケーキやピザが日替わりで提供されています。

んで、昨日は、私、看護関係のワークショップに行く予定だったんですよ。仕事から戻り、出かける準備をして、まだ時間があるなぁ、とカウチに横になったら・・・目が覚めたのが、午後4時でした。(汗)
(ちなみにワークショップは11時30分から午後1時30分まで。)

そして昨夜の勤務・・
メンバーが良かったので、あまりカリカリせずに仕事ができたのですが、が!
退勤10分前、HCAから報告がありました。
「ごめんね、Topi,今日はオンタイムで帰れないかも・・あのね、MNさんが、出血しているの。」

MNさんは、乳がん末期の入所者さんです。
胸のしこりに気がついても、何年も放置したため、今の彼女の体幹部前後には、皮膚がありません。ドレッシングをはがすと、そこに見えるのは筋肉+腫瘍です。首のあたりには、ぼこぼこした腫瘍が点在し、四肢は浮腫でパンパンに腫れています。冬の終わりごろからでしょうか、体幹部からの滲出液の量が著しく、深夜帯でドレッシングを補強するのがほぼ毎回。今までは、血性の滲出液ではありませんでした。 このような状態で、仕事を全て終えたのは、午前8時近く。たまたまDOCが出勤してきたのを発見したので、DOCをミーティング。で帰宅は午前9時30分。寝て、起きても身体がだるい~。寝て、起きても疲労が残っているって、嫌だなぁ、なんて思っていたら・・

夕方、Good Newsがありました
知人のAとJが、ついに婚約したのです。

先週末、Aはオーランドへ旅行を企てていました。この旅行計画は、ガールフレンドのJに内緒で進められました。Jの両親に「Jには内緒で旅行を計画している。土曜の夜に出発する予定。この旅行で、僕はJにプロポーズする。Jのパスポートをバッグに入れ、荷物をパッキングしてもらいたい。Jのお兄さんに頼んで、Jをオタワの空港まで送って欲しい。こういった状態なのだけれど、了解してもらえるか。」

Aは、Jのご両親の了解を得、土曜の夜、オタワを発ったのです。日曜にAからなんの連絡もなければ、二人は無事、オーランドだろうな、Jは、プロポーズを受けるかなぁ?なんて、おばさん心で心配していたのですよ、私。だって、Aったら、プロポーズ計画、以前パリのエッフェル塔の前でするんだ、と意気込んでいたのに、土壇場になって「Jがもし、プロポーズを受けなかったら.....」と怖気づいて、プロポーズ@パリは未遂に終わったのです。 

「良くやった!A」 今夜、我家に二人そろって登場したAとJにハグハグ。
今夜は、AとJの幸せオーラで、私もハッピー気分です。



この頃の春らしいお天気で、ご近所のライラックや、りんごの花がじょじょに咲き始めました。通勤途中に芳しいライラックの香りを楽しんでいます。ポカポカ、ポカポカ、春の陽気。家の中より、外のほうが温かい日中。その美しい陽気のなか、布団に入らなければならない悲しい宿命の夜勤専門ナースな私・・(泣) まぁ、そんなですけれど、お布団に入る前には、うちのにゃんこさん達を前庭、裏庭に連れて行き、外遊びをさせている次第です。家の前の通りには、あまり車の行き来がありません。私がはなとフラフィーを外遊びに連れて行く時間は、近所の方がお仕事に出かけた後なので、余計車のとおりが少ないのです。そして、昨日、夜勤明けで、スクラブ姿のまま、にゃんこさん達を外に連れて行きました。それで、偶然、車が家の前を通ったのですよ。その際のはなのリアクションったら、可笑しかったです。車の通り過ぎる音にびっくりしたのでしょう、慌てて玄関のドアの前に戻ってきました。(笑)
フラフィーは、外に出ると相変わらずのマイペースでゴロゴロ、フラフラ。
私は、にゃんこさん達を外に連れて行く際、安全のため、猫にハーネスをつけます。最近は、はなもフラフィーも、外遊びの楽しさを覚えたのか、ハーネスについている鈴の音を聞くと。おとなしく、じっとしてハーネスをつけさせてくれるのです。 本日も、ポカポカの良いお天気です。午前、午後とも二匹のにゃんこさん達の外遊びさせてきました。 さて、私ですが・・・これから夜勤入りのため、お布団に入ります~。

出勤そうそう、ものすごい状態でした。

二名のHCAが No Show。
入所者、RNさんがヨタヨタ廊下を歩いているのを発見。(彼は自力歩行が不安定で、転倒の可能性大。ベッドレイルを乗り越えて、老化に出てきたようでした。
その向かいの部屋では、準夜の午後6時から鼻出血しているという、ワーファリン内服中のSBさんが、口からだらだら血をたらし、顔中血だらけ。(チッ、なんで準夜で病院に転送しなかったんだよ!!)

RNさんをHCAに任せ、SBさんの顔をとりあえず拭いて、その後No Showのスタッフを埋めるため、出勤要請電話。スタッフをなんとか確保。サッと深夜のHCAに今夜の入所者の状態、観察ポイントをつげ、その後SBさんを病院へ転送準備開始。

でSBさんの転送で、パラメディックが来たのは良かったのだが・・

SBさんね、肥満なんですよ。普通のストレッチャーじゃm、身体がおさまらないのです。そんなわけでパラメディックは施設に到着後、電話連絡し、特大ストレッチャーを施設の持ってくるように要請したのです。その間、SBさんの呼吸困難が出現。


なんて夜でしょ・・。

 | HOME |  »

FC2カウンター

プロフィール

Nikki

Author:Nikki
性別:女性
猫とつつましく、北米で生活しています。

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク